ピクシブ百科事典

クラウス

くらうす

主にドイツ系の男性名だが、一部作品では日本人の愛称として使用されている。
目次[非表示]

概要

クラウス(Klaus, Kraus, Krauss, Claus, Klause, Clauss)は主にドイツ語圏に多く見られる男子名、またはの一つ。 ニクラウス(Nicholas)より派生した。

『クラウス』という名の人物・キャラクター

(名字50音順)
実在


架空

MOTHER3』のクラウス

クラウス


コンピュータRPGの『MOTHER3』に登場する架空の人物。
フリントヒナワの息子で、主人公であるリュカとは双子の兄弟。
甘えん坊で泣き虫な弟と比べ、非常に活発な性格で、母からは「元気すぎて危なっかしい」とも。
実際、ゲーム開始直後から、寝ている弟を叩き起こし、プレイヤーの有無を言わせずに朝っぱらからドラゴとけんかごっこさせる兄っぷりである。

祖父の家から帰る際、ブタマスク達によって改造されたメカドラゴに、母ヒナワを目の前で殺されてしまう。母親の犠牲でなんとか生き延びるも、助けられた現場で、今度は事情を知った父フリントが半狂乱になり、父親が周囲の人間に暴力を振るう様を目撃。その後逮捕されたフリントに''芯の硬いりんご''を渡して、一人母の仇をとりに、ドラゴの棲む山へと向かった。
それきり彼は姿をくらましてしまうが……

MOTHER」シリーズが任天堂のゲームであることから、同社の作品のキャラクターを集めたスマブラXこと『スマッシュブラザーズX』には弟のリュカが参戦しているが、その色換えパターンのひとつに、クラウスカラーがある(あくまで色換えにすぎないので、髪型まで細かく再現はされず、リュカのままであるが)。

ゼノブレイド』のクラウス

侵食/ゼノブレイド


CV:浅沼晋太郎
ゼノブレイドの主人公であるシュルクに瓜二つな姿、同じ声の青年。
彼と同じ研究者であり、創世に関わる重大な研究を行っていた。性格は判然としないが恐らく探究心が強いだけで、悪い人物ではないと思われる。
登場シーンでは、モナドに何故漢字が浮かび上がるのかが判明する。
神に憧れており、人類が神に近付く為としてある実験を無理やり実行した張本人。そして、その結果彼は…
余談だが、クラウスの善心の転生した存在がなのかもしれない。

関連タグ

欧州人名の一覧
ニクラウス / ニコラウス

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「クラウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5973951

コメント