ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

SDシン・仮面ライダー乱舞

えすでぃーしんかめんらいだーらんぶ

SDシン・仮面ライダー乱舞とは、シン・仮面ライダーを題材にしたゲーム。
目次 [非表示]

概要

シン・仮面ライダーを題材としたゲーム。2023年3月23日発売。

発売はバンダイナムコエンターテインメント。対応機種はSwitch/steam。開発はナツメアタリ。


ジャンルはベルトスクロール/ハック&スラッシュアクションゲーム。


ゲーム内には『シン・仮面ライダー』のネタバレが含まれるので、劇場版未視聴の方は注意した方がよいだろう。映画を見てからプレイするのが望ましい。


もっとも、『シン・仮面ライダー』を直接ゲーム化したというわけではなく、BGMなどは『シン』よりもTV版初代仮面ライダーに近い上にTV版のようなナレーションやアイキャッチ、次回予告が入ったりと、雰囲気的には『シン』と初代の中間的な作品と言える。

また、道中で入手できる食べ物や缶バッジで強化したりとSDならではの要素もある(特に、ジャンプ中に空中で踏ん張ったり、特定の攻撃で頭がギャグ漫画っぽくつぶれたり、ATM(ここにお金を預けておくと倒されても減額されない)や自動販売機があったりと、仮面ライダー倶楽部を彷彿とさせる部分が目立つ)。


難易度はやや高め(一応「ルーキー」「ヒーロー」「マスター」の三つの難易度から選択できるが、ボス戦はルーキーでもかなり難しい)だが成長育成要素もあり、倒されてもゲームオーバーではなく、お金を減額されて拠点に戻されるだけなので、何度も再チャレンジを繰り返して成長して進んでいくことが基本となる。

ただし、道中のザコ戦はともかく、ボス戦は成長すれば力押しで楽勝とはいかず、ちゃんと相手の行動パターンを見極めながら戦う必要がある。

コンティニューはなく、ステージ1からのやり直しとなるがサイクロン号の改造でクリアしたステージはスキップすることができるようになる。


登場キャラクター(以下、ネタバレ注意)

※プレイアブルキャラは★印を付ける


性能はやや防御よりのバランス型。変身は生身→コートあり→コートなしの2段階で、コートを脱ぐと防御と引き換えに攻撃力が上がり超必殺技(ライダーキック)が使用可能。

劇場版と違い、最後まで生存する。


後半で加入。基本は本郷と同じだが、若干防御が低く攻撃力が高い。また、一部の技のモーションが違う。

劇場版と違い、技名を呼称する


本郷と同様に生存する。


オーグは劇場版と異なり、倒されると泡にはならず爆発する。


一度クリア後、隠しキャラとしてプレイが可能になる。

ステータスが高い上に、SP(必殺技ゲージ)が自動回復するので技が使い放題という破格の性能。

残念ながらボイスは収録されていない。



DLC参戦

シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバースとのタイアップで、シーズンパス購入により参戦と各キャラクターのステージが登場する。専用ステージのBGMは「罪と罰祈らざる者よ」。

各キャラクターは使い勝手の良い広範囲技を持っている上に様々な特殊能力を持っていたりと強力なのだが、何らかのデメリットも存在する。

ちなみにこれらのヒーローは皆60m以上の巨体であり、ライダーを使用するとライダーも同じ身長になる


ガトリングガンを使った広範囲攻撃が得意。

特殊能力のATフィールドで一定数ダメージを無効化できるが、HPが低めでフィールドが無くなると撃たれ弱い上に、活動限界時間があり、5分間で死亡扱いになると、クセが強い(ただし、バトルのみであり、移動中はカウントが中断される。また、同時に配信される缶バッジで最大30秒延長できる)。

超必殺技は「ポジトロンスナイパーライフル」。


格闘戦中心で、映画でも披露した回転キックも再現可能。初号機と同様に広範囲攻撃が得意。

「スペシウムゲージ」と言うパラメーターがあり、時間経過で減っていく。ゲージが少なくなると原点同様に体の模様が緑色になり、無くなると活動限界を迎え空に帰ってしまい敗北扱いとなってしまうと初号機同様に時間制限があるのだが、タイマー式ではなく棒状のゲージ式のため残り時間がやや分かりにくい。初号機と同様に移動中は消費しない上に専用の缶バッジで若干ゲージの上限を増やせる。

超必殺技は「スペシウム光線」。多段ヒットする仕様となっている。


原点であるシン・ゴジラ本編とは違い、尾を振り回したりと格闘戦もしっかりやってくれる。ジャンプ時に踏み付け攻撃をすると、敵がペラペラ状態になり行動不能になるという特殊能力が有る。

それに加えてダメージを受けても仰け反りにくかったり、上記2名とは違い時間制限が存在しないと継戦能力が高く使い勝手がよくなっている。

弱点はジャンプ時の高度がものすごく低い(強化することである程度改善できる)のと、見た目に反して攻撃力がやや低めということ。

超必殺技は「放射線流」。こちらも多段ヒットする。

専用缶バッジは状態異常のダメージを軽減するという上記2名に比べると控えめな効果だが、逆を言えば他の缶バッジを気軽に使用できるともいえる。


残念ながらゴジラ怪獣は出て来ない(まあ、シン・ゴジラ名義なので仕方ないが……)。





関連動画


関連項目

シン・仮面ライダー ベルトスクロールアクション

仮面ライダーSD

シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース

罪と罰祈らざる者よ


コンパチヒーローシリーズ仮面ライダー倶楽部:これらを連想した人も多いはず。ガンダムいないけど


外部リング

公式サイト

関連記事

親記事

シン・仮面ライダー しんかめんらいだー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11711

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました