ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「俺は生まれた時からスザクだ!」


その者を意思を継ぐ事が俺のすべき事。俺はブレイドをそうゆうものと考えている。」


「俺の風がお前の炎を嵐に変える!!」


プロフィール

性別不明
好きなジャンル魚、ボードゲーム
好きなアイテム樹木染めこしまき、アビスタージョンの丸焼き
傭兵団名スザクとその仲間
CV藤本たかひろ
イラストレーター齋藤将嗣

概要

ヴァンダムのパートナーのブレイド。

鳥人間のような容姿で、二本の鎌の形状をしたツインサイスと呼ばれる珍しい武器を使う風属性のブレイド。ロールは攻撃。ドライバーへの忠誠心があつく義を重んじるタイプであり、また戦闘時には少々ハイになることもある。

激しい風を起こすことでフィールド上に存在する巨神獣のエーテル瘴気を吹き飛ばすことができる。


声も口調も明らかに男性的であるが、なぜか男性とも女性ともカテゴライズされていない。性別が判断しにくいレアブレイドのイダテンですらきちんと男性として分類されているのにである。

ちなみに「動物」にもカテゴライズされていない(こちらは同じ鳥人間であるイブキにも言えるが人間形の女性としてカテゴライズされている)。一体どういう存在なのであろうか…。


本編中の活躍

第3話にてヴァンダムのブレイドとしてレックス一行の前に現れ彼が仲間になると共にパーティに加わるが、第3話ラストでヴァンダムがメツに殺害されたためコアクリスタルに戻ってしまう。


コアクリスタル状態の間グーラ人の子供に盗まれるというハプニングがあったが無事取り返され、パーティがエーテル瘴気に行く手を阻まれた際にレックスが同調。以降はレックスのブレイドとなる。ヴァンダムのことは当然記憶に残っていなかったが、レックスから事の経緯を聞きヴァンダムの遺志を継いでレックスたちと共に戦うことを決意した。


パーティの固定キャラの中では出番は少なく、ホムラヒカリ、ビャッコ、ハナ、カグツチ、サイカのようにムービーに登場する訳ではない。

しかし、第7話中盤のエルピス霊洞でのシーンではスザク本人が映ることはないものの、ホムラ/ヒカリを失ったレックスが幻影たちとの戦闘にスザクの武器を使用している描写がある。


能力

属性
ロール攻撃
武器ツインサイス(専用)
補正器用さ15%
クールタイム5
必殺技
  • Lv1:デスウイング(デュアルサイスを結合し、敵に投げつける)
  • Lv2:スクリュークラッシャー(アクロバティックな動きで敵の意表を突く)
  • Lv3:フェザータイフーン(巨大な竜巻を発生させ、敵を一網打尽にする)
  • Lv4:クリムゾンストーム(ドライバーの攻撃後、スザクが空中から追撃)
ブレイドアーツ背面攻撃アップ、アーツ強化
バトルスキル
  • かまいたち(攻撃で増加するヘイトがダウン)
  • 疾風怒濤(戦闘開始から30秒間、与ダメージがアップ)
  • 急降下(背面攻撃時、与ダメージアップ)
フィールドスキル風属性の力、瘴気霧散(専用)、開錠
アシストコアスロット数2

ヘイト低下や与ダメージアップのスキルなどアタッカーに必要な要素が一通り揃っており、ホムラ/ヒカリに次ぐレックスの攻撃役ブレイドとして十分な性能を持つ。

また、レックス唯一のスマッシュ効果アーツ「スマッシュウィング」があるのがツインサイスであり、ツインサイスはスザク専用武器であるため、レックスでスマッシュするためには必然的にスザクを使うこととなり、その点でも需要は大きい。しかもこのスマッシュウィングは、スマッシュ効果のあるアーツの中でも出がかなり早いため非常に使い勝手が良い。

それ以外のアーツも総じて発生が早く、確定回避アーツ「ワイルドサイス」も併せ持つため優秀である。


ネタ

  • 戦闘中ブレイドをスザクに切り替えると、なぜか「俺は生まれた時からスザクだ!」という台詞を放つ。この妙な言い回しが多くのプレイヤーの印象に残り「生まれた時からさん」と呼ばれ、更にスマッシュ要員であることもあって「生まれた時からスマッシュさん」などといった愛称をつけられるまでになった。中には「俺生時ス」と記されている場合もある。
  • スザクを傭兵団の部隊リーダーにすると部隊名が「スザクとその仲間」という適当につけたとしか思えない名前になる。
  • ヴァンダム存命時には戦闘終了時の会話にて「団子を貰った覚えはない」と桃太郎を示唆するようなことを言うことがあるが、アルストに桃太郎の昔話が伝わっているのかは謎である。
  • ヴァンダム伝統とも言える「チョッカクヒゲ」は、今作ではヴァンダムではなくスザクに受け継がれている。

関連タグ

ゼノブレイドシリーズ ゼノブレイド2

ヴァンダム レックス

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106676

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました