ピクシブ百科事典

サイカ(ゼノブレイド2)

さいか

サイカとは、任天堂より発売されたRPG「ゼノブレイド2」に登場するキャラクターである。(メイン画像左下の少女)
目次[非表示]

「持ちつ持たれつゆうてな 一個貸しにしといたるわ」

概要

CV:広橋涼

ジーク・B・極・玄武のパートナーのブレイド。ジーク同様、現実の世界でいうところの関西弁で話す丸眼鏡を着けた女性型ブレイド。
ジークとは10年来の仲で、彼の一挙手一投足にズレることなく動きを合わせたり、息の合ったやり取り(というか漫才)を繰り広げるなど、深い絆で結ばれている様子。ちなみにジークのことは「王子」と呼んでいる。理由は後述。

天の聖杯を得ようとするジークと共にレックス達の前に立ちはだかるが、その度に彼の不運に巻き込まれて撤退している。ちなみに天の聖杯を得ようというのは建前で、本当の目的は聖杯復活の報を聞きつけたアーケディア法王庁の依頼を受けて、天の聖杯とそのドライバーを見極めるためであった。目的を果たし、一行を法王庁に案内すると、ジークと共にパーティに加入する。

ジークを「王子」と呼ぶのは彼が正真正銘ルクスリア王国の王子だから。そしてサイカもルクスリアがある巨神獣「ゲンブ」と交信してコントロールできる存在であり、レックス達に同行したのも普段は雲海の中を潜行して、鎖国体制を取っているルクスリアに行けるようにするためである。
かつてルクスリアの鎖国体制に嫌気が差したジークと共に国を出て各地を放浪していたが、ある時行き倒れてジークは瀕死の重傷を負ってしまう。サイカもまた彼の死と共にコアに戻りかけるが、アーケディア法王マルベーニに拾われ、アーケディアの技術によってサイカのコアの一部をジークに移植し、「ブレイドイーター」となることで2人は一命を取り留めた。こうした過去があるからか、ジークに対し自分のドライバーという以上の感情を抱いている節がある。

サイカが生み出す大剣「紫電参式轟」は刃の部分と柄の部分が分離する仕組みになっており、ドライバーが使う時は大剣として、サイカが使う時は分離して柄を杖のように使う。

性能

属性
ロール攻撃
武器大剣(専用)
物理防御5%
エーテル防御10%
補正筋力10%
クールタイム5
必殺技
  • Lv1:ライトニングフォース(落雷を杖に受け、放電ことで敵を攻撃:マシーン特効)
  • Lv2:エレクトリックサーカス(帯電した武器を杖で操り、敵を攻撃する:会心ダメージプラス)
  • Lv3:サンダードゥーム(武器を地面にぶつけ、雷の大爆発を起こす:会心ダメージプラス)
  • Lv4:超音速雷神皇帝剣(強化されたドライバーが超高速の斬撃を行う)
ブレイドアーツアーツ強化、リキャストアップ
バトルスキル
  • 紫電光石火(キズナMAX時、アーツリキャストの増加量アップ)
  • 爆雷撃(確率で攻撃がガード無効になる)
  • 疾風迅雷(オートアタックの速度がアップ)
フィールドスキル雷属性の力、開錠、魚類学
アシストコアスロット数3

ストーリー進行で加入するブレイドでは唯一の雷属性。
彼女専用の武器「大剣」は、大振りな攻撃モーションが特徴で攻撃力は高いものの、スキルが育っていない加入当初は攻撃速度の遅さが目立つ。しかし、バトルスキル「疾風迅雷」が育ってくるとオートアタックの速度がかなり速くなる上、「紫電光石火」でアーツリキャストの速度も向上し、大振りな攻撃モーションからは意外なほど、ドライバーアーツを連発できるようになる。さらに、「アドバンスドニューゲームモード」(いわゆる2周目)でジークが覇王の心眼を解放できるようになると、ただでさえ速い攻撃速度がさらに速くなり、ヒカリに並ぶほどの速度でアーツを連発できる。
しかし、アーツを連発してヘイトを稼ぎ過ぎないよう注意は必要。デフォルトではヘイト低下の手段を持たない上、攻撃型ブレイドの常というべきか防御力は紙なので狙われたらすぐ落ちてしまう。幸いにもアシストコアのスロット数が最大の3なので、アシストコアやクラス補正でうまくカバーしたいところ。

関連タグ

ゼノブレイド2
ジーク・B・極・玄武 ゼーリッヒ
レックス ニア トラ ヴァンダム メレフ
ホムラ ヒカリ ビャッコ ハナ スザク カグツチ
関西弁

pixivに投稿された作品 pixivで「サイカ(ゼノブレイド2)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3586

コメント