ピクシブ百科事典

アルヴィース

あるゔぃーす

アルヴィースとは、北欧神話に登場する小人、もしくは『ゼノブレイド(Xenoblade)』のキャラクターのことである。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  • 北欧神話に登場する小人。表記は「アルヴィス」だったり「アルヴィース」だったり。「全てを知るもの」「大いなる賢者」などの意味を持つ。
  • ゲーム『ゼノブレイド』に登場するキャラクター。本稿で解説。


ゼノブレイドのアルヴィース

「変えたいかい?----未来。」

プロフィール

種族 ホムス
性別
年齢 ??歳
身長 170cm


概要

CV:程嶋しづマ

シュルクの前にあらわれる謎の青年。
モナドについて何かを知っているようだが……
(公式サイトより引用)

シュルクの前に幾度も姿を表し、時に夢の中で語りかけ、時に彼の窮地を助ける青年。
彼自身は皇都アカモートの皇家、エンシェント家で予言官を行っており、
皇家の未来はもちろん、ソレアンカリアンに対し、彼らの行く末を伝えることもあった。

また、かつてダンバンがまともに扱えなかったモナドを容易く使用したりすることも。
どうやらザンザに深い関わりがあるようだが・・・?


当然ながら銀髪が同じなあの騎士は関係ない。決して。

関連イラスト

ゼノブレ6周年
きみに託す世界




関連タグ

ゼノブレイド シュルク
ソレアン カリアン ロウラン

「それでも、戦うのかい?----無駄死にであったとしても?」

正体(ネタバレ)

以下からは、穏やかじゃないレベルのネタバレが含まれています。
未プレイの方は十分にご注意ください。



































アルヴィースはディクソンロウランと同じ、ザンザの使徒、しかも三聖の一人であった。
テレシアや他の使徒らと暗躍していたのもそのためである。

物語終盤、機神界でエギルにとどめを刺さなかったシュルクが、ディクソンに撃たれザンザにモナドを取り返されたしばらく後、夢の中で自らの正体を知り、自身のしてきたことを「無駄」だったと悟ろうとしていた時に登場。
シュルクにザンザの思惑や未来視についてを詳細に話したうえで、シュルクにこれからどうするかを尋ね、真意を確かめた。

そのおかげでシュルクは眠りから目を覚まし、テレシアたちを相手に窮地に陥っていた仲間たちをモナドレプリカを用いて助ける。
そのすぐ後、アルヴィースが使徒であることを明かすのだが、それに動じることなくシュルクは応える。その際のシュルクは、あのディクソンを震えさせるほどの覚悟と気迫を持っていた。

最後の最後に明かされる、その本当の正体は・・・・・・
形こそ違うが、まさしく元の名前の人物である「全てを知るもの」としての活躍と言えよう。







その後続編では全く異なる世界での物語が展開され登場することはない。しかしながら物語の鍵を握る「天の聖杯」ことヒカリメツがかつては相転移実験施設の三基のコンピュータのうちの2つであり、残りの1つは相転移実験に伴って彼の半身と共に異次元に消えた、と語られていることから名前こそ出ないもののアルヴィースのことを指しているとみて矛盾がない。
『2』風に言うなれば3人目の聖杯とも定義できるが、DLCにおいても特に登場することはなかった。代わりにシュルクとフィオルンが登場しているが、レックス達とシュルク達を引き合わせた謎の光は『1』ラストの人の姿なき光となって語りかけたアルヴィースに似ていなくもない。

真の関連タグ

モナド ザンザ メイナス クラウス

pixivに投稿された作品 pixivで「アルヴィース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27881

コメント