ピクシブ百科事典

石動・カミーチェ

いするぎかみーちぇ

石動・カミーチェとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」の登場人物である。

CV:前野智昭

人物像

ギャラルホルン地球外縁軌道統制統合艦隊の司令官となったマクギリス・ファリドの副官。
寡黙な性格の持ち主で口数こそ多くは無いが、独自の情報網を持ち圏外圏の事情に精通している。また、オルガ・イツカ三日月・オーガスらの粗暴な言動にも特に気色だったりはせず実務優先で事に当たる。
地球外縁軌道統制統合艦隊に配属される以前は監査局に所属しており、マクギリスとはその頃から面識を持つ。
経済的な後ろ盾を持たないスペースコロニーの出身であり、出自や思想に囚われないマクギリスの組織改革の思想を支持している。

モビルスーツパイロットとしても一流の腕を持ち、マクギリスがかつて使用していたシュヴァルベ・グレイズを譲り受け、操縦に高い練度を必要とするこの機体を難なく操って見せる。
自ら最前線に切り込んでいくような派手な動きこそしないものの、目立つ行動を避け的確に相手の隙を突くなど集団戦における独特な立ち振る舞いで戦果を挙げる。

マクギリスの命令により、宇宙海賊「夜明けの地平線団」討伐の為火星圏へ出向。アリアンロッド艦隊との確執を表面化させながらも鉄華団と共に海賊討伐の任を全うし、続くハシュマルを巡る争乱ではマクギリスの護衛として彼からヘルムヴィーゲ・リンカーを預かり、対モビルアーマー戦を経験。その際、ヘルムヴィーゲ・リンカーが装備していたヴァルキュリアバスターソードが、事態解決の鍵となった。
その後もマクギリスの本質を知りながらも彼に対して従っており、本人は彼の作る世界の実現のみを悲願としてアリアンロッド艦隊との戦闘に臨むが、マクギリスの撤退を支援する為にガエリオ・ボードウィンが乗るガンダム・キマリスヴィダールの一撃から彼を庇い、戦死した。皮肉にもかつて三日月の一撃からガエリオをかばったアインと同じ状況であった。

関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
ギャラルホルン
マクギリス・ファリド

シュヴァルベ・グレイズ ヘルムヴィーゲ・リンカー

pixivに投稿された作品 pixivで「石動・カミーチェ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 377317

コメント