ピクシブ百科事典

ザンザ

ざんざ

「ザンザ」とは、『ゼノブレイド』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:谷口節浅沼晋太郎

ハイエンターによって監獄島に封じられていた巨人族の男
モナドについて詳しく知っており、シュルクの持つモナドの「枷」を外し、モナドⅡへと進化させるが……



以下、ネタバレ注意!!




























その正体は、物語の舞台である巨神界とそこに暮らす生命(ホムス、ハイエンター、巨人族など)を創造した張本人であり、遥か昔、モナドを手にし機神と戦った巨神そのものである。

だが、慈悲深い機神とは対照的に自分の生み出した生命を己の糧としか見なさない極めて冷酷な性格の持ち主で、生命を創り出したのも彼らが死んだ際に発生するエーテルを取り込んで自分を不滅の存在とするためであった。その巨神界の種族が機神界の種族との交流で文化的、精神的に進化していくことを心良く思わず、たまたまモナドを手にしたアガレスという巨人族の肉体を乗っ取り、テレシアと呼ばれる生命体を率いて機神界に対して戦いを挑んだが、やがて戦いの末に疲弊し、その隙を突かれハイエンターの始祖らに監獄島に封印されていた。しかし、そこに封じられていたのはあくまでもアガレスの身体を依り代にした分身であり、彼の本来の魂はモナドと共にヴァラク雪山のオセの塔にあった。14年前、シュルクを含むコロニー9のモナド探索隊がモナドを手に入れようと塔に侵入した際、彼らの命を吸い目覚める。その時、同行していたシュルクを自らの新たな依り代に選び、彼の体に宿っていた(つまり、物語開始前からシュルクは既に死んでいたことになる。ザンザが命の代わりになっていたお陰で生き延びることとなった)。
真の姿はシュルクに瓜二つであり、声も彼と同じである。

シュルクがモナドを使えたのも、ザンザがその体の内に宿っていたからである。シュルクの視る未来視はザンザが起こるべくして起こる出来事に導いていたもので、シュルクがモナドを使いこなせる器として成熟するまで潜伏していた。やがてシュルクの体から姿を現した彼は、今までシュルクが使っていたモナドを手にし対なる存在である機神メイナスを滅すると、世界の破壊と再生を行うべく巨神を目覚めさせる。そして、物語最後の敵としてシュルク達の前に立ちはだかることになる。

実は神となる以前はクラウスという、一人の人間だった。同じく人間だった頃のメイナスと共に新たな宇宙を創造する実験に携わっていた。まだ確証の取れていない実験を純粋な探究心で彼は実行してしまう。その結果、元の世界(地球らしき星)が消え、新たな世界―――巨神と機神の存在する世界が創り上げられた。そこでクラウスも巨神ザンザとして新たに生を受けることになったのである(人間だった頃の記憶は失っており、最期まで自分の正体を知ることはなかった)。

関連イラスト

自分以外の他者の存在を認めない人
神亡き世界


旧友
ゼノブレ本表紙



関連タグ

ゼノブレイド 巨神 モナド シュルク メイナス クラウス
アルヴィース ディクソン ロウラン

pixivに投稿された作品 pixivで「ザンザ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24290

コメント