ピクシブ百科事典

MS付き大剣

もびるすーつつきたいけん

『機動戦士ガンダム・鉄血のオルフェンズ』登場のMS・ヘルムヴィーゲ・リンカーに対する仇名。

概要

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』2期に登場したグリムゲルデの改造機、ヘルムヴィーゲ・リンカーは重装甲かつ大剣・ヴァルキュリア・バスターソードを携えた逞しいシルエットの新しいMSとして活躍を期待された。
やがてイオク・クジャンによる火星でのハシュマル復活による惨劇を食い止めるためにマクギリス・ファリドに率いられた石動・カミーチェのMSとして登場するも、ろくな活躍の場を与えられなかったばかりかヴァルキュリア・バスターソードを三日月・オーガスガンダムバルバトスルプスに半ば強奪されてハシュマル退治に利用されてしまう。その後も挽回の場すら与えてもらうことなく、ガエリオ・ボードウィンによって石動共々退場させられてしまった。
このような有様から、デザインは素晴らしいのに不遇なうえに付属武器の大剣・ヴァルキュリア・バスターソードの方が活躍している有様から視聴者やインターネット住民からは『MS付き大剣』と仇名をつけられてしまった。そればかりか、一部模型店では中々裁けないヘルムヴィーゲ・リンカーのPOPに「MS付き大剣」と付ける有様であり、これに対しては普段そう呼ぶネットユーザーたちですら流石に不快感を示す向きもあった。

実情

これらはすべて、『鉄血』に横行していたシリーズ構成ライブ感に振り回されたものであり、バンダイ側とサンライズ側での連携不足、いや連携が取れていない故に生み出されたことである。ハシュマルのガンプラには本来劇中でバルバトスルプスが使用するだろう日本刀風の太刀が付属しており、BB戦士のバルバトスルプスのサイト掲載の漫画にもコミカルな形でそれが掲載されていた。ところが、アニメ側ではライブ感でこの太刀の存在を無視してヴァルキュリア・バスターソードをバスバトスルプスに使わせてしまい、ヘルムヴィーゲ・リンカーの活躍を奪うばかりか不名誉な仇名をつけられる経緯に至ってしまう。
大剣を振るってハシュマルを倒すバルバトスルプスの勇姿はすさまじく外連味にも満たされる名場面だったのが後により悲惨な方向位行ってしまう作品そのものにとっては救いだったかもしれないが。
ちなみにヴァルキュリア・バスターソードはバルバトスルプスの右手には改造なしでは装備できない。

関連記事

親記事

ヘルムヴィーゲ・リンカー へるむゔぃーげりんかー

pixivに投稿された作品 pixivで「MS付き大剣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85

コメント