ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

20世紀末、魔王サタンを復活させるために世界各地で「悪魔の側の人間(デビルサイダー)」が活動を始めた。

それに立ち向かう、神の血をひく戦士「神の側の人間(ゴッドサイダー)」の活躍を描く作品。

表現・描写は「コブラ」なども連載を終了した1980年代中期にあってはかなり強烈で、ある意味、1980年代のジャンプのエロやグロの象徴的作品でもある。

2000年代に入って作者本人による派生作品が複数描かれている。

登場人物

中心となる神の側の人間は、各々に十天闘神という十の文字のひとつを司る神々の一柱から加護を受けている。

鬼哭霊気(きこく れいき)

主人公。

神と悪魔両方の血を引く鬼哭一族の生き残りで、両方の力を吸収して使うことができ、サタンからは息子と呼ばれる。智を司る毘盧遮那(正確には五智如来すべて)の血を引く。

鬼哭流璃子(きこく るりこ)

ヒロイン。

霊気と同じく鬼哭一族の生き残りで、霊気の二歳年上の幼馴染。後に恋人。

最初は悪魔側の人間「水魔ブロケル」として登場したが、ハルパスの幼鳥を滅して霊気を救った為にベルゼバブに囚われ拷問を受ける。彼女の救出は、初期の霊気の目的の一つであった。

冥界の門付近へ赴き、死にかけた者を助ける「冥界逆葬送(めいかいぎゃくそうそう)」という能力があるが、傷ついた身体で使って自身が死にかけたり(これは霊気とマリガンによって切り抜けた)、すんでのところで助け損なって霊気を死なせてしまうなどの展開があった(霊気の師でもある行仁和尚が行った儀式によって復活しているが)。願を司る弥勒菩薩の血を引く。

阿太羅(あたら)

仏教僧。日本に赴いて霊気と合流する。生真面目な性格で、悪魔の血をひく霊気や軍人のマリガンなどに対して一歩距離を置いていたが、戦いの中で親友となる。

飛行・背中から千手観音のような多数の手を生やしての剣戟・溶けた鉄を飲んでも平気な胃などの能力を持つ。幼い頃の経験から蜘蛛を苦手とする。帝釈天の血を引く。

法粛(ほうしゅく)

阿太羅と同じ寺院で修行した僧。欧州に赴き、現地にとけ込むためにパンクロッカー風の格好をするようになる。悪魔を滅するためなら犠牲も厭わない性格だったが、戦いの中で多少和らぐ。

大英博物館から賢者の石を拝借、そこに封じられたメギドの火の力を使うもベルゼバブが放った愚者の石板から現れたユダによって、右腕を切り落とされるが、義手の力で補う。方便を司る。

クラッシュ・マリガン

筋骨隆々なアメリカの軍人。元アメフト選手で葉巻をくわえている。故郷メーン州の孤児院が悪魔に滅ぼされたときに神側の人間として覚醒し、軍人となって悪魔と戦う。荒っぽい性格。

その巨体や、聖なる光を放つジーザス・フラッシュ、幻影の兵士を出すなどして戦う。力を司る伐虎羅(ばこら)天の血を引く。

外部出演

ファミコンジャンプ

霊気がプレイアブルキャラクターとして参戦。最終決戦では当時魔族設定であったラスボスであるマジュニアを「神魔血破弾」一撃で落とせるという隠し要素があり、専用セリフもあった。

そもそも、鬼哭霊気は「神と悪魔の両方の力を使える」≒「ある意味で神・魔両方にとっての天敵」なので、魔族に強いのは原作準拠とも言えるが、同時にかなり優遇されたキャラとも言える。

またゲーム開発時に強敵だったラスネール伯爵(上記に無いので追記願います)が最終決戦の7番手として立ちはだかる。キン肉スグルで挑むのが良いが、ランダム発動回避としてのテレポーテーションと、3度の復活が厄介。

余談

その作風からか、pixivにおいては週刊少年ジャンプ連載の作品にもかかわらず2023年8月時点での投稿作品のR-18率が95%以上とすさまじく高い。同じ週刊少年ジャンプ連載のお色気作品として名高いToLoveる及び続編のToLoveるダークネスですらR-18率が5~60%程度、てんで性悪キューピッドが70%台ということを考えると驚異的ともいえる。

さらに言えば作品全体の投稿数が2400件を超えている状況でありながら達成しているという点でも驚異的である(前述のてんで性悪キューピッドが作品全体の投稿数が120件超なのでさらに驚異的である)。

関連タグ

週刊少年ジャンプ 漫画

関連記事

親記事

巻来功士 まきこうじ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7522691

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました