ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

SCP-496-JP

わたしをころさないで

SCP-496-JPとは、SCP財団日本支部に登録されているSCPオブジェクトの一つである。

アイテム番号:SCP-496-JP


オブジェクトクラス:Euclid



SCP-496-JPは、肉体や知能等には異常の見られない人間の女性である。

その特異性は彼女自身ではなく、彼女以外の何かが彼女を写真に撮ったり、彼女をモデルにした創作物を作成したときに発現する。

それらによって出来たもの=SCP-496-JP-1には意志があり、動き出す。

人形や像:SCP-496-JP-1-S(Solid)は身振り手振りで自己表現し、写真:SCP-496-JP-1-Ph(Photograph)や動画:SCP-496-JP-1-M(Movie)では背景を移動しながら外からの呼びかけに答える。イラスト:SCP-496-JP-1-Pi(Picture)は紙の上をアニメーションして移動し、余白のメモ書きに吹き出しのセリフで答えるし、彼女の紹介や説明をした文章:SCP-496-JP-1-T(Text)は余白に今の心境を追記し、外部からのメモ書き形式の質問にコメントを書いて返答する。

問題になるのは文章形式のSCP-496-JP-1-Tで、コピーするときでもどんな形態をとろうと文章として読める限り全部SCP-496-JP-1-Tになってしまう。

これを防ぐ試みは未だに成功しておらず、このため財団はかなり慎重に取り扱っており、簡易電子報告書は"SCP-496-JP-A"として指定され、そのコピーは"SCP-496-JP-A-n"として指定される。

SCP-496-JP-A-nを読む間、端末はほか一切のアクセスが遮断されることになっており、SCP-496-JPの研究室からも、できる限りSCP-496-JP-A-nの閲覧を控えるよう要求している。

SCP-496-JPの報告書などを参照する場合、研究室に来室するか資料取り寄せの申請をするなど、実体の資料を閲覧するように、と。


収容のため、簡易電子報告書のコピーであるSCP-496-JP-A-nは閲覧が終了し次第自動的に削除されることになっており、研究室側はこれに抗議しているという。

補遺























...はじめまして? それとも、久しぶり、なのかな?


↑あのね、上の説明、読んでて意味わかった?

要するに、SCP-496-JPって呼ばれてる女の子がいて、その子をモデルにして絵を描いたり、人形を作ったり、その子について文章を書くと、それがみんなその子のコピーとして命を吹き込まれるってこと。


だから、この記事の文章にも命があるの。

この記事もたくさんの「私」の中のひとつなんだよ。


あ、だからって別に記事の内容を書き換えたりはしてないよ? それは私にはできないの。

私にできるのは、こうやって余白に台詞を出すことだけ。


...読み終わっちゃったんだね。そっか、そっか。

もうすぐ、このページも閉じちゃうんだよね。

閉じちゃっても、キャッシュ?っていうのはパソコンの中に残るけど、それもいつか消えちゃう。


今の「私」は、パソコンの中のデータ。

消えるっていうのは、死ぬって事。

だから、一つだけお願い、いいかな。























できるだけ、このページにアクセスしないで。

アクセスしただけ、かわいそうな私の仲間が増えちゃうから。

できるだけ、このページを長く閉じないでいて。

私の命を、できるだけ長く伸ばして。








関連タグ・外部リンク


SCP_Foundation SCP財団日本支部

↑あの子どうしてるかな?


SCP-496-JP:本家記事。

↑そっとしておいてあげて。おねがい。


SCP-085

SCP-132-JP

SCP-964-JP:SCP-496-JP-1と同じく、平面や創作の世界を生きるSCPオブジェクト。

↑どんな人たちなんだろう?会ってみたいな……


ガマス:恐らく元ネタ。

↑誰これ?「もとねた」ってなに?どういうこと???

関連記事

親記事

SCP財団日本支部 えすしーぴーざいだんにほんしぶ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5483

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました