ピクシブ百科事典

目次[非表示]

誰にだって見られたくないものはある。





SCP-096とは、SCP財団に収容されているオブジェクトである。
その謎めいた特性と危険性から人気が高く、有名どころのSCPオブジェクトと並び知名度が高い。

詳しい解説はSCP財団日本支部の該当ページへ。

概要

海外のシェアワールド「SCP_Foundation」に登場するモンスター
「シャイガイ=恥ずかしがり屋」。

人型の生物で、身長がおよそ2.38mある。
筋肉量はとても少なく、両腕の長さが1.5mと、身体とひどく不釣り合いな長さをしている。
身体には目を除いて色素がなく、体毛は一切ない。また顎を平均的なヒトの4倍の大きさで開ける事が確認されている。
脳も未発達で、通常の行動から確認する限り知性は欠如している。視力があるかどうかも不明。
軽度の栄養失調を起こしている事が検査で確認されている。なお特に食事を必要とはしておらず、給餌されずとも餓死する様子はない。

こうした見た目に反して、外部からのダメージに対して極めて強い防護力を持つ。
50口径弾だろうが対戦車ミサイルだろうが傷一つ負わず、苦痛を感じている様子も見せない。
後述する「恥ずかしがり屋」の行動に伴い、この特性は恐るべき脅威となっている。

5m×5m×5mの鋼鉄製の密封された独房に収容されており、保全員は週一で独房に裂け目や穴ができていないかを検査する。
この独房の中に監視カメラや光学的道具を設置する事は固く禁じられており、圧力センサーとレーザー検出器によってのみ独房内のSCP-096をチェックする事が義務付けられている。

通常はおとなしく、1日の大半を独房内の東側でうろうろしている事が圧力センサーの記録で判明している。
しかし、それも何者かがSCP-096の「顔を見る」までのこと。SCP-096は顔を手で覆い、叫び始め、泣き、支離滅裂なことを叫び始める。
およそ1、2分後、SCP-096は自分の「顔を見た」対象に向かって走り始め、どこにいようとも殺してしまう。ただし、どのように殺すのかは報告書に書かれていないため不明。
35km/h~███km/hの速度で移動することが記録されており、これは殺害対象からの距離に影響する。
対象の殺害後は落ち着きを取り戻し、数分その場にとどまった後で、収容前に生息地としていた██████へ戻ろうとする。この時財団の回収部隊は顔を見ないようにした上で、SCP-096の頭に袋をかぶせて独房に戻しているが、この時特に抵抗はしない。

この「顔を見る」という行為は、直接でも、映像記録を通じてでも、写真を通してさえでもさえ発生してしまう。
更には、偶然撮影された写真にたった4ピクセルしか写っていない状態や、対象が『見た』と認識できない僅かな時間、網膜に一瞬映っただけでも、「顔を見た」と判定されてしまう。
距離も環境も障害も全くの無意味であり、SCP-096の顔を見てしまった者は、100%逃れられない
更に、対象を追いかけている時のSCP-096は顔を隠さない。この時SCP-096の顔を偶然第三者が見た場合も、例外なくターゲットにされる。
SCP-096が危険とされているのは、大方この性質が原因である。

ただし、絵に描かれた顔を見た場合は反応が起きない
この「絵」を財団が入手した際の実験は、以下の通り。

  1. 絵が得意なDクラス職員(元タトゥーアーティスト)を、SCP-096の収容施設から約███km離れた場所の深海10,800メートルに、潜水球に乗せた状態で沈める。
  2. 潜水球にはあらかじめSCP-096の顔を撮影した写真とスケッチに必要な道具が収納されており、指令を受けたDクラスは模写を開始。
  3. この時点でSCP-096は活性化して施設を脱走、ポイントに向けて移動を開始。あらかじめルート上の民間人や撮影機器は全て避難させられていた。
  4. 12分後、スケッチが完了。指定された気密性ボックスに入れられる。
  5. 数分後、SCP-096が潜水球に到達、破壊を開始。Dクラス職員は██████。
  6. その後、目的を果たして無抵抗になったSCP-096とボックスを回収。

これにより、被害を出さずともSCP-096の顔を確認する事が可能となった。

ある並行世界では、よりにもよってSCP-096の「顔」がTV番組に登場している。
その番組が別のSCP『別時代より生放送でお届けしております』(SCP-2238)によってこちらの世界で無差別放送された際には、別世界の個体であるにもかかわらず起動し、大惨事を招いた。この事件を機に、2238はSafeから一気にKeterに格上げされている。
なお、その並行世界のSCP-096は、番組収録時には「終了」された個体であった。なので、無力化する方法は存在する模様。

みんなだいすきクソトカゲこと『不死身の爬虫類』(SCP-682)の終了実験にも登場。
27時間にわたる激闘の末、SCP-682の肉体の85%を喪失させるという戦果を出した。ただしSCP-096も無事ではなく、激しく負傷して怯えたようにうずくまっているのを確認されている。
そして2回目の試みでは、SCP-096の方から顔を背け、自分の顔を引っ搔いて吠えながら周囲を飛び回るだけに終わっている。よほど恐ろしかったらしい。

ダイナミック収容違反

コロコロコミック連載の漫画ブラックチャンネルのSCP特集漫画においてまさかの登場
自分の顔を撮影してしまったさとしを殺そうとし、ブラックの攻撃も意に介さずせいぜい追跡を遅らせる事しか出来なかった。
結果的にブラックが「SCP-096を目撃する前の時間軸に戻る」という奥の手を使うことで逃れることに成功している。
小学生向けの雑誌にコイツを出していいのか


関連タグ

SCP_Foundation SCP

ヘイホー…Shy Guy繋がり。

関連記事

親記事

SCPオブジェクト えすしーぴーおぶじぇくと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「SCP-096」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「SCP-096」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1064961

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました