ピクシブ百科事典

メツ(ゼノブレイド2)

めつ

メツとは、モノリスソフト開発・任天堂発売のRPG『ゼノブレイド2』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:中村悠一

物語最序盤、アヴァリティア商会会長のバーンを通して主人公レックスに高額な報酬と引き換えに沈没船をサルベージする仕事を依頼した集団の一人。屈強な体格の男で言動は荒々しく、ほぼ初対面のレックスに対しても"頼りになるかどうかを確かめる"ために不意に斬りかかったほどである。

ザンテツという名のブレイドを従えたドライバーであり、独特な形状の刃を展開する剣を逆手に持って戦う。
古代船の奥で"天の聖杯"と呼ばれる少女型ブレイド・ホムラとその剣を発見し、ホムラを船外へ運び出し残りのサルベージャー達も口封じの為に殺害しようとするが、レックスがホムラと同調しセイリュウの助けを得てホムラと共に逃げ去った事から天の聖杯を回収するという目的は失敗に終わってしまう。

メツらは何処の国にも属さない謎の秘密結社・イーラであり、その後レックス達の行く手に度々立ちはだかることとなる。

経緯(ネタバレ有)

第3話ではインヴィディア烈王国の首都フォンス・マイムにて少女を人質にホムラ一人を首都近郊の遺跡へと呼び出し、イーラのメンバー・ヨシツネと共に彼女を襲う。駆けつけたレックス一行との戦闘の末に自らを囮にレックス達を逃がそうとしたヴァンダムを殺害、一行を圧倒するが目覚めたヒカリの力によってザンテツ及びヨシツネのブレイド・カムイを倒され、退却した。

ここでブレイドを失った為武器が消滅するが、後にメツ自身がヒカリ(ホムラ)と対をなすもう一人の天の聖杯であることが判明。序盤にホムラを手に入れようとしていたのは、過去のヒカリとの戦いで欠損したコアクリスタルを補完し聖杯としての力を取り戻す為であった。なおドライバーは法王庁のマルベーニであり、コアクリスタルの形状はホムラと同じで色は紫色である。


第6話ラストでシンがホムラを連れ去るとその力を奪い取り、完全に聖杯として復活を遂げる。そしてモルスの断崖にて自らの剣を手にレックス一行の前に立ちふさがるが、この時の武器は前々作で主人公シュルクが振るったモナドに酷似している(ムービーではモナドイーターを表す「喰」の字が浮かぶ)。特にこの剣がモナドであるかどうかの明言はストーリー上では無いが、戦闘時のアーツ名がそのまんま「モナドイーター(喰)」「モナドサイクロン(轟)」「モナドアーマー(鎧)」そして「モナドバスター(斬)」であるためほぼ確実なものとみられる。なお、前々作にはないオリジナルのモナドアーツとして「モナドジェイル(ブレイド封印効果、漢字は不明)」も使用する。



メツが世界を滅ぼそうとする原因はドライバーであるマルベーニの影響を受けたものだと判明し、本人にもその自覚がある。世界樹の頂上に登りに会ったメツは、天の聖杯のデバイスのひとつ・アイオーンを起動、レックスと最終決戦をすることとなる。

その正体は旧世界にて、後の世界樹となる軌道ステーション・ラダマンティスに搭載されていた三基のコンピュータ「トリニティ・プロセッサー」の一つ「ロゴス」であり、後にヒカリ/ホムラとなる「プネウマ」、そして異世界に飛ばされた「ウーシア」と同列の存在である。このウーシアと同じ性能を持つと考えれば、メツがモナドを振るったのも頷ける話である。

余談

メツを演じた中村悠一は『ゼノブレイドクロス』にも主人公アバターの仲間キャラクターの一人として出演していた。

作中では「もう一人の天の聖杯」としてレックスやヒカリ/ホムラ達の前に立ちはだかるが、巷ではメツとホムラの役割が入れ替わったメツブレイドなるエピソードも存在する。

小僧との思い出を奪わないでくれぇ!

実際、本編ではぶっきらぼうな物言いながらも言動の端々でシンを慮るような言葉が多く、本質的には決して邪悪ではないことが察せられ、決着後にレックスが言っていたように彼が最初のドライバーだったのならばレックスにとっての心強い味方に成り得たかもしれない。

関連項目

ゼノブレイド2 シン
ホムラ ヒカリ

黄金の国イーラ

pixivに投稿された作品 pixivで「メツ(ゼノブレイド2)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76765

コメント