ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「アタシも見てみたくなったよ、楽園」
「本当にあるんだろうね?」

プロフィール

種族 グーラ人
性別
身長 145cm前後
好きなジャンル魚、織物
好きなアイテムクリームオレンジパラータスペルビアベアの木彫り


概要

CV:大和田仁美

グーラ出身のドライバー。相方ブレイドはビャッコ
サバサバした性格で人間不信なところがあるが、感情豊かで正義感の強い少女。
もとはグーラのとある街の領主の娘で、幼い頃は屋敷で父と姉の三人で過ごしていたという。二人に先立たれてからは何らかの経緯で謎の組織「イーラ」に加入している。

古代船調査依頼の際にレックスと出会う。
最初は子供っぽいと馬鹿にし言い合いが絶えなかったが、話すうちに徐々に打ち解けていく。
レックスがシンに殺された時は強い怒りを表すなど、レックスに対して強く肩入れするようになり、その後生き返ったレックスを助ける為事実上イーラを裏切ってレックス側に付く事になった。

戦闘面では回復アーツが豊富でそれらエーテル力を使ったアーツを得意とする。
序盤では唯一敵をブレイクさせるアーツを持つため、ドライバーコンボを始めるには欠かせない大事なメンバーである。高いエーテル力を生かせるエーテルランチャー等を持たせれば自身の火力も申し分ない。ただ基本打たれ弱いので敵の攻撃に晒されないようにヘイト管理や位置取りに注意が必要、素早さは高くなる為回避を盛ってみるのも良いかも。ハンマーは最悪の相性になっている。

過去

父親はグーラではそれなりに名の知れた領主であり、娘であるニアも一人前の女性になるためということでやたらと勉強させられていた。勉強は嫌いだったが、父と姉の三人で過ごした日々が一番楽しかったという。
姉は身体が弱かったためニアが付きっきりで看病しており、父はそんな長女を治すために人を集めて研究に没頭するようになった。ここから先の想い出は、ニアにとって「幸せじゃない」ものになっていく。
父は研究のために借金を重ねた結果、領主の地位を追われ屋敷での生活を失った。身体の弱い姉が貧しい暮らしに耐えられるわけがなく、根無し草になって間もなく命を落としてしまう。後を追うように父もすぐに亡くなった。
その後、父の忘れ形見であるビャッコと同調。ある事情から法王庁に追われる身となり、逃亡の日々を過ごす。



ネタバレ


※以下はニアに関する重大なネタバレを含みます!







































その正体

新たなる剣


「アタシはもう縛られない
過去にも シンにも
ブレイドである自分にも!」

ホムラを失ったレックスが天の聖杯第三の剣を手に入れるべく訪れたエルピス霊洞の最奥部にて、剣を守るアデルの幻影たちに襲われる一同。その戦いの中で徐々に押される仲間たちを目にし、ニアはついに真の姿を解き放つ。
彼女もまたブレイド、より正確には人間の身体の一部を取り込んだ「マンイーター」と呼ばれる、ドライバーがいなくても自律活動できる特殊なブレイドであった。

センシティブな作品


外見上はレックスと同じくらいだった身長が伸び、特徴的だった耳は更に大きくなった、髪もかなり伸びている。
また、巫女を思わせる服装となり、ドライバー時とは一転して露出が大きく増える。

プロフィール(ブレイド時)

性別女性
好きなジャンル魚、楽器
好きなアイテムゆきんこポテサラダ、こそこそスニーキング
傭兵団名キャッツアイ
CV大和田仁美
イラストレーター齋藤将嗣

領主の次女などではなく、領主かその娘(姉と呼ぶ人物)に同調したブレイドである(作中でハッキリ言及されているわけではなくムービーの描写で察するしかない)。
領主の娘はとても病弱で、領主は民から徴収した金を使ってまで娘の病を治そうとしていたが一向に回復しなかった。

領主は娘を失った空虚を埋めるためか、娘の一部をブレイドに組み込み娘のように扱うことにした。そのブレイドがニアである。少なくともこの時点でニアのドライバーは領主ということになる(姉がドライバーならニアはコアクリスタルに戻っているため)。
しかしその領主も間もなく死去し、取り残されたニアは孤独の中で領主のコアクリスタルを発見。同調した結果ビャッコが誕生した。

その後、忌諱の者「人喰い」としてアーケディアの僧兵から逃亡する日々の果てに捕まり、法王庁に送られそうになったところをシンに連れ出された。
それからレックスと邂逅するまではイーラを「居場所」として活動するようになる。

当初は逃亡生活のトラウマによって自身の正体を誰にも明かすことが出来なかったが、ヴァンダムファン・レ・ノルンなど自身の力で助けられたかもしれない命の死を目の当たりにして行く内に後悔が募っていき、エルピス霊洞での戦いでついに仲間の前でその力を解き放つに至る。そして、「自由でいい」と教えてくれたレックスに感謝と「大好きだよ」という想いを伝え、自身の武器であるシミターを託し彼のブレイドとして生きる道を選ぶ。
レックスからも「大好きだ」と言われるが、それは「みんなと同じように」という意味であり、ニアもそれでいいと答えている。

なおこのシーンではじめて彼女がブレイドであると明かされるが、ヴァンダム殺害シーンで力の行使を躊躇うニアにカメラが寄る、スペルビアでの温泉シーンで胸にコアクリスタルがあるのをヒカリに見られる、ブレイドニアが瀕死のネフェル皇帝を治癒するシーンがある、また、もともと彼女が属していたイーラの面々が全員ブレイドやそれに準ずる存在であることからも類推できるといったように、伏線は随所で張られていた。

以降はニアを今まで通りドライバーとして動かすか、もしくはレックスの専用ブレイドとして動かすか自由に選べる。
水属性の回復特化ブレイドで、キズナMaxでの自動回復スキルや、オートアタックやレベル2以上の必殺技での回復効果、防御無視のアーツ、最高クラスのエーテル防御、高めのガード率、HP補正によって圧倒的な回復力とバランスのとれた攻防性能を持ち合わせる強力な戦力となり、多くのピンチを救ってくれるだろう、またアシストコアスロットが3つある為更に強化もしやすい。
ラストバトル付近のイベントではホムラとの合体技「ネクサスフォース」も解禁され、火力にますます磨きがかかるだろう。そしてこの合体技は与ダメージの50%分パーティ全体を回復させることもでき、回復面でも強力。
これはラスボスを倒すのにも有効な要素となっている。
ただしアーツスピードが遅いため敵に邪魔されたり、緊急回復が不得意だったりする、また高い回復力とそれなりの火力を持ちながらヘイトを下げるアーツやスキルを所持して居ないためヘイトが飛びやすい、スキルによって多少は持ちこたえられるがヘイト管理には注意が必要。

ブレイドニアを採用するポイントはレックスに回復役を兼任させるかどうかということになるだろう。ドライバーニアと比較すると、ブレイドニアは回復出力が高く常時全体回復が可能で回復力に優れるが火力と耐久は標準的。一方、ドライバーニアは回復力ではブレイドニアに一歩及ばないが全体回復とブレイクの両立やブレイド次第で火力や防御など器用な立ち回りができる。
ドライバーはレックス固定だが全体的に扱いやすいブレイドであり、ブレイドにするかドライバーにするかは各々の判断次第で構わないだろう。
またブレイドで戦っている時は経験値は得られるがスキルポイントが得られないためドライバーニアの育成が遅れてしまう(これはドライバーニアを採用した際のブレイドニアにも言えることだが)、2周目は裏絆リングが追加され大量のスキルポイントが必要になるため特に注意が必要である、逆にブレイドニアは傭兵団派遣が可能になる為2周目からは育成が楽になる。なお最初から仲間にしたほとんどのブレイドが最初から使える2周目でも再びブレイド化するまでストーリーを進めないとブレイドニアは使えないので注意。

ちなみにブレイドのニアは忍耐力のフィールドスキルを持っているが、レベルを上げる条件は「ホムラかヒカリと一緒に戦う」というもの。これはいったいどういう意味なのだろうか?

DLCで追加された水着をドライバーニアに着せるとコアクリスタルがしっかり見えている、このためか一周目ではストーリーを進めないと水着を着れない。

エンディング

エンディングでは分裂して復活したホムラとヒカリと共に行くようレックスの背中を押している。そのままエンディングは終了しているがそれは帰る場所のない彼女がまた居場所を失ってしまう事になると危惧した人もいた。

しかし、ゲームをクリアするとタイトル画面がレックスたちのその後の姿を写した物になり(公式で明言されている)、一周目クリアではレックスがホムラとヒカリの間にたち三人で世界樹を見上げている。
二周目クリアすると最初は一周目と同じだが放置しているとそこになんとニアがやってくる。しかもパターンは3つあり、ひとつはレックスに向かって勢いよく突っ込んで来てホムラとヒカリと手を繋ぎ、レックスがあっけにとられながら3人を見つめている。2つ目はレックスとホムラが差し伸べた手をとり四人一緒に手をつないでならび世界樹を見上げている、3つ目は2つ目と同じに見えるが一瞬こちら(?)を向き笑顔を見せる。
これにより彼女にも帰る場所と居場所があると明言された事になる。

スマブラSP

スピリットMiiファイターの衣装という形で登場。階級はエース級でスロットは2。スキルはビャッコの属性にちなみ水属性の攻撃力を上げるもの。ネタバレ防止の為か、ブレイドニアに超化(進化)させる事はできない。
レックスはホムラ&ヒカリ参戦と共にマスタードライバーに超化できる様になり、同じネタバレキャラであるプネウマが収録される中でも追加はされ無かった。
Miiファイターの帽子(髪型)はどのタイプでも使用可能だが、服だけは「かくとう」タイプじゃないと着れないので注意。


余談

  • フィールドでは放置すると周りのハエ(?)を手で叩き潰していたり、何も無い空間でキャットファイトし出すなど、落ち着きがない。


にゃにゃにゃにゃにゃ~!!


  • 普段はツッコミ役だが戦闘時は、ややはちゃけて妙なダンスをしたり、ニャニャニャニャー!と言ったりニャーーーー!!と叫んだりする。

  • イーラの中では新入り。主に雑用をしていたようだ。

  • 料理が苦手。ニアのイエスマンであるビャッコですら心底マズいと言わしめるレベル。

  • ニアを操作キャラにしビャッコを先頭ブレイドにするとビャッコの背中に乗り駆け回れる。

センシティブな作品


  • ジークとの2戦目では挑発に乗せられある問題発言をしてしまったが、本人はその意味を知らないようである。

ニアホム


  • 寒いところが苦手らしくルクスリア到着時はホムラに抱きついて暖を取っている。

  • ホムラ&ヒカリ、KOS-MOSに続いてブレイド姿がフィギュア化される。

関連イラスト

ドライバー時

森
ニア
おしゃれ水着のニア
いーっだ!



ブレイド時

センシティブな作品
覚醒ニア
センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

ゼノブレイドシリーズ ゼノブレイド2
ビャッコ レックス シン メツ
ケモミミ  猫娘齋藤将嗣

エメラダゼノギアスの登場人物。「パーティーのロリ枠」「病気治療のため特殊な措置が施された」「終盤で成長した姿を見せる」など共通点がある。
マルグレーテ・ファティマ:同じくゼノギアスの登場人物。「登場間もなく敵幹部から尋問を受ける」「眼帯を付けた脳筋とよく絡む」「無意識に成長を止めているため幼い容姿」など共通点がある。
M.O.M.O.ゼノサーガシリーズの登場人物。科学者の「父」により娘を模して造られたアンドロイド。同じく「」に当たる存在も登場している。父とも姉とも血縁関係ではないニアとよく似ている。
クラウド・ストライフFF7の主人公。「人体実験により他者の細胞を移植される」「屋敷に幽閉され逃げ出すも敵勢力に追われて殺されかける」「別の誰かと己を重ね本当の自分を偽っていた」など、『姉』の臓器を移植され、『娘』として屋敷で過ごすことを強要され、解放された後にアーケディア軍に追われるなど共通点が多い。ちなみに声優はシンと同一。

関連記事

親記事

ゼノブレイド2 ぜのぶれいどつー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ニア(ゼノブレイド2)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ニア(ゼノブレイド2)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18011025

コメント