ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※本稿は『ゼノブレイド2』本編および『黄金の国イーラ』のネタバレを含みます。





















これは我々人間が 越えなければならない試練だ
でなければ 君達と共に歩む資格はない

概要

CV.半田裕典

本編より500年前、聖杯大戦の時代を生きた人物で、天の聖杯・ヒカリのかつてのドライバー
本編では回想シーンや本人が遺したホログラムの映像、幻影のような存在としてしか登場せず、それらも一貫してフードを目深に被ったで描かれ人相ははっきりとは分からない。

ヒカリを連れてメツと戦い撃破した英雄として語り継がれており、話題にのぼる機会は多い。
もっとも、故人となってから長い年月が経過しているため、その内容は実態から乖離したものも多くなっている。

フルネームは「アデル・オルドー」
欧米では「アデル」は女性名としてのイメージが強いためか、英語版では「アダム(Addam)」という名前になっている。

実態

いやぁ嬉しいよ 僕ぁ
大好きだぞ僕は 君達が

DLC黄金の国イーラ』にて、生前の姿が詳細に描かれている。
このストーリーではラウラシンが主人公であるため脇役にはなるが、プレイアブルキャラとして登場する。
ただし一人称が本編の「私」から「僕」に変わるなど、設定変更というメタ的な理由によって回想シーンと矛盾する点が生じている。


イーラ国王の実子で、辺境の小規模な範囲ながら自身の領地も有する王子様
王位継承権が4位という事もあって継承には興味を示しておらず、慈善事業のような事を多く行っている。それがかえってカリスマ的な人望を生んでおり、領地を越えた支持が広がっている。
自らを「放蕩王子」と自嘲するほどフットワークが軽く、他国との間にも独自のコネクションを形成している模様。ゲーム中にも以前命を救ったグーラ人の少年・ミルトを従者扱いで連れた状態で現れ、一途に慕われている様子が描写されている。
他方で叔父にあたる王弟ゼッタ公からは疎んじられており、既に「反アデル派」というものも形成されているなど、決して順風満帆な人生ではなかった事も仄めかされている。

ヒカリとは、ストーリー開始の1年ほど前に、暴走したメツを討伐するためアーケディアの仲介で同調したとの事である。なお、この時ゼッタ公も同調を試みたものの失敗している。
ラウラ・シンとはイーラ王国のリサリア地方で偶然出会い、シンがかつて宝物庫から盗み出されたイーラの秘宝であった事から(主にシンとヒカリの勇み足で)戦闘沙汰になるが、すぐに和解し仲間となる。
旅の中で旧知であるスペルビア帝国の皇帝・ユーゴや、マルベーニのブレイドだったマンイーター・ミノチとも再会し、彼らと共にメツの討伐を目指す。


直接の描写が無いため詳細は不明だが、母親は国王が遠征中に出会った現地の女性で、メツから「妾腹」と煽られた際も否定はしていない。その点がゼッタ公らから疎まれる一因になっている事を把握しており、意識的に辺境に身を引いている節もある。
また、既に結婚しており妻は出産が近いとも語られる。本編ではあまり登場しなかったタイプのドライバーであり、生まれたばかりで力の加減や人との付き合い方に慣れないヒカリを保護者のような立場で見守っている。

容姿について

銀髪で、髪質や体格は本編のジークに似ている。
ただしアレな要素は無く、見るからに好青年といった出で立ちである。

また、先方が青色の瞳であるのに対し、こちらは金色の瞳をしている。
イーラ人(および、その流れを汲むルクスリア人)の瞳は通常青色であり、これは母親の血が現れた結果である。先述のメツもこれを見て妾腹と判断した。

ちなみにラウラや本編のレックス、ドライバー以外ではミノチが本編で保護していた難民の少女イオンも金色の瞳である。
特にレックスは本編の冒頭でメツ直々にその瞳の色 もっと注意しておくべきだったなと言及した事から何らかの関係を持っているようではあるが、終始敵対し続けたため発言の意味が語られる機会は無かった。

真実に関しては「妊娠した妻がいる」「メツの意味深な発言」というワードからユーザーの推測に任せると言ったところだろう。

能力

属性武器の属性に依存
武器クレイモア
物理防御15%
エーテル防御10%
アタッカーアーツ
  • ソードフリック:ダウン状態の敵をライジング
  • ブラストレギオン:ブロー
  • オーガスラッシュ:正面特効
  • トランセンダー:タレントアーツ・自身のHPを最大HPの25%減少させ、対象のドライバーコンボ有効時間を延ばす
サポーターアーツ
  • レイジングウェイブ:ノックバック
  • シャドウスラスト:ヘイト減少
  • ストライクエッジ:ダウン特効
  • グランドスラッシュ:スイッチアーツ・ブレイク状態の敵をダウン
必殺技
  • Lv1:ソードブロッサム(息もつかせぬ連続斬りで敵を弾き飛ばす)
  • Lv2:アサルトレイヴ(渾身の斬撃を繰り出し、敵を吹き飛ばす)
  • Lv3:ソウルバースト(剣に己の魂を込め、全力で行う連続攻撃)


チーム・アデルのドライバー。全体的に攻撃的で、ライジング、正面特効、両手剣、大振りでスピード感に欠けるモーション・・・と、戦法もどことなく本編のジークを彷彿とさせる。
武器の属性がデフォルトではなのも、ジークから逆算で設定されているのかもしれない。

チーム・アデルは他のチームよりもドライバーコンボを連続して繋げやすく、HPと引き換えにドライバーコンボの受付時間を延長するタレントアーツと相性が良い。アデルのソードフリックによるライジングからのヒカリのスイッチアーツ・フラッシュリングによるスマッシュは、序盤から終盤まで通用する鉄板コンボである。

関連イラスト

アデルとヒカリ
護ってみせる


ゼノブレイド2二周年
センシティブな作品



関連項目

ゼノブレイド2 黄金の国イーラ ゼノブレイドシリーズ
ヒカリ(ゼノブレイド2) ミノチ
ミルト ホムラ(ゼノブレイド2)
ラウラ(ゼノブレイド2) シン(ゼノブレイド2) カスミ(ゼノブレイド2)
ユーゴ(ゼノブレイド2) カグツチ(ゼノブレイド2) ワダツミ(ゼノブレイド2)
メツ(ゼノブレイド2) セイリュウ(ゼノブレイド2)
レックス(ゼノブレイド2) ジーク・B・極・玄武
ゼノギアス:フードと仮面で素顔を隠したワイズマンという人物が登場する。強敵に敗れて心を折られた主人公を諭すなどアデルと似た役回り。
バルトロメイ・ファティマ:ゼノギアスの登場人物。彼の祖先「ロニ・ファティマ」は、500年前の戦いで人類を滅亡の危機に陥れたORヴェルトールを倒して世界を救っている。

関連記事

親記事

黄金の国イーラ おうごんのくにいーら

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アデル(ゼノブレイド2)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 233174

コメント