ピクシブ百科事典

モナド

もなど

『ゼノブレイド』の主人公シュルクが装備する大剣。
目次[非表示]

概要

全ての根源元素である『エーテル』に干渉する力を持つ剣。
かつてダンバンが使っていたが、あとにシュルクが使うことになる。
正当な資格無しに扱う事はまず不可能であり、天性のセンスを持つダンバンでさえも、モナドに体がついていかず利き腕が使えなくなる後遺症を患う程の深いダメージを受けた。

中央の空洞部のガラス状のプレート内に浮かぶ漢字の文字によって様々な力を発揮する。
(「疾」で素早さ上昇、「鎧」で防御上昇、「斬」で複数敵に大ダメージ攻撃など。)
使用者の成長により発動できる文字の種類は増える。なおこの浮かぶ漢字は作中では未知の文字として扱われている。

シュルクが使用した場合は未来の予知映像を見る事ができる「未来視(ビジョン)」という能力も発揮する。シナリオ的に重大な意味を持つ能力だが、バトル面では敵が即死・致命級の技を使おうとした時に発動。「未来視」で見た映像は基本的に行動で変えられるので、カウントがゼロになる前に防御力を上昇させたり敵を気絶させたりすると「死」の未来を回避できる。

関連タグ

ゼノブレイド
大剣
シュルク ダンバン





ここからはネタバレ要素が含まれております







かつてはハイエンター皇家に仕える神聖予言官が未来視を見るために触れる、儀式上の道具であった。
だが、その後ホムスの調査隊に寄って持ちだされるが、その際にモナドの中に眠っていたザンザに命を吸われ全滅してしまう。捜索隊に参加していた両親に同行していたシュルクもその時命を落としていたが、ザンザが自らの依り代としてシュルクを選び、命の代わりとなったことで生き延びる。そして、ザンザの使徒であるディクソンの手でモナドと共にコロニー9へと運ばれた。
物語終盤、機神界中枢でディクソンの手によりシュルクが意識を失うとともにザンザが目覚め、シュルクの身体から離れ、モナドを取り上げた。
その後はザンザの武器として使われるが、禍々しい形に変貌してしまっている。

真のモナド

真のモナドは世界に生きる者一人一人が持っているのこと。
通常は形もなく、力も無いに等しい。
上記の神剣としての『モナド』は狭義のモナドであり、本来『モナド』とはこちらを指す。
具現化しているザンザメイナスのモナドは創世や未来視といった超常的な力を秘め、他のモナドとは一線を画する。
サンザとの決戦の際、シュルクは青い光を帯びた大剣としてモナドを具現化させた。







そして7年後・・・


『ゼノブレイド』がWiiで発売されてから7年が経った2017年、ニンテンドースイッチ向けに『ゼノブレイド2』が発売されることとなる。
舞台は「世界樹」を中心に広がる広大な雲海と、その上を泳ぐ巨大な生物「巨神獣(アルス)」の体躯を大地とする国々。巨大な何かの身体がフィールドという点は共通しているとはいえそこには巨神や機神の存在の形跡は無く登場人物も一新。主人公が握る剣も赤くどことなくモナドの面影はあるがどうも「聖杯の剣」なる全くの別物らしいとあって、プレイヤー達はゼノブレイドクロス同様特にゼノブレイド1とは繋がりのない新規ストーリーだと理解してプレイし始めるのであったが・・・



















※ここからは「ゼノブレイド2」第7話〜最終話の重大なネタバレを含みます。














「−−ここまで来たことだけは褒めてやるぜ」




第7話、モルスの断崖にて主人公一行とプレイヤー達を待ち構えていた"もう一人の天の聖杯"メツは自らの聖杯としての力を取り戻して生み出した武器を手に立ちはだかる。
このセリフと共にメツの手の中で起動されたその武器には円形の部位があり、「喰」の文字が浮かび上がるのであった。
そう、外見は少々違うがどうみてもモナドである。

メツはモナドサイクロン(轟)・モナドアーマー(鎧)・モナドイーター(喰)・モナドバスター(斬)そしてモナドジェイル(メツのオリジナル)の五つのモナドアーツを駆使しプレイヤーを苦しめるが、ゼノブレイド1に存在した他のモナドアーツが彼のモナドにも搭載されているかは不明である。

同じく天の聖杯であるホムラ/ヒカリの「聖杯の剣」も同等の力があると考えられ、実際のところ覚醒ホムラが使う第三の剣にはモナド同様の円形の部位がある。こちらはモナドアーツを発揮することは残念ながら無かったが、覚醒ホムラの力によってレックスは「思ったことを自在に実現する力」を得ておりやはりこれも一種のモナドである可能性が高い。













なぜ天の聖杯がモナドを手にしているのか





最終話では世界樹が実は植物で覆われた人工建造物であることが判明。その正体は旧世界の文明が作り出した第一低軌道ステーション「ラダマンティス」であり、ゼノブレイドのラストにて人間時代のザンザクラウスが実験を行っていたあの宇宙ステーションのような施設そのものである。

そして作中度々語られていた「神」とは実験の強行によって世界を滅ぼし自らも左半身を失ったクラウス本人のことであった(なお、失われた左半身は閉じた宇宙−−ゼノブレイドの世界に飛ばされザンザ=巨神として生まれ変わっている)。

天の聖杯であるホムラ/ヒカリとメツの二者はかつてラダマンティスに搭載されていた三基のコンピューター「トリニティ・プロセッサー」のうちの「プネウマ」と「ロゴス」であることが判明。

クラウスの左半身と共に異世界へと飛んだ残りの一つ「ウーシア」がアルヴィースであり、ホムラ/ヒカリとメツ、そしてアルヴィースは同等の存在であることが明かされる。これが天の聖杯の武器がモナドである理由である。

pixivに投稿された作品 pixivで「モナド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57641

コメント