ピクシブ百科事典

間違いピラミッド

まちがいぴらみっど

間違いピラミッドは理論において根本が誤っているためそれを基礎にした論がすべて間違いとなる状況を指す。
目次[非表示]

概要

この状況は例えば陰謀論疑似科学など、一般的に怪しいとされる理論仮説などに見られる状況であり、提唱あるいは提示された物の前提仮定自体捏造錯誤などが存在し正しくないと思われるため、それ自体が成立しなくなる、という状態をさす。また、そのような「誤った理論」を振りかざす人はたいてい説得不可能に近い、ということを示すネットスラングの一種である。

説得

このような「土台から間違った理論」を支持する人々に対し、その理論を誤りである、と認めさせるために説得を試みる場合、どの点が間違いかを指摘する、ということは難しい。というのも彼らは各論の正しさ( むろん前提が誤っている )を主張し、また人間というものは自らの間違いを認めない、という悪い性質( これを一部では「謝ったら死ぬ病」と呼ぶ )がみられることが多いこともあり、それは困難な行為となっている。

ネットスラングとしては

説得する為の説明を異なる説明で説明したり、内容を簡単にした説明であっても話主の意図と別の意味で受け取られてしまい、相手を説得するのに途方もない努力が必要かつ、説得を受ける側も説得される気はさらさらないため、論破するのが不可能状況を指す。

そのほか

関連タグ

ネットスラング
理論 仮定 間違い
ピラミッド バベルの塔 賽の河原
読めない 無理ゲー 焼け石に水

コメント