ピクシブ百科事典

SCP-682

えすしーぴーろくはちに

Item #: SCP-682 - Hard-to-Destroy Reptile (不死身の爬虫類) Object Class: Keter

「奴らは…忌まわしい…」



SCP-682とは、SCP財団によって収容されているオブジェクトである。

概要

海外のシェアワールド「SCP_Foundation」に登場する怪物。
「不死身の爬虫類」あるいは「不死身のドラゴン」
巨大な爬虫類の様な怪物で、その名の通りどれだけ身体を破壊されても生きており
驚異的な再生力を見せる。またSCP-682に対して行われた実験記録によると
身体を再生する際に自身の形態を変化させ
外敵からの攻撃や環境変化に適応することができるという
高い知能を有し、言語を理解して喋ることもできる。
しかし、全ての生命体に対して「憎悪」の感情を抱いており
非常に攻撃的かつ敵対的。刺激すると激怒する可能性があるため
職員がSCP-682と話すことは禁じられている。
もし、許可されていない職員がSCP-682と接触しようした場合は武力により制止し
追い出す。脱走を何度も試みる上に収容、無力化が難しく
過去に何度も脱走をしてはその度に多数の死者を出しているという。
まさに「不倶戴天」という四字熟語が似合う最凶の怪物である。

詳細はSCP財団の該当ページへ。

SCPの中でもひときわ危険度が高く封じ込めの難しい存在であり
オブジェクトクラスは最悪のKeterに分類されている。
財団内での認知度は高く他のSCP記事でも様々な言及がある……、というか
SCP-682破壊のために、有効そうなSCPはとにかく何でも試してみようという風潮が
感じられる。特にSCP-076-2は複数回に渡りSCP-682と交戦している模様。
詳しくはこちらの実験記録をご覧ください。
これだけ何度もヒドイ目に遭わされたらますます敵意が増大する気がするのだが……。

SCP-682XSCP-053


実験記録によると、SCP-682と引き合わされて無事だった人間は
SCP-053とクレフ博士のみである。SCP-682が彼らに危害を加えなかった理由は不明。
ただし、結果を解釈すると上記の2名が
厳密に「人間」であるかどうか議論の余地があるようだ。

尚、SCPが怪奇作品の創作の場であるという以上
「ぼくのかんがえたさいきょうのかいぶつ」の披露会になるのを避ける為にも
SCP-682よりも強いSCPを作ってはならないと言うのが暗黙の了解として存在している。

一方で、「SCP世界のサンドバック」扱いされている節もあり
ジョークSCPなどではキャラ崩壊クラスの扱いをされることも多い。
例えば、「SCP-999-JP-J マスター・くすぐりオバケ」との対決では
進化したくすぐりレスリングを前に悶絶した挙句、謎のエネルギーを放出して崩壊した。
他にも「SCP-666½-J 地獄の業火(ただの極悪な食中毒)」の原因物質を
喰わされた際には、あまりの苦痛に音を上げ、外神に懇願して自己終了した。

PixivではSCP-053とカップリングで描かれる事が多い他
「爬虫類」と言う事もあってか「クソトカゲ」と呼ばれる事が多い。





関連タグ

SCP SCP_Foundation 爬虫類 不死身

マクシミリアン・ジーナス作品世界におけるある意味同種の存在。

関連記事

親記事

SCP_Foundation えすしーぴーふぁうんでーしょん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「SCP-682」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1136543

コメント