2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ナナコオリ、です…」
「ねっクマリン。一緒に頑張ろうね」

プロフィール

性別女性
好きなジャンルスイーツ、化粧品
好きなアイテムトリゴリウト、スチームオルガン
傭兵団名ナナコオリフラジオレット
CV日高里菜
イラストレーター江端里沙


概要

ゼノブレイド2』に登場する、レアブレイドの一人。
白いコートを着用し、傍らには常にシロクマ…のような生物に見える「クマリン」が付き添っている。
イベントや移動時には常にクマリンの右肩に抱えられており、あまり地面に降りることはない。
反面戦闘時には地面に降りてドライバーにエーテルを送り込んでいる。
…がブレイド自身が攻撃する必殺技はすべてクマリンが屈強な肉体を駆使して肉弾戦を行っている。

人物像

おとなしく気弱で人見知りなため自分にあまり自信が持てず、それを少しでも変えたいと思っており、キズナトークで楽器が弾けると教えてくれる。
ある時グーラで弾き語りの少女を励ますために楽器を披露、その場に居合わせたノポン族の音楽プロデューサーである「クピィタピィ」(通称:ピィ)のスカウトに乗る事になり、スペルビアでコンサートを開くためファン5000人を目指すことに。

ブレイドクエスト

多くのブレイドクエストが「イベントを起こし、色々な事件や依頼を解決する」ものである中、彼女の場合戦闘が一切発生せずにボーカル・ルックス・ソウルのレッスン(傭兵団任務)だけで進めていく、すべてのレッスンは一律10分で終了するが、スタンプが一定する集まると解放されるドサ回りの任務も達成する必要がある。
一応レッスン時間である10分も他のフィールドスキル持ちを同行させることによって最短2分にまで縮めることができるが、当然傭兵団任務に出している間はブレイドとして戦闘に参加できないため、「育成したいのに、いざ育成しようとするとブレイドとして使用できない」というジレンマが付きまとう。
ユニークモンスター撃破や他のブレイドクエスト、ハナの強化に必要な「TIGER!TIGER!」などそれなりに時間がかかるものの合間にやると効率的。
ひたすらにレッスンをこなしていく状態をプレイヤーからはいつしか「ナナコオリのアイカツ」(ナナカツ)と揶揄されるようになる。
ただしキズナリングが比較的楽に解放できる四段階目の状態でも十分実用的であるため、ストーリー攻略中はそこでとどめて置き、クリア後のやりこみやアップデートで追加された二周目に向けて消化していくのが(精神衛生上でも)妥当か。

能力

属性
ロール回復
武器ナックルクロー
物理防御10%
エーテル防御30%
補正素早さ10%
必殺技
  • Lv1:クマリンブロー(クマリンが氷の爪を振るい 敵を薙ぎ払う)
  • Lv2:クマリンヒーリング(クマリンが氷の衝撃波で敵を攻撃する)
  • Lv3:クマリンサイクロン(クマリンが大回転して周囲の敵を圧倒する)
  • Lv4:クマリンファンタズム(クマリンがラッシュ攻撃後にアッパーを放つ)
ブレイドアーツデバフ消去
バトルスキル
  • 雪のお守り(キズナMAX時、パーティ全体にダメージ吸収バリア付与)
  • クマリンの癒し(ブレイドスイッチ時、パーティ全体のHPを割合分回復)
  • かくれんぼ(ドライバーアーツ・必殺技で増加するヘイトを抑える)
フィールドスキルハーモニー、魚類学、忍耐力
アシストコアスロット数1

おとなしい性格なためか、必殺技やスキルは全体的に回復に関する効果が多い。
特にブレイドスイッチ時に回復というバトルスキルはナナコオリ以外に所持しているレアブレイドが存在しない。
相性がいいのは回復のエキスパートであるニアに加えて、レックスを回復役として運用する場合にも選択肢に挙がるか。
ただし、クールタイムが最低の1しかなく(信頼度をSにしても2)、アシストコアの枠も1つしかないため効果的に使うにはドライバー側にもなんらかのテコ入れが必要。

余談

イラストレイターが「マクロスF」のキャラクターデザインを務めた江端理沙氏であるため色や髪形は違うが顔つきなどは似ており、音楽を志す経緯なども含めて某超時空シンデレラを連想させるかもしれない。

関連タグ

ゼノブレイドシリーズ ゼノブレイド2

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ナナコオリ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ナナコオリ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 212917

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました