ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※この記事は『ゼノブレイド2』のネタバレを含みます



「…覚悟はあるか?」

「『あの子の本当のドライバーになる覚悟はあるのか?』と聞いておる」


「オレはホムラヒカリの本当のドライバーになりたい」

「なって、二人を楽園に連れて行ってやりたい!」








「君の全てをオレに…

新たなる剣



 このオレにくれーっ!!」

概要

もう大丈夫。もう、迷わない!

物語終盤、イーラに連れ去られたホムラを助けるべく、レックス達は伝承に登場する天の聖杯の第三の剣を求めた。

その剣は天の聖杯が真の力を行使する際に顕現し、かの英雄アデルですら強大過ぎる力を恐れ、いずこかに封印したとされていた。
そしてレックスが剣を手にするも、長い歳月の中で風化しており、その手の中で朽ち果ててしまう。しかし彼女たちが抱く「恐れ」を知ったレックスは、仲間たちと共にホムラの下へと向かう。

一方ホムラは、天の聖杯の力を取り戻そうとするメツによってコアの情報を奪われ、物言わぬ人形と化してしまう。
シンとメツの二人と戦う最中、ホムラとヒカリはレックスの心に語り掛け、世界を滅ぼしかねない聖杯の力を恐れ、楽園に向かう目的が「自らの存在を消滅させるため」と打ち明ける。

しかし、レックスの決意に心を動かされ、自分の全てをレックスに預けると決意した時、本来ならばありえない再同調という奇跡を起こす。

Pneuma
センシティブな作品


再同調した事により朽ち果てたはずの第三の剣が再生し、ホムラとヒカリは全てのブレイドの頂点であるマスターブレイドとして覚醒し蘇る。また、レックスも全てのブレイドの力を行使するマスタードライバーとしての力を得ることとなる。それに伴い衣装も変化した。
その方が格好いいでしょ?

ちなみに、このマスターブレイドの姿はホムラとヒカリが、混じり合った(劇中のレックスの発言)姿であり、性格や口調も二人のものが混ざっている印象を受ける。ヒカリ曰くあの姿が天の聖杯としての真の姿であるとのこと。
初めての覚醒後、この姿の呼び名をホムラとヒカリのどちらにするかを選ぶことになり、ここで悩むプレイヤーも多いとか。どちらを選ぶかで以降のイベントや一部モーションに若干の違いが出てくる。なおイベントシアターで両パターン見ることはできる。

上記の呼び名選択もあり、プレイヤー間では『覚醒ホムラ』『覚醒ヒカリ』『ホムリ』や『カフェオレ(レックスの発言より)』等いろいろと呼ばれているが、本名は胸元にギリシャ文字で『Πνευμα』と刻まれている通り、プネウマであり、公式サイトでもそう呼ばれている。ただし劇中では「ホムラ」か「ヒカリ」と呼ばれており、どちらで呼ぶかは任意に選択できる。

ちなみに、上記サイトで触れられている通りゲーム中では彼女の立ち絵は存在せず、覚醒モードのときに顔アイコンが出るだけだったのだが……。

奇跡の正体

ゼノブレイド10周年


その正体はアルスト世界ができる以前の旧世界における相転移実験施設のコンピュータ「トリニティプロセッサ」のうちの一つプネウマ(「Πνευμα」、ギリシャ語で聖霊などの意)であり、胸元のギリシャ文字そのままである。(この姿の名前の由来もここから)

トリニティプロセッサはその名の通り三つのコンピュータからなるが、残りの二つはそれぞれロゴス(Λόγος)、ウーシア(Οὐσία)という。ロゴスは後にマルベーニと同調し、もう一人の天の聖杯・メツとなり、ウーシアは相転移実験を実行した際に半身と共に消失してしまった。おそらく、転移した先でとなったとみられる。

性能

属性
ロール攻撃
武器聖杯の剣(専用)
物理防御60%
エーテル防御60%
補正-
クールタイム-
必殺技
  • Lv1:スターバースト
  • Lv2:シャイニングフレア
  • Lv3:ジェネシスセイバー
  • Lv4:インフィニットブレイド
ブレイドアーツリキャストアップ、会心アップ、アーツ強化
バトルスキル-
フィールドスキル-
アシストコアスロット数-


見ての通り技の名前は光と炎を想起させるものになっている。
戦闘中に一定の条件(パーティゲージ満タンかつホムラ/ヒカリとのキズナが最大)を満たした場合にのみ、ホムラまたはヒカリを覚醒させることで使用できる。
覚醒させている時間には限りがあり、覚醒が解除されてしまうとその戦闘が終了するまで再度覚醒することができない。そのため、覚醒のタイミングは自ずと限られてくるだろう。マスターブレイドであるだけに、他のブレイドとは一線をなす性能をしている。
基本的な属性は光であるが、必殺技の属性はプレイヤーが任意に変更して使用できる。全ての属性で攻撃できるため、どんなブレイドコンボもプネウマがいれば時間の続く限り成立させることが可能。
但し、元のホムラとヒカリのバトルスキル等は持っていないため、ヒカリの時のようなアーツの連続使用はできないため注意。チェインアタックの際は、全ての属性玉に一回ずつ攻撃するという仕様であり、光属性を持つものの闇の属性玉には二回分のダメージを与えることは出来ない。

エンディングでは(ネタバレ注意)

『神』との接触後、メツは星を破壊するために生み出された巨大兵器アイオーン・デバイスに乗り込む。そこへ駆け付けたレックスたちと最後の戦いを繰り広げる。
死闘の末にレックスとプネウマの合体攻撃によってメツは消滅。しかし扉(ゲート)が消えたことで世界樹の崩壊が始まり、このままでは下部分がアルストに落下してしまう。世界を救うためにプネウマは「世界樹を成層圏まで押し上げアルストから遠ざける」という作戦を提案する。まず脱出艇までレックスたちを案内させたが、プネウマは皆の元へ行くことはなかった。

プネウマ


彼女が話した作戦は嘘であり、本当の狙いはアイオーン・デバイスに残された力を解放して世界樹を完全に破壊することにあった。要するに巨大兵器を自爆させるつもりだったのだ。当初は自分も残ると口にしたレックスだが、直後に彼女たちのコアクリスタルが移植され完全な形となってレックスから離れる(レックスの衣装も元に戻り、ホムラたちと出会う前に戻った)。もう天の聖杯のドライバーでなくなったレックスは、彼女たちの想いを汲むことを決意する。

レックスたちが脱出すると同時にアイオーン・デバイスは自爆し世界樹は消滅。その余波に巻き込まれた脱出艇は一瞬で崩壊し、レックスたちはアルストの空へと投げ出されてしまう。しかしこれを見越していたプネウマは次の手を打っていた。事前にじっちゃんに力を与え、いつでも成体に戻れるようにしていたのだ。続けてアルスト各地の巨神獣たちが一つに集い、新たな大地を、楽園を形成する。

こうしてプネウマの犠牲によってアルストは救われた。じっちゃんの背中から始まったレックスの冒険は、じっちゃんの背中の上で終わったのだ。




































ホムヒカ


その時、もう一つ奇跡が起こる。
レックスが持つ天の聖杯のコアクリスタルが光り輝き、ホムラとヒカリを別々の存在として再生させたのだ。
少年と少女の出会った物語は、少年が少女たちと再会するところで幕を下ろすのだった。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL

ホムラ/ヒカリの参戦に伴い、なんとスピリットで登場。DLCでホムラ/ヒカリを購入することでいつでも挑めるようになる。
しかもスマブラの為に新規描き下ろし立ち絵が用意された。ランクは無論LEGEND(★★★★)。当然、ストーリー後半で登場する姿なのでネタバレとなる(ホムラ/ヒカリのつかいかたの動画ではモザイクで隠していた)。
また、ホムラ/ヒカリのカラバリの1つにプネウマ風のものが用意されている。

憑依されているのはプネウマカラーをした本人のホムラ/ヒカリ。お供としてレックス役のシュルク(青)もいる。体力制でアイテムは出てこないので実力勝負になる。
ギミックとして切りふだスタンバイと体力が一定以下になるとメタル化と移動速度アップが発動する。原作にある覚醒状態を意識していると思われる。プネウマのスピリットを入手するとこの効果が使えるようになる。

なお、プネウマ自体が終盤におけるネタバレの塊のような存在のため、このスピリットの存在が告知された動画「ホムラ・ヒカリの使い方」では、ネタバレ回避のためマスタードライバー化したレックス(ホムヒカ実装と同時にレックスから超化できるようになった)ともども厳重なモザイクが施されたうえで紹介されている。また、動画内で桜井政博氏は、終始このキャラを「プネウマ」と呼称している。(画像にモザイクをかけても名前だけで十分なネタバレである)
ホムヒカの実装に触発されてゼノブレイド2をプレイしたプレイヤーにとってはとんでもないネタバレであり、察しのいいプレイヤーならプネウマのスピリットを見た時点でホムヒカの関係者だと気づいてしまうだろう。

関連イラスト

光
プネウマちゃんまとめ 10月後半


センシティブな作品センシティブな作品



関連項目

ゼノブレイドシリーズ ゼノブレイド2
レックス ホムラ ヒカリ
メツ ???(ネタバレ注意!!)齋藤将嗣(スマブラでの立ち絵の製作者)

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「プネウマ(ゼノブレイド2)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「プネウマ(ゼノブレイド2)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6196547

コメント