ピクシブ百科事典

獣将ファイター

じゅうしょうふぁいたー

獣将ファイターとは、特撮テレビドラマ『忍者戦隊カクレンジャー』に登場する巨大ロボ。

概要

カクレンジャーの5人が「隠流獣将ファイター之術」で召喚する、五獣将の分身。名称も獣将の各パーソナルカラーの部分を、「バトル」と置き換えたものとなっている(例:バトルサルダー)。
通常は変身アイテム「ドロンチェンジャー」に嵌め込まれた忍メダルに封じ込まれており、召喚の際にはメダルを取り外して虚空へと投げる事で出現する。カクレンジャーの指示に従い単独で動く事も出来るが、獣将と同様に一体化する事でさらにパワーアップする。獣将と獣将ファイターを同時に呼び出す事も可能で、これにより初登場時には総勢10体もの巨大ロボが揃い踏みする様が描かれた。

五獣将に比べて防御力にこそ劣るものの、反面スマートなフォルムと優れた敏捷性を備えており、身軽さを生かした格闘戦を得意とする。合体技として、横並びとなった2体の獣将ファイターの肩の上に1体が乗り、そこからジャンプした後さらに別の2体が組んだ腕をジャンプ台として勢いを付け、火の玉状となって敵をぶち抜く「ファイタークラッシュ」。
また五獣将のような各自の専用武器は持ち合わせていないが、巨大サイズのカクレンジャーボールを使用する事は可能で、カクレンジャーと同様にパスを回しながら敵に蹴り込む「スーパーカクレシュート」を繰り出す。

主に2クール目を中心に活用され、第2部に入って超忍獣が登場したのに伴いほぼ役目を終える格好となったが、後にゴッドサルダーが繰り出す「サルダー分身之術」の分身として、レッドサルダーと共に同時召喚され、3体での連携技を披露している。

海外版では、第3シーズンに登場するエイリアンレンジャーの専用ロボ「ショーグンバトルボーグ」として登場。各レンジャーの動きをトレースできるという点は獣将ファイターと共通しているが、一方で一体化はしないといった差異も見られる。
また、その次のシーズンである『ZEO』では、レッドバトルゾードの設計上のベースともされた。

関連タグ

忍者戦隊カクレンジャー 忍術 ロボット 戦隊ロボ 獣将 巨大戦力
スタンド
エイリアンレンジャー パワーレンジャー・ZEO

旋風神 - 獣将ファイターと同様に、1号ロボを軽装化した「旋風神ハリアー」が登場。こちらは同一の機体の変形形態という位置付けとなっている

関連記事

親記事

獣将 じゅうしょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「獣将ファイター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1567

コメント