ピクシブ百科事典

てんで性悪キューピッド

てんでしょうわるきゅーぴっど

冨樫義博の漫画作品であり、初連載作品でもある。
目次[非表示]

概要

現実の女性に興味がない極道の跡取り息子と、彼を好色な性格にするために奮闘する悪魔の娘の日々を描いたラブコメディ。そのコンセプトから所謂サービスカットが多いことで知られる。週刊少年ジャンプにて連載、単行本(ジャンプコミックス)全4巻完結。

作品解説

週刊少年ジャンプ連載、単行本全4巻。メディアミックスは2012年現在、行われていない。

関東大獄系鯉昇組の跡取り息子・鯉昇竜次は、しかしその肩書き等とは相反する純情で大人しい少年であった。あまりにも価値観の違いすぎる自宅をある日とうとう飛び出した彼は、その道すがら水浴びをしている娘の姿を目撃してしまう。彼の目を引いたのは娘の姿だった。その娘には、黒いが生えていたのだ──!

いわゆる「異性とは無縁に過ごす主人公のもとに、ある日突然美少女がやって来て、ひとつ屋根の下で暮らすことになる」というタイプの、典型的な押しかけ女房ラブコメディである(異性とは無縁な理由がやや特異ではあるが)。この手のタイプの作品傾向、さらに本作のコンセプトそのものの都合もあって、いわゆるサービスカットが非常に多い(このため当pixivでもセクシャルなイラストレーションが多い)。

記念すべき冨樫の初週刊連載作品であるが、冨樫にとっては半ば黒歴史になっているとのこと。

登場人物

鯉昇竜次

本作の主人公。関東大獄系鯉昇組の跡取り息子であるが、その自覚は皆無であり、むしろ純情で初心な性格ですらある。現実の女性に興味が無いが、これは姉妹(特に姉二人)の影響。飲酒などで理性が吹き飛ぶと暴力的で好色な性格に豹変することがある。

聖まりあ

本作のヒロイン。名前は「ひじりまりあ」と読む。人間の魂を付け狙う悪魔の娘であり、竜次を"更正"させるために鯉昇家に押しかける。奔放、かつ他人を拐かすことを好む性格。悪魔であるため角や羽などが生えているが、人間社会で生活するため入浴時と睡眠時以外は隠している。また魔法を使用することが出来、作中で頻繁に使用しているが、その一方で魔力量はあまり多くない。魔界に恋人がいる。

関連タグ

冨樫義博

pixivに投稿された作品 pixivで「てんで性悪キューピッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40768

コメント