ピクシブ百科事典

SCP-239

えすしーぴーにさんきゅう

SCP-239とは、SCP財団に登録されているオブジェクトの一つである。
目次[非表示]

概要

アイテム番号:SCP-239
オブジェクトクラス:Keter

SCP-239とは、シェアード・ワールド「SCP_Foundation」に登場するオブジェクトの一つであり、通称「ちいさな魔女」

SCP-239は一見すると8歳のヨーロッパ系の少女だが、周囲には未知の放射能が発生している。この放射能は低濃度ならば危害は特に無いが、高濃度になると素粒子レベルまで物体を分解してしまうらしい。
そしてこのSCiPがKeterクラスになっている理由が、彼女の持つもう一つの異常性によるものとなっている。
SCP-239は「自分の望み通り世界を作り変える」という強力な現実改変能力を持っており、彼女が無意識に思ったことでも発動してしまう。例えば彼女が目の前にいる人と「友達になりたい」と望めばその通りになり、「どっかに行ってほしい」と願えばどこかへと消えてしまうのだ。さらにSCP-239は8歳の幼女のため、自分の能力をまだコントロールできていないことも危険性を高めている。
財団では彼女に「君は魔女だ、教えた魔法しか使えない」と言い聞かせることで彼女の力をコントロールしようとしており、完全ではないものの上手くはいっていた。

――――あの日までは。

事件239 B クレフ-コンドラキ

だが、ここでSCP-239の収容に対して懐疑的な人物が現れた。財団の問題児の一人、クレフ博士である。彼はO5に対してSCP-239の処分を提案したのだが、何を考えたのか機密文書を平文で送るというミスをやらかしてしまい、結果このことを知ったSCP-239の担当スタッフと同じく財団の問題児の一人、コンドラキ博士がクレフ博士を止めようと立ち上がった。(ちなみに何故コンドラキ博士がSCP-239を守ろうとしたかは不明。SCP-239に操られていた可能性も否定はできない。)

そしてここから、財団史に名を残すレベルの騒動が幕を開けるのだった。

まずSCP-239の収容サイトにやって来たクレフ博士は、エージェント顔負けの戦闘力で職員を無力化し侵入。しかし直後に幻覚を見せることができるSCP-408「幻想蝶」を伴ったコンドラキ博士が参戦。詳しくはどうなったのかは不明だが、クレフ博士はSCP-408の何体かを殺したもののカメラのフラッシュをもろに浴びたことでしばらく視力を失っていたようだ。
クレフ博士はコンドラキ博士を無力化するためにセキュリティルームを制圧し(目が見えない状態で)、男性が近づくと花を咲かせるSCP-091-ARC「樹の精霊」を開放させパニックを引き起こした。自分に花を咲かせたことでSCP-408の気を引くことができ、SCP-408は幻覚を解いてしまう。
だが、ここでSCP-239を守ろうと、自身の生の声を聞いた男性を昏睡状態にする女性ことSCP-336「リリス」が出現。クレフ博士への説得を試みるものの彼の決意を変えることはできなかった。そこで彼女は変声機を外し、クレフ博士に声をかけた。するとクレフ博士は襲ってきた痛みに叫び声を上げ発砲したものの、既にSCP-336は姿を消していた。(この時クレフ博士は涙を流し鼓膜を破っていたことからどれほど痛かったかが想像できる。)
さらに熱を自在に動かせる青年SCP-547「大自然の怒り」が収容違反を起こし、クレフ博士は火傷を負うもこれを殺害。いや、あの、『確保・収容・保護』・・・
そんなクレフ博士の前になんとブライト博士が出現。こんな状況にも関わらずクレフ博士にイタズラをしようと企んでいたらしい。もちろん鉛玉をぶち込まれた。だよね、知ってた。
クレフ博士はブライト博士が持っていた、ダイスの目によって災害が起こるSCP-776「ダイス災害」を使い洪水を凍らせて壁を作り、追手が来れないようにした。
そしてコンドラキ博士の方も異常物品と思われるカメラの三脚を持って再び戻ってきた。
するとそこにはSCP-239と話しているギアーズ博士の姿が。
しかしクレフ博士がやって来たため第2ラウンドが始まった。お互い殺す気はないものの戦いを繰り広げ、遂に決着が――――
・・・と思われたその時、マジックミサイルえいしょう!」という声と共にあたりが吹っ飛んだ。なんとギアーズ博士がSCP-239に命じて二人を止めたのだった。彼はSCP-239に「悪魔がクレフ博士の体を乗っ取り襲ってくるためコンドラキ博士と私が派遣された」と話し、クレフ博士を止めるため協力してもらったのだった。更にSCP-239はギアーズ博士にクレフ博士から悪魔を追い出す魔法を「教えられ」、それを使ったことでクレフ博士は完全に無力化された。
コンドラキ博士がクレフ博士を連れ出したその後、ギアーズ博士がSCP-239に注射を打ち昏睡状態にしたことで事態はようやく収束した。

この事件を通してSCP-239の能力の危険さを再確認した財団は彼女を永続的に昏睡状態にすることを決定した。
一連の騒動でサイト-17は使い物にならなくなり、職員の80%が無効化される事態となった。

また、ギアーズ博士は事件後のインタビューで遠回しにSCP-239を騙すことはしたくなかったということと、最後に彼女に「・・・おやすみ、いい夢を見れますように。」と言ったと話していた。

関連タグ

SCP_Foundation SCPオブジェクト 幼女

関連記事

親記事

SCP_Foundation えすしーぴーふぁうんでーしょん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「SCP-239」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32223

コメント