ピクシブ百科事典

カシマ・桜花

かしまおうか

カシマ・桜花とは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場人物
目次[非表示]

概要

CV:興津和幸

タケミカヅチ・ファミリア】団長の男性冒険者。17歳。
ヤマト・命ヒタチ・千草サンジョウノ・春姫とは極東時代からの幼馴染で、彼女らの兄的存在。
ステイタスはLv.2で二つ名は武神男児(マスラタケオ)

人物像

ヒューマンでありながら身長190Cの大柄な体格を持つ。幼少期の頃から孤児として共に育った【タケミカヅチ・ファミリア】のメンバーの事は家族同然に思っている。団長という立場もあり仲間を守れるほど強くなろうと常に心がけており、そうした一面からファミリアメンバーの信頼も厚い。
基本的に情に厚い人物だが、時として冷徹な判断を下せるタイプ。スマートフォン向けアプリ『メモリア・フレーゼ』にて野盗に襲われ両親や弟、妹を失い孤児となってタケミカヅチの社に保護された事が判明する。社では一番年上で、常に明るく振る舞い命や千草を笑わそうとしていたという。その事からファミリアのためならば同業者からの悪意やモンスターからの被害を自分に集めようとする節があるらしい。

中層探索中に千草が負傷した事でモンスターの大群から逃げていた途中、丁度同じく中層に来ていたベルのパーティと居合わせ、彼らに『怪物進呈(パス・パレード)』(モンスターを押し付けるダンジョン内の戦法)を行い囮にし、結果ベル達は中層で孤立してしまうことになる。地上に帰還後、タケミカヅチにそれまでの出来事を伝え、事の顛末をヘスティアが知ることになるが、自分達を責めず力を貸してほしいと願う彼女に従い、救助隊に参加する。18階層でベル達と再会し囮にしたことについて謝罪するが、自分の主張を曲げずに「仲間の命を優先した判断は間違ってなかった」と答え、リリヴェルフから反感を買うが、ヘルメスの仲裁もあり納得はしないが割り切られる事となった。彼の過去やファミリアに対する想いから察するにヴェルフ達からの反感を自分一人に向けようとしたのかもしれない。その後リヴィラの街の冒険者にリンチにあっていたベルの救助や黒いゴライアスとの戦いにも共に向かっていき、特に黒いゴライアス戦の中で体を張ってベルを守ったことから戦いが終わった後に関係も改善。以降も度々ファミリアを率いてベル達の助太刀に来てくれている。特にヴェルフには「大男」と呼ばれ、現在は戦友と呼べる間柄である。

武神タケミカヅチの眷属という事もあり、あらゆる武術や武器の扱いに長けているが、戦闘ではその体格もあり大剣など大物を使った豪快な戦い方をし、パーティでは主に盾役など前衛を担っている。派閥連合による下層への遠征が決定した時は新たな武器を作ってほしいとヴェルフに頼み、戦斧『皇剛(こうごう)』を作ってもらっている。遠征では皇剛を使いモンスターを多く葬り、27階層の階層主アンフィス・バエナ戦でも春姫のウチデノコヅチによるレベル・ブーストに加え、命の重力魔法を利用することでアンフィス・バエナ右頭部を切断するといった活躍を見せた。

主神のタケミカヅチ同様に色恋沙汰には超鈍感。同じファミリアの千草から好意を抱かれているが彼女の気持ちに全く気付いておらず、深層での一件でリューのベルに対するあからさま過ぎる変化に派閥連合メンバー全員が察している中ただ一人「?」を浮かべていた。
しかし女性に興味がない訳ではなく、18階層で自分達より遥かに強い女性達の水浴びを(ヘルメスのせいで)覗いたベルを『漢だ』と称し、タイミング的にまだ和解してなかったはずのヴェルフと意気投合しながらその時の光景を聞こうとしていた。因みにスライダー体系が好みのご様子

余談

彼の過去が初めて明かされたのはメモリア・フレーゼのあるストーリー内だが、そのストーリーはまさかのゴブリンスレイヤーとのコラボである。クロスオーバー系で本編キャラの過去が明かされるというのはかなり珍しい。
彼自身このコラボではかなり優遇されている。ゴブリン相手に激しい怒りを燃やす桜花は必見。

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか タケミカヅチ・ファミリア
ヒタチ・千草 ヤマト・命 タケミカヅチ(ダンまち)
サンジョウノ・春姫 ヴェルフ・クロッゾ
朴念仁

関連記事

親記事

タケミカヅチ・ファミリア たけみかづちふぁみりあ

兄弟記事

コメント