ピクシブ百科事典

スチーブンイワサザイ

ねこにたべられたとり

ニュージーランドのスティーブンス島にのみ生息していたスズメの仲間。「スティーブンイワサザイ」とか「スチーフンイワサザイ」とか微妙な表記揺れがある。
目次[非表示]

概要

おそらく前代未聞のネコ1匹に狩り尽くされた鳥として有名な絶滅種の小鳥。大きさ10センチくらい。
 
夜行性でメスの方が大きく、虫を主食にしていたらしい。

絶滅の経緯

スティーブンス島は1892年に「この島に灯台を作ろう!」ということで建築工事が始まり、その灯台守としてある一家が移住した。
この一家にはメスの飼い猫(妊娠中)がおり、そのネコは2年ほどたったある日見慣れない小鳥を仕留めて持ってきた。
 
「うーん、なんだこの鳥?」
飼い主の男性はその鳥が何者なのかを調べるためにウォルター・ブラーという学者に送ってみたところ、これが新種だという事がわかった。
その後標本サンプルはトラヴァースという別の男性にも送られ、さらにロスチャイルドという学者もこの鳥の標本を入手。彼がスチーブンイワサザイの新種発表を行った。
 


で、後々トラヴァースは金儲けのためという不純な動機ながら助手と一緒に島にやって来て調査を行った。が……

「オイオイ、こいつぁなんの冗談だ…野良猫しかいねェじゃねえか……」

最初に来たネコは妊娠中だったので、その子供たちがすっかり野良猫として定着してしまっていたのだ。
もはや骨も残っちゃいまいと断念したトラヴァースは引き上げ、新聞には「スチーブンイワサザイ絶滅」と取り上げられることに。
 
その後生態系に悪影響を与えているということでネコたちは全員駆除されたが、とうとうスチーブンイワサザイが再発見されることはなかったのだった……。
 
後の世に「外来種をむやみに放してはいけない」という教訓を残したメッセンジャー、それがこの鳥である。

関連記事

スズメ目
イワサザイ

関連記事

親記事

スズメ目 すずめもく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スチーブンイワサザイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1

コメント