ピクシブ百科事典

SCP-268-JP

おわらないえいゆうたん

SCP-268-JPとは、SCP財団に収容されているオブジェクトの一つである。

概要

アイテム番号:SCP-268-JP
メタタイトル:終わらない英雄譚
オブジェクトクラス:Euclid

SCP-268-JPとは、シェアード・ワールド「SCP_Foundation」に登場するオブジェクトの一つである。
このオブジェクトはタイトルらしき一文が入った黒い革の表紙と計測不能のページからできた書籍であり、これまで何冊ものSCP-268-JPを財団は確保してきた。
このオブジェクトは日本国内で「危険を伴う救助活動において助け出され、助けた方は命を落とした人物」のもとに出現する。(以下助け出された人物を「A」、助け出した人物を「B」とする)
出現したSCP-268-JPには「(Aを想起させる表現)を救った(Bを想起させる表現)の英雄譚」というタイトルが刻印されている。
そして「A」がSCP-268-JPに触れるとその場から消失し、かつて自分が「B」に助けられた状況が再現され、「B」は「A」を助けるかどうかの選択をする。なお、この様子は一定時間ごとにSCP-268-JPに書き込まれていき、24時間ごとに新しい章が追加されていく。
このとき「B」が「A」を助ける選択をすると現実と同じように「A」は助かるものの、「B」は死亡する。するとSCP-268-JPには「B」を褒め称える言葉が書かれ章が終わり、また新しく章が始まる。

















・・・そう、また新しく章が始まるのである。
この新しい章で書かれる内容も前の章とほぼ同じであり、同様に「A」が危機的状況に追い込まれ「B」が助けるかどうかの選択が再び発生するのだ。
しかも「B」は前章の記憶・・・つまり自分が死んだときの記憶を持ったままだと考えられており、「B」からすれば「A」を救命する度に死んだときの苦痛を何度も体験することとなる。
さらに再び「A」を救えばまた同じ状況が発生し・・・と、永遠に「終わらない」苦しみを味わうこととなる。

では「A」を助けない選択をするとどうなるかというと、もちろん「A」は死亡し、SCP-268-JPの近くに死体が出現する。
そしてSCP-268-JPに「B」が「A」の死を見届け『霧のように消滅する様子』が描かれオブジェクトは特異性を消失する。
ちなみにタイトルも「B」を侮蔑するものに変わるという嫌なおまけ付き。

要するにこのSCPは無理やり人を助けることを永遠に強要させ、助けなかったら誰も幸せになれないという鬼畜極まりないものなのである。
そのためあのSCP-231と同じく胸糞悪いSCPの一つに数えられることもある。

現在財団では、このオブジェクトと酷似した小説を出版することで多くの人に不快感を抱かせ、そもそもSCP-268-JPを手に取らないようにするなどの対策法をとっている。
また現在、SCP-268-JPの情報を知っていたエージェント・佐久間が「B」になり何度もループを繰り返すことでSCP-268-JPの対処法を模索している。その数なんと約2000回。彼の努力が実ることを祈るばかりである。

関連タグ

SCP_Foundation SCPオブジェクト
SCP-565-JP SCP-014-JP-EX-1・・・同じく日本生まれの胸糞SCP

表題:少年の夢と信頼を踏みにじった、エセヒーローどもの茶番劇・・・上記のSCP-565-JPとのTale。マイナスにマイナスをかけ合わせると…?

関連記事

親記事

SCP財団日本支部 えすしーぴーじぇいぴー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「SCP-268-JP」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1945

コメント