ピクシブ百科事典

七十二候

しちじゅうにこう

二十四節気を3倍に細分化したもの。「ななじゅうにそうろう」ではない。
目次[非表示]

概要

一年を72の区分に分けたものであり、二十四節気を更に3つづつに分けたものである。
3つの期間はそれぞれ、初候、次候、末候と呼ばれ、各々節気毎に固有の名前も付いている。
固有の名前は漢詩のようなものとなっており、春分の末候ならば「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」となっている。
また、国や時代によって様々なバージョンがあり、現代の日本では『略本暦』によるものが一般的。そして二十四節気ともども季語でもあるため、俳句に際して用いてみるのも面白い。

面白い例

下の外部リンクには、大陸の宣明暦によるものも載っている。
その中にはなかなか面白いものも。
雨水の初候 - 獺祭魚 : が捕らえた魚を並べて食べる
清明の次候 - 田鼠化為鴽 : 田鼠になる
大暑の初候 - 腐草為蛍 : 腐った草が蒸れてとなる (※これは略本暦の芒種でも採用されている)
立冬の末候 - 入大水為 : が海に入って蜃(ハマグリか、竜の一種。蜃気楼と関連)になる

関連タグ

二十四節気 季節 72 気候

関連外部リンク

関連記事

親記事

二十四節気 にじゅうしせっき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「七十二候」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 156752

コメント