ピクシブ百科事典

星宮六喰

ほしみやむくろ

デート・ア・ライブに登場するヒロイン(精霊)の名称。第14巻『六喰プラネット』より登場。

『むくは寂しさというものを感じぬのじゃ』
「これくらいのスキンシップは構わぬじゃろう?なにしろ家族じゃからのう?」

概要

デート・ア・ライブ第14巻より登場する第10の精霊セフィロトの樹に対応するダアトを除いたセフィラに対応する最後の人物。

自身の身長程の長さの黄金色のと瞳をした少女で、語尾の最後に「~じゃ」とつけたりなど近世の武家の女性の様な古風な言い回しをするが、一人称が自分の名前を縮めた「むく」と名乗るなど、何処か精神的な幼さを見せる事もある。なお、幼顔の割には琴理四糸乃と並んで敗北感を覚えた程の…以下省略(本人の名誉の為に省略)。

何時の事からは定かではないが、何だかの理由で世間との交わりを自ら断絶して宇宙空間を漂っていた為、その存在は〈神蝕篇帙(ベルゼバブ)〉の能力を得たアイザック・ウェストコットがその能力を使って居場所を掴むまで彼女の存在はASTはおろか〈ラタトスク〉すらも(DEMの攻撃に対する報復で初めてその存在を感知した)把握していなかった未知なる精霊である。

上記にもあるように世間との係りを一切断絶している上に過去に何かとてつもなくつらい経験をした為なのか、後述する自身の天使の能力によって自身の封印(完全に閉ざしている状態)している為、外部からどのような言葉を掛けようとも一切感情が変化しない。

それ故、鉄仮面のように無表情かつ感情の起伏が全くない上に抑揚のない喋り方をする為、人形の様な、冷たい無機質な印象を漂わせており、外部の状況には一切関心を持っていないが自身の平穏を犯すものには容赦はなく排除しようとする傾向が強い為、ただ話しかけただけでもいきなり殺害しようとしたりと攻撃的な一面を持っている(ただし彼女が興味を示した場合はその限りではない)。

また、過去のトラウマからの教訓からなのか、相手のを見透かすかして考えていることを察知する術に長けているらしく彼女の前での嘘や隠し事は一切無意味であるばかりか、即、死につながる可能性が高い。

その為に士道たち〈ラタトスク〉が接触を試みるも、彼女をデレさせる事はおろか逆に余計なお節介といわんばかりに士道の今まで行ってきた行為を自分のエゴと称して全否定した上に、今度自分に接触して来たら天使の能力で地球の自転を止めると警告して去って行ってしまいラタトスク側に大きな衝撃を与え、士道には大きなショックを与える事になるが……。
また、士道一人に霊力が集中しつつあるという状況の裏に何者かの陰謀を感じ取っている。

なお、とある世界で出会った人物によると“本当は彼女自身も1人で寂しくてたまらない為に感情を自身の力で封印しているだけ”と指摘していることから、本来は自身が傷つくことを何よりも恐れいている寂しがり家な性格の人物ではないかと推測していた。

彼女もまた<ファントム>から始原の精霊が自身の力を分割して人間に馴染ませるために加工した<霊結晶(セフィラ)>を与えられて精霊と化した元人間の少女

本来の性格は素直で純粋無垢な性格の持ち主だが、かつ士道と同じくかつて両親に捨てられ孤児院で幼少期を少していたという過去から家族の愛を実感できないままに育った為に、人一倍他人からの愛情を独占したいという思い=独占欲が物凄く強く、施設から星宮家に引き取られた後、義理両親義姉に大切に育てられていたが、ある日義姉が自分の知らない所で自分が知らない人物(義姉の人)と親しげな関係を築き上げていた事を知る。

さらに自分のを綺麗だと褒めてくれた義姉が友人からの言葉(悪意はない)でその言葉を曲げてしまった事に絶望し、1人で泣いていた所に<ファントム>と邂逅。<霊結晶>を与えられた事で現在の力を得ると家族からの愛情を独占したいが為に、周囲の者たちから家族に関する記憶を天使の力で封印し再び自分に家族を振り向かせようとするが、その行為が逆に仇と成り、自分を化け物だと見なした家族から拒絶されてしまい、自分の居場所を失ってしまうという本末転倒な事態へと陥ってしまう。その時の悲しみや絶望感から家族の記憶を封印し、二度とこのような悲しみを味合わない為に自身に天使の力を行使し、記憶と心を閉ざすと宇宙空間で1人寂しく眠りについていた。

士道と邂逅後<贋造魔女(ハニエル)>で模倣した<封解主>での封印を解かれた際に士道の記憶が流れ込んだことで、士道が自分とよく似た境遇であった事を知り、彼に好意を持つと、彼を“主様”と呼んで慕うようになるが、士道を独占したいが故に士道の周囲の者たちの記憶を封印してしまう(悪意はなく純粋に士道の事を思っての悪意無き悪意)。

しかしこれが原因で折紙の中で眠っていた一巡した世界の折紙の人格が表出したり、十香が反転体になるという事態を引き起こし、さらに士道の愛を勝ち取る為のバトルの際に十香の斬撃で髪を切られた事で暴走。

自分と士道以外の人物を排除する為に荒れ狂うが、その時の戦いに巻き込まれた士道に誤って重傷を負わせた事で絶望し、反転しかけるも士道の決死の説得により何とか踏みとどまり霊力を封印され、本当の意味での愛情を知り、家族、そして自分の居場所を得ることになった。

識別名は便宜的に〈ゾディアック〉。
霊装の〈神威霊装・六番(エロハ)〉は裏地に星座があしらわれたチャイナドレスのような形状をしており、頭部にはネコミミ(?)を彷彿とさせるパーツが付いている。

発顕させる天使は錫杖を思わせるような雰囲気を纏ったの形状をした〈封解主(ミカエル)〉。

能力としては対象に文字通り鍵を掛けて能力を封印する(実体がないものにも使用可能)ことや空間に孔を開けて閉じ込めたものを解放することができるが、奥の手のして錫杖から戟の形状に変貌し潜在能力を引き出す【放(シフルール)】や霊力はおろか分子間の欠乏を加除して分解する【解(ヘレス)】という名の必殺技を持つ。

なお、潜在能力を引き出した際の戦闘能力は魔王十香と互角以上に渡りあえるほどに上がり、それに合わせるかのように霊装の見た目も変化する。

「生命の樹(セフィロトの樹)」において対応する事象は以下の通り。

数字6名前六喰
神名エロハ霊装〈神威霊装・六番(エロハ)〉
守護天使ミカエル天使〈封解主(ミカエル)〉

そして髪の色が黄金()色なのは対応するティファレトから来ているものと推測される。

関連タグ

デート・ア・ライブ 精霊(デート・ア・ライブ)

セフィロト 宇宙 ロリ巨乳 ヤンデレ

万由里・・・同じく金髪のキャラ

pixivに投稿された作品 pixivで「星宮六喰」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 159221

コメント