ピクシブ百科事典

獺祭

だっさい

獺祭とは、『ぬらりひょんの孫』の登場人物。

概要

山口県の妖怪を中心に構成された百鬼夜行「酒呑愚連隊」の若頭。川獺(カワウソ)の妖怪。巨大な酒瓶を持ち歩き、常に酔っぱらっている。
御門院家による大規模粛清「清浄」に対抗すべく、妖怪同士で団結すべきという奴良リクオの提案と、その打倒の姿勢にいち早く理解を示し、一時的に同盟を結ぶ。最初に清浄が開始された九州への遠征にも参加した。
……のだが、九州における御門院陰陽師との戦闘シーンがまさかの大幅省略。どんな能力を使ってどうやって敵を倒したのか描かれることはなかった。断片的な描写から察するに、酔いが回ると回避能力が向上する酔拳のような能力と、敵を焼き払う炎系の術を使えるようだが……。

単行本にて御門院家当主との戦闘描写が追加。それによると酒を飲んで回避能力が向上するだけでなく酒を燃料にして火を吹く攻撃を行う。本人曰く「戦っているつもりはない」とのこと。この能力を使い御門院有弘の「飛びながら盛える鷹の末裔」の攻撃を交わし焼き尽くしてその後に術者本人も焼いた模様。

ちなみに、獺祭は妖怪の名前ではない。本来の意味は、人が物を供えて先祖を祭るのに似ているところから、カワウソが自分のとった魚を並べることを指す。または、晩唐の詩人李商隠が、文章を作るのに多数の書物を座の周囲に置いて参照し、自ら「獺祭魚」と号したところから、詩文を作るときに多くの参考書を周囲に広げておくことも意味する。

なお、山口県に「獺祭」という銘柄の日本酒がある。

関連タグ

ぬらりひょんの孫 奴良リクオ

pixivに投稿された作品 pixivで「獺祭」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 217818

コメント