ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「私の命を 半分あげます」
「私を 楽園に連れていって」

プロフィール

性別女性
好きなジャンル野菜
好きなアイテムセリオスティー木目アルプホルン
傭兵団名ファイアー勇者軍団
CV下地紫野
イラストレーター齋藤将嗣


概要

主人公レックスのパートナーとなるブレイドの少女。
アルストの中心にそびえたつ世界樹の上にあるという「楽園」を故郷と呼び、楽園に帰ることを切望している。
ホムラの名の通り炎の力を行使するブレイド。赤い髪に赤い瞳、赤メインの衣装が印象的。体に走る翠のエーテルラインは左右非対称で、背中のマントにも切り欠きが有るなどその装いは「不完全」を示している。

雲海の底に沈んでいた古代船の中で眠っている状態で、サルベージの仕事で来ていたレックスに発見された。その際レックスは、ホムラと同調しかけた所を仕事の依頼者だったシンに殺害されてしまう。
夢の中でレックスに自身の命を分け与えることを条件に、自分を楽園へ連れていくよう依頼する。元々楽園伝説に興味を持っていたレックスはこれを快諾し、ホムラはレックスのパートナーとして共に楽園を目指すこととなる。

「天の聖杯」と呼ばれる伝説のブレイドであり、翠玉色のコアクリスタルがその象徴である(他のブレイドのコアクリスタルは基本的に水色)。
その力は他のブレイドと比べて圧倒的なものであり、本編より500年前に起こった「聖杯大戦」と呼ばれる戦争ではその力で3つの巨神獣を雲海の底に沈めたという。
秘密結社イーラやアヴァリティア商会会長バーンなどその力を求めてホムラを狙う者たちが多くいる一方で、スペルビア帝国の特別執権官メレフなどは当初その力を危険視していた。

しかし、レックスがドライバーとして未熟だったこともあり、当初は聖杯としての力を完全には発揮できていなかった。また、命を分けた代償なのかレックスと感覚や傷を共有してしまっており、本来傷を負ってもすぐに回復するブレイドでありながら生身の人間と同じようにダメージを受けてしまうという弱点もある。
そもそもホムラ自身が天の聖杯の力を恐れ、それをフル活用することを避けている節がある。

本来ブレイドはドライバーが死ぬとコアクリスタルに戻り記憶を失ってしまうが、彼女の場合は例外となり記憶と存在を保ったままでいられる(ホムラ曰く「天の聖杯だから」とのこと)。同じ理由で傍にドライバーがいなくても100%能力を行使することが可能。序盤ではホムラがレックスに代わって戦うシーンがある。

人物像

誰に対しても丁寧語で話す温厚で礼儀正しい性格であり、未熟なレックスを包み込む母性に溢れつつ仲間のために我が身を犠牲にすることも厭わない芯の強さを併せ持つ。
一見押しの弱い大人しい女性に見えるが、実際の所は負けず嫌いで物事に動じず沈着冷静かつ大胆。選ぶ手段が自己犠牲に偏重しているので、後述のヒカリとの対比で誤解されやすい。キズナトークでは選択肢次第で萌えを理解するべく萌えっ子メイドさんな振る舞いを見せる。

第2話ではハナの開発資金が足りないことからお金が必要となり、困ったレックスを見て自分がお金を稼ぐことを申し出る。それを聞いたじっちゃんには「体を売るつもりか!?」とひどい勘違いをされた(実際はアクセサリーを提供してお金に換えるだけのつもりだった)。

炎の力を行使する事から火の扱いは思いのまま。指先から火をともすポーズをよく見せる。これの派生で料理が得意であり、実際にゲーム中ではコレクションアイテムを消費して料理アイテムを作ることができる。ただし冷製料理は少し困る。
レックスという個人を好いているようで、レックスの人柄や過去に関わるイベントではたいがい前のめり。
意外なところではネーミングセンスが独特である。プロフィールの傭兵団名からもある程度察することができるが、そのセンスは「ジークと意気投合できる」と書けばどれほどのものか想像できるだろう。

ヒカリというもう一つの人格が存在し、天の聖杯の本来の力を使う時はこちらに切り替わる。ヒカリに切り替わると人格だけでなく見た目も大きく変化し、髪の長さや色、衣装のデザインまでもが変わる。
ホムラとヒカリは互いを認知しており、表に出ていない間の記憶も共有しているため特に不自由はしていないのだという。

人間関係

レックスとニアは呼び捨て。レックスから両親の墓前で「オレの大切な人」と紹介された時は、ホムラも頬を赤らめまんざらでもない様子だった。
ニアには素直に好意を向けられており、それだけにホムラへのボディタッチも遠慮がなく暖を取るためということで抱き着かれて困っていた。

トラとハナは「くん」「ちゃん」付け。トラの趣味(性癖)に関しては寛容で、温かな目で見守っている。トラやジークのネーミングセンスも素直に「格好いい」と言うなど気の合う部分がある。
ハナのことは大事に思っており、ハナが「ブレイドだから服装は気にしない。裸でも構わない」と発言した時は、自分を棚に上げて「ハナちゃんは慎み深くないといけないんです!」と全力で否定していた。そのハナからは「ホムラの格好も大概」と言われている。

メレフを始めに大人には敬語敬称で接する。ただし敵対者には敬語も敬称も使わない。

カグツチには当初、監視されるような態度を取られていたが、それだけにホムラの「自己犠牲」の危うさに気づいたのか気に掛けられるようになる。後に友人同士となり、ホムラが呼び捨てにする数少ない人物となった。

ヒカリは上位人格に属するが、ホムラの方が中身が大人なのでヒカリの非礼を詫びるなど完全に保護者のそれである(ベッド回など)。またヒカリには気恥ずかしさから役割を押し付けられる(表に出される)ことがあり、ホムラも「ずるい」と発言するなど手を焼かされている。

ヒバナからは「強くて優しくて家庭的」ということからホムラ先輩と呼び慕われている。ホムラにしては珍しくヒバナの体育会系なノリには引いた態度を見せている。ブレイドクエストでは人助けに奔走するヒバナから「ホムラ先輩に近づけたでしょうか?」と問われ、「半歩くらい近づいたかな?」とちょっと意地悪な返しをしている。

リンネとのキズナトークでは、いずれ「あいじん」に迎える旨を告げられる。トラの趣味(性癖)に寛容なホムラもこれには閉口していた。そっち方面には耐性がないのかもしれない。

能力

属性
ロール攻撃
武器聖杯の剣(専用)
物理防御5%
エーテル防御10%
補正筋力10%
クールタイム4
必殺技
  • Lv1:フレイムノヴァ(周囲のエーテルを吸収し、熱に変換して攻撃)
  • Lv2:プロミネンスリボルト(全ての敵の足元に火柱を生み出す)
  • Lv3:ブレイズエンド(敵単体に高速回転する剣を頭上から落として斬り刻む)
  • Lv4:バーニングソード(巨大化した炎の刀身で敵を斬り大爆発させる)
ブレイドアーツ命中アップ、アーツ強化
バトルスキル
  • 浄化の炎(必殺技命中時、ボスとユニーク以外の低HPの敵を低確率で戦闘不能)
  • 聖杯の片鱗(ブレイドコンボのダメージアップ)
  • 焔の刀身(会心ダメージプラス)
フィールドスキル火属性の力、集中力、料理(専用)
アシストコアスロット数2

穏やかな見た目とは裏腹に、スキルの多くがダメージアップの効果を持つゴリゴリの攻撃役である。穏やかじゃないですね
特に「聖杯の片鱗」によるブレイドコンボのダメージは驚異的。ビャッコカグツチサイカなどのメインキャラのブレイドともコンボを組みやすいのも、アタッカーとして追い風となっている。ビャッコを間に挟んでの「スチームエクスプロード(火→水→火)」は序盤から終盤まで役に立つ鉄板コンボである。
このように攻撃役として十分なスペックを持つが、ダメージを出し過ぎて相手のヘイトを稼ぎがちであり、それが仇となってピンチに陥ってしまわないように注意が必要。ヘイト減少のアシストコアを積んだり、回復ロールのブレイドと組ませるなどしてうまく調整したい。
ちなみにヒバナは火属性のレアブレイドでは唯一の回復ロールである。

正体

第4話にて素性がホムラの口から語られる。
500年前、ヒカリとメツは天の聖杯としてコアクリスタルとして世界樹の頂にいた。そこへ一人の男がそれを持ち帰り、メツを生み出して世界を滅ぼしかけた。ヒカリもまたイーラの英雄アデルによって目覚めさせられ、メツと死闘を演じ勝利。そしてアデルによって船に収められ、雲海の底深くに秘匿された。ヒカリ自身もこの力が二度と振るわれることのないように自らを封印し、第二人格を生み出すことで肉体の支配権を譲った。この第二人格がホムラである。彼女が使うブレイドとしての力は、ヒカリが持つ力の余剰エネルギーに過ぎない。
肉体を同じくするため対面することはできないが、レックスによって目覚めさせられるまでは夢の中の楽園で交流していたという。
ちなみにホムラは封印される直前にアデルと出会っており、わずかだが交流している。

外部出演

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL

発売当初から「スピリット」として登場している他、2021年2月18日に配信されたニンテンドーダイレクトで、有料追加コンテンツ第9弾のファイターとして、ヒカリと共に参戦が発表された。

詳細はホムラ/ヒカリホムラ(ファイター)を参照。

フィギュア化

グッドスマイルカンパニーより、ゼノブレイド2では初となるフィギュアが2018年に発売されている。

外部リンク1
外部リンク2



関連イラスト

天の聖杯
ホムラ


センシティブな作品
ロングホムラちゃん


着せ替え(未実装含む)

初版のホムラ
にゃにゃにゃにゃにゃ~!!


衣装アレンジ

Homura
ボブボブボブ



関連項目

ゼノブレイドシリーズ ゼノブレイド2 齋藤将嗣
耳付きポンチョのホムラ ボブカット エアリーボブ
巨乳 レックス(ゼノブレイド2) ヒカリ(ゼノブレイド2)
ニア(ゼノブレイド2) トラ(ゼノブレイド2) ヴァンダム メレフ ジーク・B・極・玄武
ビャッコ(ゼノブレイド2) ハナ(ゼノブレイド2) スザク(ゼノブレイド2) カグツチ(ゼノブレイド2) サイカ(ゼノブレイド2)
アデル(ゼノブレイド2)

Πνευμα物語中盤~終盤のネタバレあり

レッドヒロイン 炎属性
ホムラ(ファイター)


以下はゼノブレイド2終盤のネタバレが含まれます!



























































ネタバレ

真の目的

ホムラとヒカリが楽園に向かおうとしていたのは、自らの力を危惧し、『神』に頼んで自分たちを完全に消滅させてもらうためだった。戦いの中で傷付くレックスを見ている内にその望みは強くなり、「私のせいでレックスを苦しめている。もう関わらない方がいい」とまで思うようになってしまう。

自己犠牲

第六話最後の戦いにて、突如として現れたシンにレックスたちは敗北を喫する。ヒカリの力を以ってしてもシンには及ばず、追いつめられたレックスは無力化されコアを奪われそうになる。そこでホムラは、僕(デバイス)を操って自分に照準を向けさせ、自らを消し去ると脅しつけることでシンを引き下がらせた(もしも叶わなかった場合は、レックスにコアを移植して自分だけ消えるつもりだった)。
その後、囚われの身となったホムラはメツによって力と記憶を奪われ、意識を閉ざしてしまう。レックスたちが助けに来た時には、すべてが終わった後だった。

復活と覚醒

だがそんなホムラの姿を前にしてもレックスは決して諦めず、シンに立ち向かって行く。精神のみとなったホムラとヒカリは、自分たちの想いを伝えてレックスを下がらせようとするが、それでもレックスは想いを叫びながらシンと切り結ぶ。「君一人のために楽園に行きたい」と。
その想いを受け入れたホムラとヒカリはレックスの手を取り、再び同調を行う。一つになった想いは奇跡を起こし、消滅したはずの第三の聖杯の剣を復活させ、ホムラとヒカリは天の聖杯として真の力と姿に覚醒するのだった。
二つに別たれた人格と力が合一したことで「想い描いたすべてを体現する」という能力が行使できるようになり、以降は戦闘中にのみ特定の条件を満たすことで覚醒させることが可能となる。それ以外では今まで通りホムラとヒカリに別れた姿で行動する。

以後の顛末についてはこちらのネタバレを参照。

もう一つの関連項目

エレハイム・ヴァン・ホーテン(エリィ):ゼノギアスのヒロイン。主人公との接触、展開、役回りなどが似ている。

イド(ゼノギアス):ゼノギアスの敵役。「真紅のカラーリング」「後から生み出された別人格」「自分の力が母親を殺したことから破壊しか出来ないと決めつける(実際にやったのはもう一人の自分だがその結果を重く受け止めている)」という点が類似している。

ヴェルトール:ゼノギアスにおける主人公の相棒。

ヴェルトール・イド:ヴェルトールの真の姿。真紅のカラーリングや「かつて一国を滅ぼし、そのことを知る者に危険視されている」などホムラに近い設定。

ヴェルトール2:終盤で覚醒ホムラ(ヒカリ)の如く一時的にパワーアップできるなど能力面が似ている。

サラ・キッド・ジールクロノクロスのヒロイン。ゼノギアスとスタッフが共通していることもありエリィやイドのオマージュキャラに当たる。また金髪に赤い服などホムラとヒカリを掛け合わせた特徴を持つ。更に二重人格者であり片方の人格は「献身的だがすべての消滅を願っていた」(逆に主人公はレックスと共通点がある)。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ホムラ(ゼノブレイド2)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ホムラ(ゼノブレイド2)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78507137

コメント