ピクシブ百科事典

ナメクジラ

なんたいかいじんなめくじら

特撮番組「仮面ライダー」に登場する改造人間の一体。
目次[非表示]

「その人工頭脳を此方に渡せ!! 命が惜しくないのか?!」
CV:辻村真人

概要

第45話「怪人ナメクジラのガス爆発作戦」に登場したナメクジ改造人間
身長156㎝、体重54㎏。ち、小さい。
東京ガスタンクを爆破させるガスタンク爆破計画を遂行するため、矢島博士が開発した人工頭脳を奪う為に暗躍する。
ナメクジの怪人である為、体を液状化させドアの隙間から侵入する能力を持つ。
武器は口から吐く白い溶解液(作中では噴射液と呼ばれている)。人工頭脳を移植した後は身体能力が向上し、口から火炎を吐けるようになった。

弱点は腹部と日光。また、背後からの攻撃も弱い。は大丈夫のようだ。

劇中の活躍

矢島博士が開発した人工頭脳を盗み出すため、矢島邸に潜入するも双子泥棒・源治と鉄も人工頭脳を狙ってた為、結果的に非常ベルが鳴りだし一時撤退する。

その後、人工頭脳を盗むことに成功した源治と鉄を待ち伏せし、「人工頭脳を渡せ」と要求する。しかし脅しに屈せず逃げた泥棒達を戦闘員が捕獲、の源治を溶解液で殺害。続いての鉄を溶解液で溶かそうとするも一文字隼人滝和也が出現したため戦闘に入る。戦闘のどさくさに紛れて逃げようとした弟を溶解液で溶かして殺害、人工頭脳を奪おうとするが変身したライダー2号によって阻止され、再び撤退する羽目に。

何としても人工頭脳を手に入れるため、今度は矢島博士の誘拐催眠術をかけ、人工頭脳を奪う手段に出る。そしてこの方法で人工頭脳を奪う事に成功するのだが、ショッカー科学陣の技術ではナメクジラに人工頭脳を移植することが出来なかった。そこで死神博士は娘を人質にとり、矢島博士を基地へ連れて行き人工頭脳の移植手術を成功させる。泥縄である。

手術が成功しパワーアップしたナメクジラは矢島親子を火炎放射の実験台にしようとするが、車に潜んでいた滝に阻まれる。作戦を遂行しようと滝を無視してガスタンクに向かうナメクジラ達だが、そこにはガスタンク爆破計画を阻止しに来た仮面ライダー2号が待ち構えていた。ナメクジラはライダーキックに一度耐えるも、続けざまに放たれたライダー二段返しを受け爆発四散したのだった。

備考

語源は新潟方言ナメクジをさす「ナメクジラ」であり、クジラとの合成怪人というわけではないぞ。
ゲーム「仮面ライダー 正義の系譜」では1974年の時代に蘇り、死神博士の計画を阻止するために行動を開始した風見志郎の前に立ちはだかる。(ただし、条件次第でヒルゲリラと分岐する)。
彼との決戦では実際にガスタンクにて撮影を敢行した挙句、最後はガスタンク付近で火薬を爆破させるなどかなり危険な撮影を行っていた。

関連タグ

仮面ライダー ショッカー ショッカー怪人
ナメクジ
ナメクジキノコ ナメクジン スラッグオルフェノク ソルティバグスター

pixivに投稿された作品 pixivで「ナメクジラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 568

コメント