ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「他人の剣を振りかざそうとする奴に舞い降りる翼はない」

概要

文字通りの黒いピット。ピットと敵対するが冥府軍には所属していない。

人の心の中を映して、その邪心から魔物を生み出す「真実の魔鏡」によって誕生した。
これによって誕生した者はすべて冥府軍の支配下に置かれるはずだが、彼の場合、何故か冥府軍への忠誠をまったく欠いた状態で誕生した。(パルテナは『コピーが完了する直前にピットによって鏡が壊されたためではないか?』と予想している。)

ピットと違い、自分の翼で空を飛ぶことが出来る。セリフがやたらと中二病カッコいい(ピット曰く『キザ』)。

パルテナから「ブラピ」というあんまりなあだ名をつけられてしまった。理由はなんとなくかわいいから。
本人はかなり嫌がっている。ピットも「いいのかな?」と慌てていた。
(ちなみに英語版だと「ブラックピット」ではなく「ダークピット」になっており、あだ名も「ピット2」略して「ピッツー」になっている。)

が、あっという間に「ブラピ」が定着してしまい、戦闘前でもブラピ。シリアスなムービーでもブラピ。ほとんどの人物からもブラピ
挙句の果てにはカウント集の表記(つまり公式)でもブラピ。 もはや「ブラックピット」なんて名前無かったんや、と言わんばかりの扱いである。

ピ「まさかおまえはブラピ!」
ブ「だからブラピってなんだよ。」

そしてついに…

スマブラ3DS/WiiUパルテナ参戦ムービーの最後で不敵な笑みを浮かべているほか、参戦イラストにも小さく描かれている。このため、この頃から何らかの形で参戦するのではないかという見方が強かった。

そして、発売後に隠しキャラとして参戦していたことが判明
初期の頃はピットの下位互換染みた性能であったが、アップデートにより「神弓シルバーリップ」の弾速と「豪腕デンショッカー」のふっ飛ばし力が劇的に改善され、パワー型のピットと呼べる性能に変化した。
通常ワザも少し差別化はされている。弱百裂は後ろにも判定はあるので巻き込みやすいがフィニッシュの判定は狭い。横強もピットより弱いが低ダメージならダウン連が狙える

ブラピの攻撃ワザの中では唯一専用モーションの最後の切りふだ「ブラピの狙杖」は、同列のキャラを一撃で吹っ飛ばせる強力なワザ。低ダメージなら後投げで確実に当てることが出来る。
ピットより確実に相手を撃墜できる点が魅力である。

ちなみにピットが対戦相手がブラピの状態でスマッシュアピールを使うと、ブラピは、冥府軍との決戦のあと、ナチュレ率いる自然軍の幹部になった話が聞ける(同時にピットが使った光の戦車も自然軍が回収したらしい)。

なお、『X』と『3DS/WiiU』にはピットの色変えに黒いカラーリングがあるが、そちらは「黒ピット」と呼ばれ、区別されている。どちらも色はブラックピットと微妙に異なる。

そして、ついにあのアンブラの魔女が参戦してきた事によりピット共々彼女から挨拶代わりにフルボッコされてしまう。
とんでもないのがやってきたもんだ・・・


大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALでも続投。ピットのモデル替えなため、ダッシュファイターとして扱う形となった。デザインも原作の色合いになって作り直されている。通常ワザの弱体化調整がなくなったのでピットと同じ威力に。神弓シルバーリップは前よりも弾速と威力が増加。軌道は僅かだが曲げやすくなった。

オンライン対戦ではシンプルなパワー型で尚かつ使いやすい性能なのでピットより使用率は高い。
必殺ワザの火力と撃墜性能はブラックピットが上。汎用性の高い豪腕デンショッカーはダメージ稼ぎ、撃墜、復帰阻止にも役に立つため、豊富。神弓シルバーリップも性能変化したものの、弾速増加とベクトル変化によって撃墜手段にも使える。
その分、復帰阻止はピットより劣るため常に攻め続けるのが吉

勝ちあがり乱闘「つくられた戦士」は人工的または非自然的に生まれたファイターが登場する。ROUND6は原作再現のためにコピー元のピットが登場する。

関連イラスト

ぶらぴ
ブラピ


【塗ってみた】ブラックピット
黒ピット君



関連タグ

新・光神話パルテナの鏡 堕天使 中二病
ブラピ 黒ピット ピット
スマブラ3DS/WiiU 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL

ナチュブラ:ナチュレとのカップリング

関連記事

親記事

新・光神話パルテナの鏡 しんひかりしんわぱるてなのかがみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラックピット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2713764

コメント