ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
Item#SCP-096-The"Shy Guy"("シャイガイ") Object Class:Euclid

誰にだって見られたくないものはある。






SCP-096とは、SCP財団に収容されているオブジェクトである。

その謎めいた特性と危険性から人気が高く、有名どころのSCPオブジェクトと並び知名度が高い。


詳しい解説はSCP財団日本支部の該当ページへ。


概要

海外のシェアワールド「SCP_Foundation」に登場するモンスター

「シャイガイ=恥ずかしがり屋」。


人型の生物で、身長がおよそ2.38mある。

筋肉量はとても少なく、両腕の長さが1.5mと、身体とひどく不釣り合いな長さをしている。

身体には目を除いて色素がなく、体毛は一切ない。また顎を平均的なヒトの4倍の大きさで開ける事が確認されている。

脳も未発達で、通常の行動から確認する限り知性は欠如している。視力があるかどうかも不明。

軽度の栄養失調を起こしている事が検査で確認されている。なお特に食事を必要とはしておらず、給餌されずとも餓死する様子はない。


こうした見た目に反して、外部からのダメージに対して極めて強い防護力を持つ。

50口径弾だろうが対戦車ミサイルだろうが傷一つ負わず、苦痛を感じている様子も見せない。

後述する「恥ずかしがり屋」の行動に伴い、この特性は恐るべき脅威となっている。


5m×5m×5mの鋼鉄製の密封された独房に収容されており、保全員は週一で独房に裂け目や穴ができていないかを検査する。

この独房の中に監視カメラや光学的道具を設置する事は固く禁じられており、圧力センサーとレーザー検出器によってのみ独房内のSCP-096をチェックする事が義務付けられている。


通常はおとなしく、1日の大半を独房内の東側でうろうろしている事が圧力センサーの記録で判明している。

しかし、それも何者かがSCP-096の「顔を見る」までのこと。SCP-096は顔を手で覆い、叫び始め、泣き、支離滅裂なことを叫び始める。

およそ1、2分後、SCP-096は自分の「顔を見た」対象に向かって走り始め、どこにいようとも殺してしまう。ただし、どのように殺すのかは報告書に書かれていないため不明。

35km/h~███km/hの速度で移動することが記録されており、これは殺害対象からの距離に影響する。

対象の殺害後は落ち着きを取り戻し、数分その場にとどまった後で、収容前に生息地としていた██████へ戻ろうとする。この時財団の回収部隊は顔を見ないようにした上で、SCP-096の頭に袋をかぶせて独房に戻しているが、この時特に抵抗はしない。


この「顔を見る」という行為は、直接でも、映像記録を通じてでも、写真を通してさえでもさえ発生してしまう。

更には、偶然撮影された写真にたった4ピクセルしか写っていない状態や、対象が『見た』と認識できない僅かな時間、網膜に一瞬映っただけでも、「顔を見た」と判定されてしまう。

距離も環境も障害も全くの無意味であり、SCP-096の顔を見てしまった者は、ほぼ100%逃れられない

更に、対象を追いかけている時のSCP-096は顔を隠さない。この時SCP-096の顔を偶然第三者が見た場合も、例外なくターゲットにされる。

SCP-096が危険とされているのは、大方この性質が原因である。


ただし、絵に描かれた顔を見た場合は反応が起きない

この「絵」を財団が入手した際の実験は、以下の通り。


  1. 絵が得意なDクラス職員(元タトゥーアーティスト)を、SCP-096の収容施設から約███km離れた場所の深海10,800メートルに、潜水球に乗せた状態で沈める。
  2. 潜水球にはあらかじめSCP-096の顔を撮影した写真とスケッチに必要な道具が収納されており、指令を受けたDクラスは模写を開始。
  3. この時点でSCP-096は活性化して施設を脱走、ポイントに向けて移動を開始。あらかじめルート上の民間人や撮影機器は全て避難させられていた。
  4. 12分後、スケッチが完了。指定された気密性ボックスに入れられる。
  5. 数分後、SCP-096が潜水球に到達、破壊を開始。Dクラス職員は██████。
  6. その後、目的を果たして無抵抗になったSCP-096とボックスを回収。

これにより、被害を出さずともSCP-096の顔を確認する事が可能となった。


ある並行世界では、よりにもよってSCP-096の「顔」がTV番組に登場している。

その番組が別のSCP『別時代より生放送でお届けしております』(SCP-2238)によってこちらの世界で無差別放送された際には、別世界の個体であるにもかかわらず起動し、大惨事を招いた。この事件を機に、2238はSafeから一気にKeterに格上げされている。

なお、その並行世界のSCP-096は、番組収録時には「終了」された個体であった。なので、無力化する方法は存在する模様。


みんなだいすきクソトカゲこと『不死身の爬虫類』(SCP-682)の終了実験にも登場。

27時間にわたる激闘の末、SCP-682の肉体の85%を喪失させるという戦果を出した。ただしSCP-096も無事ではなく、激しく負傷して怯えたようにうずくまっているのを確認されている。

そして2回目の試みでは、SCP-096の方から顔を背け、自分の顔を引っ搔いて吠えながら周囲を飛び回るだけに終わっている。よほど恐ろしかったらしい。

現状財団が把握している中では、SCP-096が顔を見た対象を殺し損ねた唯一の事例である


ダイナミック収容違反

コロコロコミック連載の漫画ブラックチャンネルのSCP特集漫画においてまさかの登場

自分の顔を撮影してしまったさとしを殺そうとし、ブラックの攻撃も意に介さずせいぜい追跡を遅らせる事しか出来なかった。

結果的にブラックが「SCP-096を目撃する前の時間軸に戻る」という奥の手を使うことで逃れることに成功している。

小学生向けの雑誌にコイツを出していいのか

関連タグ

SCP_Foundation SCP


ヘイホー…Shy Guy繋がり。


ミミッキュ / キング:シャイガイ同様に顔を見られるのを忌避しており、顔を見た人間を殺害するまで止まらない。


殺せんせー / ポーキー:絶対に殺せない存在。

誰にだって見られたくないものはある。






SCP-096とは、SCP財団に収容されているオブジェクトである。

その謎めいた特性と危険性から人気が高く、有名どころのSCPオブジェクトと並び知名度が高い。


詳しい解説はSCP財団日本支部の該当ページへ。


概要

海外のシェアワールド「SCP_Foundation」に登場するモンスター

「シャイガイ=恥ずかしがり屋」。


人型の生物で、身長がおよそ2.38mある。

筋肉量はとても少なく、両腕の長さが1.5mと、身体とひどく不釣り合いな長さをしている。

身体には目を除いて色素がなく、体毛は一切ない。また顎を平均的なヒトの4倍の大きさで開ける事が確認されている。

脳も未発達で、通常の行動から確認する限り知性は欠如している。視力があるかどうかも不明。

軽度の栄養失調を起こしている事が検査で確認されている。なお特に食事を必要とはしておらず、給餌されずとも餓死する様子はない。


こうした見た目に反して、外部からのダメージに対して極めて強い防護力を持つ。

50口径弾だろうが対戦車ミサイルだろうが傷一つ負わず、苦痛を感じている様子も見せない。

後述する「恥ずかしがり屋」の行動に伴い、この特性は恐るべき脅威となっている。


5m×5m×5mの鋼鉄製の密封された独房に収容されており、保全員は週一で独房に裂け目や穴ができていないかを検査する。

この独房の中に監視カメラや光学的道具を設置する事は固く禁じられており、圧力センサーとレーザー検出器によってのみ独房内のSCP-096をチェックする事が義務付けられている。


通常はおとなしく、1日の大半を独房内の東側でうろうろしている事が圧力センサーの記録で判明している。

しかし、それも何者かがSCP-096の「顔を見る」までのこと。SCP-096は顔を手で覆い、叫び始め、泣き、支離滅裂なことを叫び始める。

およそ1、2分後、SCP-096は自分の「顔を見た」対象に向かって走り始め、どこにいようとも殺してしまう。ただし、どのように殺すのかは報告書に書かれていないため不明。

35km/h~███km/hの速度で移動することが記録されており、これは殺害対象からの距離に影響する。

対象の殺害後は落ち着きを取り戻し、数分その場にとどまった後で、収容前に生息地としていた██████へ戻ろうとする。この時財団の回収部隊は顔を見ないようにした上で、SCP-096の頭に袋をかぶせて独房に戻しているが、この時特に抵抗はしない。


この「顔を見る」という行為は、直接でも、映像記録を通じてでも、写真を通してさえでもさえ発生してしまう。

更には、偶然撮影された写真にたった4ピクセルしか写っていない状態や、対象が『見た』と認識できない僅かな時間、網膜に一瞬映っただけでも、「顔を見た」と判定されてしまう。

距離も環境も障害も全くの無意味であり、SCP-096の顔を見てしまった者は、ほぼ100%逃れられない

更に、対象を追いかけている時のSCP-096は顔を隠さない。この時SCP-096の顔を偶然第三者が見た場合も、例外なくターゲットにされる。

SCP-096が危険とされているのは、大方この性質が原因である。


ただし、絵に描かれた顔を見た場合は反応が起きない

この「絵」を財団が入手した際の実験は、以下の通り。


  1. 絵が得意なDクラス職員(元タトゥーアーティスト)を、SCP-096の収容施設から約███km離れた場所の深海10,800メートルに、潜水球に乗せた状態で沈める。
  2. 潜水球にはあらかじめSCP-096の顔を撮影した写真とスケッチに必要な道具が収納されており、指令を受けたDクラスは模写を開始。
  3. この時点でSCP-096は活性化して施設を脱走、ポイントに向けて移動を開始。あらかじめルート上の民間人や撮影機器は全て避難させられていた。
  4. 12分後、スケッチが完了。指定された気密性ボックスに入れられる。
  5. 数分後、SCP-096が潜水球に到達、破壊を開始。Dクラス職員は██████。
  6. その後、目的を果たして無抵抗になったSCP-096とボックスを回収。

これにより、被害を出さずともSCP-096の顔を確認する事が可能となった。


ある並行世界では、よりにもよってSCP-096の「顔」がTV番組に登場している。

その番組が別のSCP『別時代より生放送でお届けしております』(SCP-2238)によってこちらの世界で無差別放送された際には、別世界の個体であるにもかかわらず起動し、大惨事を招いた。この事件を機に、2238はSafeから一気にKeterに格上げされている。

なお、その並行世界のSCP-096は、番組収録時には「終了」された個体であった。なので、無力化する方法は存在する模様。


みんなだいすきクソトカゲこと『不死身の爬虫類』(SCP-682)の終了実験にも登場。

27時間にわたる激闘の末、SCP-682の肉体の85%を喪失させるという戦果を出した。ただしSCP-096も無事ではなく、激しく負傷して怯えたようにうずくまっているのを確認されている。

そして2回目の試みでは、SCP-096の方から顔を背け、自分の顔を引っ搔いて吠えながら周囲を飛び回るだけに終わっている。よほど恐ろしかったらしい。

現状財団が把握している中では、SCP-096が顔を見た対象を殺し損ねた唯一の事例である


ダイナミック収容違反

コロコロコミック連載の漫画ブラックチャンネルのSCP特集漫画においてまさかの登場

自分の顔を撮影してしまったさとしを殺そうとし、ブラックの攻撃も意に介さずせいぜい追跡を遅らせる事しか出来なかった。

結果的にブラックが「SCP-096を目撃する前の時間軸に戻る」という奥の手を使うことで逃れることに成功している。

小学生向けの雑誌にコイツを出していいのか

関連タグ

SCP_Foundation SCP


ヘイホー…Shy Guy繋がり。


ミミッキュ / キング:シャイガイ同様に顔を見られるのを忌避しており、顔を見た人間を殺害するまで止まらない。


殺せんせー / ポーキー:絶対に殺せない存在。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • バレンタイン 前編

    今回は096と106の話になりまぁぁす!! やっぱり、少し不穏というか暗い感じを入れたくなるのは...私の趣味だからしゃあねぇな!! 1回、前編、後編みたいなのやってみたかったんです... 単体でも読めるから意味無い気がするッッッ!! そして私は、無事にバレンタイン当日に後編を出せるのでしょうか...そこだけが問題だ...期待しないで待っていてくださいww Author: Dr Gears Title: SCP-106 - オールドマン Source: http://www.scp-wiki.net/scp-106 CC BY-SA 3.0 Author: Dr Dan Title: SCP-096 - "シャイガイ" Source: http://www.scp-wiki.net/scp-096 CC BY-SA 3.0
  • SCP達が遊ぶようです。

    SCP達が公園で遊ぶようです。2

    〜(多分要らない)前回のあらすじ〜 暇していたシンボルの遊び道具…いや標的になってしまったクソトカゲ!!! 「俺ら擬人化してるし公園行けんだろTEKINA???」 そんな感じの(作者のせいで適当になってしまった)ノリでSCP達が遊ぶことに!!! なんとか無事に人数を集めることはできたが、ほとんどがクソトカゲの嫌いな奴らであった。 果たしてクソトカゲは誰も殺さずに帰れるのか?!?!?!!!?! とかいうクソ小説です。小説じゃないです。 深夜テンション(極)だったのでキャラ崩壊と解釈違いの宝庫だと思います。許してください何でもしますから(なんでもするとは言ってない)。 Author: ProfSnider Title: SCP-999 - くすぐりオバケ Source: http://www.scp-wiki.net/scp-999 CC BY-SA 3.0 Author: Moto42 Title: SCP-173 - 彫刻 - オリジナル Source: http://www.scp-wiki.net/scp-173 CC BY-SA 3.0 Author: tsucchii0301 Title: SCP-910-JP - シンボル Source: http://scp-jp.wikidot.com/scp-910-jp CC BY-SA 3.0 Author: 不明 Title: SCP-079 - オールドAI Source: http://www.scp-wiki.net/scp-079 CC BY-SA 3.0 Author: Dr Gears, Epic Phail Spy Title: SCP-682 - 不死身の爬虫類 Source: http://www.scp-wiki.net/scp-682 CC BY-SA 3.0 Author: Dr Dan Title: SCP-096 - "シャイガイ" Source: http://www.scp-wiki.net/scp-096 CC BY-SA 3.0 Author: Dr Gears Title: SCP-053 - 幼女 Source: http://www.scp-wiki.net/scp-053 CC BY-SA 3.0
  • 悪疫

    マイケルと医者の会話

    マイケルとDr.Asakuraの会話ですね これ、1回データ飛んでやる気がガタ落ちしたのにも関わらず、もっと短い時間で終わらせたってどういうことなんだろね(´・ω・`)
  • 一悶着

    ペスト医師さんの影響をうけて、キャラ増やしてみましたの巻w 表紙を描く気力が無かった... 息抜きに書いた作品なので面白くないのでは??と内心焦っておりますww あぁぁ実習クソ喰らえだぁぁ!後半残ってると考えると憂鬱すぎる...。pixivに浮上できないのつらい... Author: Gabriel Jade その後djkaktus および Gabriel Jadeによって改訂 Title: SCP-049 - ペスト医師 Source: http://www.scp-wiki.net/scp-049 CC BY-SA 3.0 Author: Dr Dan Title: SCP-096 - "シャイガイ" Source: http://www.scp-wiki.net/scp-096 CC BY-SA 3.0 Author: Dr Gears Title: SCP-106 - オールドマン Source: http://www.scp-wiki.net/scp-106 CC BY-SA 3.0
  • 東方以外の小説を書く場所。

    SCP-096 シャイガイ

    SCP好きの方、本当にごめんなさい。 多分明日くらいに、簡略的にまとめた、台本ようも出すと思います。
  • 特殊職員に関する情報ファイルまとめ

    異常に好かれる女の子

    こちらの報告書はすべての職員が閲覧することが可能なものです。 可能な限り早急に閲覧し、内容を理解することを推奨。ー■■■ 【ご注意】 この報告書は架空のものです。呪術廻戦×SCIPの小説から続けたものになります。 SCIP初心者な作者が頑張って作った二次創作報告書ですので、出来る限り地雷を回避できるよう注意する要素を軽く書いておきます。 ⚠SCIPから好かれる禁断のオリ主⚠ ⚠SCIPに関する作者の自己解釈⚠ ⚠禅院家で受ける扱いに関する捏造⚠ ⚠作者による自己解釈や設定⚠ 報告書内で出てくるSCP↓ http://scp-jp.wikidot.com/scp-910-jp http://scp-jp.wikidot.com/scp-096 http://scp-jp.wikidot.com/scp-682 以上が地雷でない人は、是非読んでいってください。 【雑談】 二回書き直しました。楽しかったです。 実際問題禅院家って女児にどの程度の扱いをしてたんでしょうか。真希真依がマシってことは昔ならもっと酷いってことだよね。全滅したし今後出てくるのかすら分からないけど。 ありがとうございました!
  • 蒼のカービィ+カレコレ屋

    決して見てはいけない…

    ※カービィ擬人化注意! ※パロディ注意!
  • SCPの混血児

    統合軍のSCP

    このお話は統合軍に収容をされている一部のSCPのお話ですが一部のSCPは擬人化をしております。 また設定とは違い性格などを変えている事に関しましてはご了承ください、読んでからのクレームなどは一切受け付けません。
  • SCP財団の博士によるSCP解説と考察

    SCP財団の博士によるSCP解説と考察(1枚目)

    リクエストがあったら是非コメントまで! ちなみに資料はこちらから SCP-173 [http://ja.scp-wiki.net/scp-173] SCP-096 [http://ja.scp-wiki.net/scp-096] SCP-682 [http://ja.scp-wiki.net/scp-682]
  • バレンタイン 後編

    Happy Valentine!! いやぁ、間に合って良かった...。中々、絡みを書いていない049と096の2人をメインにすると、難しかったな... 設定は考えてあるけど、動かすのがなぁ... 096の情緒不安定さを全く今まで出してなかったので、出してみましたww あとは、あのお2人ですね。ノリをノリで返すので変な方向に行く106と035w クスッと笑って貰えたら嬉しいです...ww 前編→ https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=16933210 Author: Dr Gears Title: SCP-106 - オールドマン Source: http://www.scp-wiki.net/scp-106 CC BY-SA 3.0 Author: Kain Pathos Crow Title: SCP-035 - 取り憑くマスク Source: http://www.scp-wiki.net/scp-035 CC BY-SA 3.0 Author: Gabriel Jade その後djkaktus および Gabriel Jadeによって改訂 Title: SCP-049 - ペスト医師 Source: http://www.scp-wiki.net/scp-049 CC BY-SA 3.0 Author: Dr Dan Title: SCP-096 - "シャイガイ" Source: http://www.scp-wiki.net/scp-096 CC BY-SA 3.0
  • SCP

    とあるSCPの報告書

    またまたオリジナルSCP♀×SCP-096の話 今回も手を出します。 無理矢理というかなんというか… その他報告書内出演 オールドマン キチクマ クソトカゲ 幼女 前回適当かつ眠い中考えたタイトルのせいで次のタイトル考えるのが大変になっちまったよ
  • SCP達が遊ぶようです。

    SCP達が公園で遊ぶようです。

    深夜テンションで書いてしまいました。 続きます。多分。 やる気とやる気とやる気と時間があれば漫画にしたいなって思ってます…うへ… Author: ProfSnider Title: SCP-999 - くすぐりオバケ Source: http://www.scp-wiki.net/scp-999 CC BY-SA 3.0 Author: Moto42 Title: SCP-173 - 彫刻 - オリジナル Source: http://www.scp-wiki.net/scp-173 CC BY-SA 3.0 Author: tsucchii0301 Title: SCP-910-JP - シンボル Source: http://scp-jp.wikidot.com/scp-910-jp CC BY-SA 3.0 Author: 不明 Title: SCP-079 - オールドAI Source: http://www.scp-wiki.net/scp-079 CC BY-SA 3.0 Author: Dr Gears, Epic Phail Spy Title: SCP-682 - 不死身の爬虫類 Source: http://www.scp-wiki.net/scp-682 CC BY-SA 3.0 Author: Dr Dan Title: SCP-096 - "シャイガイ" Source: http://www.scp-wiki.net/scp-096 CC BY-SA 3.0 Author: Dr Gears Title: SCP-053 - 幼女 Source: http://www.scp-wiki.net/scp-053 CC BY-SA 3.0
  • 4人の宴

    皆様、Merry Christmas! という事で、クリスマスの小説書いてみました!いやぁ、間に合って良かったww 表紙は...サボりましたw オールキャラって何気に書くの初なんですよねぇ。皆で仲良く宴会?してもらいましたw Author: Dr Gears Title: SCP-106 - オールドマン Source: http://www.scp-wiki.net/scp-106 CC BY-SA 3.0 Author: Kain Pathos Crow Title: SCP-035 - 取り憑くマスク Source: http://www.scp-wiki.net/scp-035 CC BY-SA 3.0 Author: Gabriel Jade その後djkaktus および Gabriel Jadeによって改訂 Title: SCP-049 - ペスト医師 Source: http://www.scp-wiki.net/scp-049 CC BY-SA 3.0 Author: Dr Dan Title: SCP-096 - "シャイガイ" Source: http://www.scp-wiki.net/scp-096 CC BY-SA 3.0
  • カゲヒサのハチャメチャな日常

    危険!巨大海洋生物

    この作品は、クリエイティブ・コモンズ表示ー継承3.0ライセンスに基づき作成されています。 お借りしたもの SCP-1128『恐怖の水棲生物』 著者:Mrcobalt氏 http://scp-jp.wikidot.com/scp-1128 SCP-096『シャイガイ』 著者様 Dr dan氏 http://scp-jp.wikidot.com/scp-096
  • おしおきコーナー

    おしおきコーナー その10

    ※カービィ擬人化注意! ※パロディ注意! 今回はジェノン(https://www.pixiv.net/users/39081434のオリキャラ)をお借りしました。
  • アズレンで見るSCP

    第2話 SCP-096

    2回目はシャイガイです。もう一つ紹介しようと思ったんですが、シャイガイの流れからだとどうしても気が重くなりそうだったので、シャイガイだけにしました。 意味が分からない上に防ぎようのない理不尽さが怖いですよね、シャイガイは。 ※追記(8/9) SCP-096はEuclidでした。Keterと勘違いしてましたorz 指摘してくださった方、本当にありがとうございます。 アズレンで見るとか言いながらアズレンらしさが皆無だなぁ……と書きながら悩んでいました。まぁ、趣味の面白半分で書いているのでご容赦ください。本妻(?)は短編の方なので! ※コメント欄でどういう世界観なのか、という質問があったので、簡単な説明を。 「SCPのある現実世界」と「アズレン世界」だと国名や地名、そもそもの価値観が異なる可能性があったので、現実世界を「あっちの世界」、アズレン世界を「こっちの世界」という風に位置づけています。その方がSCPの説明時に矛盾が出ないと判断しました。この作品の指揮官は現実世界の元住人と考えてもらっていいです。何故、どうやってアズレン世界に来たかはぶっちゃけ考えてません。何かしらのSCPのせいにしようか、とは考えてます。良い感じのSCPがあれば是非とも教えてください。 SCP-096 - The "Shy Guy" by Dr Dan http://www.scp-wiki.net/scp-096 http://ja.scp-wiki.net/scp-096 この作品は『 クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス 』に従います。 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/deed.ja
  • 蒼のカービィ+カレコレ屋

    脱出! SCP刑務所

    ※カービィ擬人化注意! ※パロディ注意!

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    まつお

    読む
  2. 2

    和間そばえ

    読む
  3. 3

    原作:当麻リコ・櫻田りん・鬱沢色素・雨傘ヒョウゴ 漫画:春木ハル・根子真依・小森タヲ・麻呂ねこ

    読む

pixivision

カテゴリー