ピクシブ百科事典

ハーストイーグル

はーすといーぐる

鳥綱タカ目タカ科に属する古代猛禽類の一種(メイン画像上のワシ)。
目次[非表示]

概要

別名ハルパゴルニスワシ。
全長120cm。翼開長3m。
食べ物はモアの小型種またはその大型種の幼鳥等。
生息年代は更新世後期。
ニュージーランド森林に生息。

史上最大のワシで、頑丈な体格に脚も力強く、体重も14kgもあったといわれている。現在のオウギワシのような姿の巨大ワシだが、ワシ・タカ類の中でも最小級のヒメクマタカに最も近いワシ・タカ類である。祖先の小さなタカが地上の敵となる哺乳類のいないニュージーランドに棲みつき10~15倍も巨大化したといわれている。巨大なワシは、島に棲む生き物達にとっては大きな脅威であった。ハーストイーグルは、巨大なモアさえも獲物としていた等、ニュージーランド生態系の頂点に君臨していたと考えられている。下手したら、当時のマオリ族の子供も標的にしたのでは?とされるほど。

キーウィカカポ等、飛べない鳥達が夜行性となった理由、それは昼間活動する巨大なワシから逃れる為だったと考えられている。

絶滅

今から700年ほど前、達の王国に人類がやって来た。鳥達にとって人類は外来哺乳類。飛べない鳥モアは瞬くに人類によって狩り尽くされ、絶滅したと考えられている。そしてハーストイーグル自身もまた、同じ頃姿を消してしまう。モアという獲物を失ったためと考えられる。しかしキーウィやカカポには、ワシから身を隠し、に行動するという習性が残ったままなのである。

関連タグ

 猛禽類 ワシ

pixivに投稿された作品 pixivで「ハーストイーグル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89

コメント