ピクシブ百科事典

SCP-081-JP-J

えすしーぴーぜろはちいちじぇーぴーじぇー

SCP-081-JP-Jとは、SCP財団に収容されているオブジェクトの一つである。
目次[非表示]

概要

SCP-081-JP-Jとは、シェアード・ワールド「SCP_foundation」に登場するオブジェクトの一つ。末尾にJがついているようにジョークオブジェクトである。通称「豊穣の世界」。オブジェクトクラスはSafeに指定されている。

SCP-081-JP-Jは桐製の箱に収められたビール会社のポスターで、水色の水着を着用したスレンダーな体型の女性が写っている。
このオブジェクトの異常性は男性が視認した際に発現し、ありとあらゆる女性の胸が「豊かである」と、要は巨乳だと認識するようになる。認識が変化するため、相手がいくらまな板でも巨乳に見えるだけでなく、感触も巨乳のものとなる。
この異常性は複製しても受け継がれ、記憶処理を施しても元には戻らない。
Dクラスを用いた実験では大きい胸が好きな職員は温和になり、まな板が好きな職員は不快感を示した。そりゃそうだ。

このように問題性は何もない、至って無害なオブジェクトのはずなのだが――

今日も財団は平和です

しかしある時、女性である████博士がSCP-081-JP-Jを大量に印刷し研究室に貼ろうとする事件が発生。一歩間違えればKクラスシナリオ待ったなしという状態だったが、幸い同じく女性である████研究助手がいち早く剥がしたことで男性が曝露することはなかった。████博士はこのような事件を起こした理由について、████研究助手にこう話したという。

「貴方には一生わからないと思います」

…強く生きてくれ。

さらに████研究員が無断でSCP-081-JP-Jを視認するという事件も発生。████研究員は食堂で、「成功だ!おれはパラダイスに来た!」と叫んで飛び跳ねているところを確保され、女性が一人もいないサイトに配属となった。

████研究員:なぜあれを一般公開しないんだ! あれはユートピア製造機だ!
████博士:私もそう思います。Anomalousアイテムへの再分類を申請しておきます。

懲りろや博士。

それに対するO5の返事は、

O5-██:保留。

O5-█:却下。

もうやだこの財団。


また現在でも「大規模に拡散した場合の影響の調査」という名目で何度も申請が来ているが未だ通っていない。

だからもう申請しないでください、████博士。あなたは今のままで十分に魅力的です。

関連タグ 

SCP_foundation SCPオブジェクト 巨乳 貧乳

関連記事

親記事

SCP財団日本支部 えすしーぴーじぇいぴー

兄弟記事

コメント