ピクシブ百科事典

アカオオカミ

どーる

アカオオカミはアジアに棲息するイヌ科の哺乳類である。別名ドール。
目次[非表示]

概要 

食肉類イヌ科に属する。漢語では豺。1種のみでドール属を構成する。背中が主に赤褐色、お腹は淡褐色や黄白色。尾の先端は黒い。
一般的には英名ドールで呼ばれることが多い。一応「紅狼」とも書くので、和名が「アカオオカミ」になったらしいのだが、ドールは狼の仲間より乳首の数が多いので、別の種類。

なお、北米には「アメリカアカオオカミ」という種類がいるが、ドールとは別種で本来のオオカミに近い(オオカミとコヨーテの雑種という説もある)。

分布は南アジアから北アジアにかけてと広範囲で、主に森林などに生息する。

生態

昼行性だが、夜間に活動(特に月夜)する事もある。5-12頭からなるメスが多い家族群を基にした群れを形成し生活するが、複数の群れが合わさった約40頭の群れを形成する事もある。狩りを始める前や狩りが失敗した時には互いに鳴き声をあげ、群れを集結させる。群れは排泄場所を共有し、これにより他の群れに対して縄張りを主張する効果があり嗅覚が重要なコミュニケーション手段だと考えられている。

食性は動物食傾向の強い雑食で、昆虫から鹿や水牛などの大型哺乳類、果実、死骸などを食べる。獲物は臭いで追跡し、丈の長い草などで目視できない場合は直立したり跳躍して獲物を探す事もある。横一列に隊列を組んで逃げ出した獲物を襲い、大型の獲物は他の個体が開けた場所で待ち伏せ、背後から腹や尻のような柔らかい場所に噛みつき内臓を引き裂いて倒す。また群れでトラやヒョウなどから獲物を奪う事もある。

なお、稀に(数十頭単位の群れにおいて)トラやクマなどの大型肉食獣を(獲物略奪以外の目的で)わざわざ襲うことがあることが近年報告されている。当然単体はおろか数頭単位でも敵わない相手のはずだが、ドールの側に最大で20頭近い犠牲を出しながらもとうとうこれらの相手を倒して食らい尽くしてしまうとされる。理由は全く不明。一方で生息域の重なるオオカミに対してはこのような抗争を仕掛けないとされる。
 

民俗とか何とか

狩りの手法があまりにも残虐だと恐れられ、パイセンとされ(字も「才能のあるけもの」だし)、当然、後輩は森ですれ違うと頭を下げると言われる。また、中国では昔、悪口として
「犲に食わさん」「犲狼に食わさん」
という語があった。

『礼記』『王政篇』に、「カワウソ魚を祭りて中略、犲肉を祭りてしかる後に田猟(狩猟 は大昔の中国ではこう書く)す」と書いてある。

上野動物園では1978年から飼育していたが、飼育スペースの問題などから新しい個体を導入することがむずかしくなり、2003年2月11日によこはまズーラシアからオスの「キュウ」「カーン」「ダン」、メスの「ミコ」とともに来園し、2016年7月26日に死亡した「エリ」が最後の飼育個体となっている(1996年に作られた展示施設は、2015年度末に施設が老朽化のため取り壊されたアメリカバクが現在生活している)。因みに2017年現在国内でドールに会えるのは前述べの神奈川県の『よこはまズーラシア』や大阪府の『天王寺動物園』のみである。

前述したように残虐な狩りをする猛獣としてオオカミ以上に人類から嫌われ、懸賞金まで掛けられて徹底的に駆除された。更には開発による生息地の破壊や飼い犬由来の伝染病の影響もうけ、現在では多くの野生イヌ科動物と同様に絶滅危惧種となってしまっている。

関連項目

コヨーテ ディンゴ

pixivに投稿された作品 pixivで「アカオオカミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75

コメント