ピクシブ百科事典

ヘルムヴィーゲ・リンカー

へるむゔぃーげりんかー

ヘルムヴィーゲ・リンカーとはTVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

厄祭戦末期に開発されたヴァルキュリア・フレーム機「ヘルムヴィーゲ」のデータを元に、モンターク商会がグリムゲルデを偽装する形で改修したモビルスーツ
当時との技術差から、オリジナルを再現しきれない部分は現行技術のパーツに置き換えられており、大型武装を扱う為のマニピュレータも、グレイズ・アインと同系統の物に変更されている。

グリムゲルデが機動力に重きを置いた軽量型の機体だったのに対して、ヘルムヴィーゲは対モビルアーマー戦を意識して、フレームの稼働限界いっぱいまで施された重装備で敵の攻撃を受け止めその状態からの極至近距離戦闘をコンセプトに開発された機体であった。ヘルムヴィーゲ・リンカーもそれを再現する為に重装甲を纏い、リアクター出力も装甲や駆動部の維持に回されている。
機体カラーも赤から青に再塗装されており、これによってグリムゲルデと同一のフレームを使用した機体でありながら全く真逆の特徴を持つに至った。

パイロットは石動・カミーチェ
火星で発掘されたモビルアーマーハシュマル」との戦闘に備えてマクギリス・ファリドが手配したが、地球外縁軌道統制統合艦隊の司令としてモンターク商会の保有する機体に搭乗する事が危ぶまれた為、石動に託された経緯を持つ。

なお、ヘルムヴィーゲの機体名称はグリムゲルデ同様、ワーグナーの歌劇「ニーベルングの指環」に登場するヴァルキリーに由来する(意味は「兜の揺り籠」)。リンカーとは「転生」を意味する「リインカーネーション(Reincarnation)」から。

機体データ

型式番号V8Re-0526
全高21.1m
本体重量43.9t
動力源エイハブ・リアクター
使用フレームヴァルキュリア・フレーム
武装
  • ヴァルキュリアバスターソード
  • 電撃角
パイロット石動・カミーチェ


武装

ヴァルキュリアバスターソード

モンターク商会が入手した当時の設計データから再現を行ったヘルムヴィーゲ専用の超大型剣。
持ち手部分は用途に応じて伸縮可能な他、装備を分解する事でショートクラブと大剣としてそれぞれ使用する事が出来る。
非使用時はフロントアーマーを展開したマウントラッチに懸架されるが、使用時にはその重量を支える目的で脚部接地部分を展開する必要がある。
ヘルムヴィーゲ・リンカーはこれを両手で保持して使用したが、ガンダム・フレームを採用したガンダム・バルバトスルプスは片手で使用してみせた。

電撃角

頭部に備えられた二本の長角。
敵に組み付いた極至近距離戦で使用される武装であり、敵の装甲に突き刺し内部構造を焼き切る目的で使用される。
なお、放たれる電撃から機体のセンサーを保護する為、使用時にはフェイスマスクが展開される。

関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
ギャラルホルン 地球外縁軌道統制統合艦隊
グリムゲルデ
石動・カミーチェ

関連機体

ガイキング…本機と同じく「巨大な角を突き刺してからの放電攻撃」を持つスーパーロボット

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘルムヴィーゲ・リンカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45774

コメント