ピクシブ百科事典

メレフ

めれふ

メレフとは、任天堂より発売されたRPG「ゼノブレイド2」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「空を裂き大地を割るその力――」
「二度と世界を灼かせるわけにはいかない」

概要

CV:斎賀みつき

フルネームは「メレフ・ラハット」。アルスト屈指の軍事国家スペルビア帝国の特別執権官。そして、「炎の輝公子」と呼ばれる帝国最強のドライバーでもある。
帝国と皇帝ネフェルに忠誠を誓っており、特別執権官として帝国最強のドライバーとして帝国のために尽くしている。そのため、ネフェルからの信頼は篤く民衆からの人気も高い。

パートナーのブレイドはカグツチ。スペルビアに代々使える「帝国の宝珠」と呼ばれる帝国最強のブレイドであり、メレフの秘書も務めている。

かつて3体の巨神獣を雲海に沈めたという天の聖杯の力を危険視し、当初はそのドライバーであるレックスたちの前に度々立ちふさがる。しかし、天の聖杯の力を御すレックスやその人柄に興味を持ち、スペルビアで起こった人工ブレイドの一件で彼らと共闘し、ネフェルの命を受けて以後も同行する。

身に纏う士官服や口調から一見すると男性のように見えるが、れっきとした女性である
かなり序盤にて女狐と陰口を叩かれるシーンがあり、この手のキャラクターにしては珍しく、女性であること自体は設定的にもゲーム的にもそれほど隠されてはいない。
また、皇帝ネフェルとは主従の関係だけでなく従姉弟の関係でもある。代々スペルビアの皇統は男子が継ぐのが慣例だったが、先代皇帝はネフェルが生まれるまで男子に恵まれず、弟の娘であったメレフを男として育てた。しかしその後ネフェルが生まれたことでメレフは皇帝になることはなく、皇宮に招ぜられ現在の特別執権官の地位に就いている。
最も、メレフ自身はこの生い立ちのおかげでカグツチやレックス達に出会えたと感謝さえしており、彼らとの旅を楽しんでいる。

ネフェルのことは特別執権官として以上に従姉として心配しているが、それを上手く表現できないでいる。

戦闘では敵のヘイトを稼いでレックスやニアに敵が向かないようにする壁役として活躍する。同じく壁役のトラが敵の攻撃を「受ける」ラインタイプの壁役だとすると、こちらは敵の攻撃を「避ける」ダンバンタイプの壁役である。

ちなみに、料理はあまり得意ではない模様。あるキズナトークでは、アンコウの調理を頼まれた際に(選択肢次第で)逃げ出すか木っ端微塵に消し飛ばしてしまうレベル。
かといって全く出来ないというわけではないようで、スイーツが好きなブレイドのクエストでは共にスイーツ作りを手伝う一面が見られる。
多分一人で料理させたらダメなタイプなのかもしれない。

所謂『男装の麗人』キャラではあるが、女であることは捨ててはおらず、キズナトークでジークやサイカに「メレフは男みたいなもんやろ」と言われた際には(当然といえば当然だが)普段の冷静な口調が崩れるほど盛大にブチぎれる。これまた、メレフを男だと思い込んでいるトラに温泉に誘われた際は(選択肢によるが)「私は服を着たまま入る!」とよくわからない返答をすることも。
また、カグツチと共に美容には気を使っており、化粧水やハンドクリームを個人輸入(おそらくスペルビアの仮想敵国であるインヴィディアから)して愛用しているらしい。
軍帽の下の髪は、普段は結って纏めているようで、キャラクターデザインを務めた齊藤将嗣氏がTwitterに投稿したイラストによると、意外と長髪であるようだ。

自他ともに認める負けず嫌いで、ジークやトラのボケた会話に変な対抗心を燃やして、妙に見栄を張った回答をし、盛大に滑るということをたびたびやらかしている。前述の料理イベントの悲劇も素直に「できない」と言い出せなかったから起こった節がある。

関連イラスト

センシティブな作品
MELEPH
特別執権官メレフ
センシティブな作品



関連タグ

ゼノブレイド2
カグツチ ネフェル ワダツミ スペルビア兵
レックス ニア トラ ジーク・B・極・玄武
ホムラ ヒカリ ビャッコ ハナ サイカ
男装の麗人 いとこ

関連記事

親記事

ゼノブレイド2 ぜのぶれいどつー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メレフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1015716

コメント