ピクシブ百科事典

ゴッドサイダー

ごっどさいだー

巻来功士作。週刊少年ジャンプ1987年27号より連載開始。
目次[非表示]

概要

20世紀末、魔王サタンを復活させるために世界各地で悪魔側の人間(デビルサイダー)が活動を始めた。
それに立ち向かう、神の血をひく戦士神側の人間(ゴッドサイダー)の活躍を描く作品。
表現・描写は「コブラ」なども連載を終了した1980年代中期にあってはかなり強烈で、ある意味、1980年代のジャンプのエロやグロの象徴的作品でもある。
2000年代に入って作者本人による派生作品が複数描かれている。

登場人物

中心となる神の側の人間は、各々に十天闘神という十の文字のひとつを司る神々の一柱から加護を受けている。

鬼哭霊気(きこく れいき)

主人公。神と悪魔両方の血を引く鬼哭一族の生き残りで、両方の力を吸収して使うことができ、サタンからは息子と呼ばれる。智を司る瑠遮那奈仏(正確には五智如来すべて)の血を引く。

鬼哭流璃子(きこく るりこ)

ヒロイン。同じく鬼哭一族の生き残りで、霊気の幼馴染で後に恋人。
最初は悪魔側の人間「水魔ブロケル」として登場したが、ハルパスの幼鳥を滅し霊気を救った為にベルゼバブに囚われ拷問を受ける。彼女の救出が初期の霊気の目的の一つである。
冥界の門付近へ赴き、死にかけた者を助ける能力がある。願を司る弥勒菩薩の血を引く。

阿太羅(あたら)

仏教僧。日本に赴いて霊気と合流する。生真面目な性格で、悪魔の血をひく霊気や軍人のマリガンなどに対して一歩距離を置いていたが、戦いの中で親友となる。
飛行・背中から千手観音のような多数の手を生やしての剣戟・溶けた鉄を飲んでも平気な胃などの能力を持つ。幼い頃の経験から蜘蛛を苦手とする。帝釈天の血を引く。

法粛(ほうしゅく)

阿太羅と同じ寺院で修行した僧。欧州に赴き、現地にとけ込むためにパンクロッカー風の格好をするようになる。悪魔を滅するためなら犠牲も厭わない性格だったが、戦いの中で多少和らぐ。
大英博物館から賢者の石を拝借、そこに封じられたメギドの火の力を使うもベルゼバブが放った愚者の石板から現れたユダによって、右腕を切り落とされるが、義手の力で補う。方便を司る。

クラッシュ・マリガン

筋骨隆々なアメリカの軍人。元アメフト選手で葉巻をくわえている。故郷メーン州の孤児院が悪魔に滅ぼされたときに神側の人間として覚醒し、軍人となって悪魔と戦う。荒っぽい性格。
その巨体や、聖なる光を放つジーザス・フラッシュ、幻影の兵士を出すなどして戦う。力を司る憤怒僧の血を引く。

関連タグ

週刊少年ジャンプ 漫画

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴッドサイダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99592

コメント