ピクシブ百科事典

サタヒコ

さたひこ

サタヒコとは、任天堂より発売されたRPG「ゼノブレイド2」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「君との輪舞、楽しみにしてるぜ。ニア」

概要

CV.浪川大輔

アルストにて暗躍する秘密結社イーラの一員。赤い甲冑風の服装と金髪が特徴の伊達男。
ナンパが趣味の女好きで、同僚のベンケイをよくアプローチしているがいつも軽くあしらわれており、初登場時はキザな台詞を吐いていたところを彼女にぶん殴られている。
物腰柔らかな態度と上記のシーンもあり、ギャグ担当のような印象を受けるが戦闘においては冷静で、短気なベンケイのフォローをしている。

イーラ内では「サタ」という愛称で呼ばれ、主に機械関連の作業をしていた模様。イーラの母艦「マルサネス」、「モノケロス」も彼の手により組み立てられたもの。

相棒のブレイドは力自慢の巨漢オオツチ(CV.利根健太朗)。巨大な手甲を用いた防御を得意とし、ベンケイとのタッグ時は抜群のコンビネーションを見せる。

他のイーラの一員と同様に世界に憎しみを抱いているものの、時にどこか違うような表情を浮かべる時もあり…?

活躍

スペルビアの廃工場にて、人工ブレイドのエーテル炉の取引を目論んでいたバーンレックス達に捕らえられそうになっていたところをベンケイと共に襲撃。抜群のコンビネーションで彼らを追い詰めるもメレフの登場により状況は一転、レックス達の連携に押し返されたところをヒカリによってオオツチのコアクリスタルを砕かれ敗北する。そこへアーケディアの女神ファン・レ・ノルンが現れると、激昂したベンケイを抑えつつエーテル炉を積んだモノケロスに飛び乗りその場を去った。

モノケロスに帰還後、シンにファン・レ・ノルンのことをカスミだと報告するが……














以下、ストーリーのネタバレ注意!

















ルクスリアにてレックス達の持つ「神聖なる鎖(サンクトス・チェイン)」を奪取するため、ヨシツネ、ベンケイと共に襲撃する。
ここでヨシツネ達はブレイドがドライバーの細胞を取り込み自立化した存在マンイーターだと判明し、サタヒコも彼らと同じように自身のコアクリスタルを見せると武器である扇を生成、再び戦うことになる。
レックス達との再戦では敗北するものの、本来の姿を見せたシンの力によりその場を制圧。自身の開発した人工ブレイドを呼びレックス達を取り押さえ、抵抗しようとしたメレフを手にかけようとする。
しかしホムラの命を懸けた駆け引きによりそれは阻止され、レックスの「世界の真実を見つけなくちゃならない」という言葉に何かを感じつつ、ホムラを連れ去った。

モルスの断崖での戦いの後、行方を失ったシンを探すためにモルスの地へと赴く。廃墟と化した街へのメツのぶっきらぼうな発言に対し、「本当にそうなのか?」とどこか疑問を抱くような姿勢を見せた。

シンの救出後、世界樹に接近したところをアーケディアの襲撃を受ける。シンとメツを先に神の元へと向かわせ、2人の後を追わせるためにヨシツネとベンケイも降ろさせるとマルサネスを巨大ロボットの如き人型に変形。大量の人工ブレイド、シンが凍結させたラウラの遺体と共に一人アーケディアとの全面戦争を行う。














以下、更なるネタバレ注意!

















失われしイーラの技術を用いてマルベーニに立ち向かうサタヒコ。
しかしマルベーニはファン・レ・ノルンのコアクリスタルの一部を身体に取り込んだブレイドイーターになったことで、全てのブレイドと巨神獣をコントロールする力を発揮する。
そして、サタヒコもマルベーニの支配下に置かれてしまいそうになるが……








「残念だったな。俺には効かないぜぇ」



「何せこの俺は、あんたと同じだからなぁ!」



「俺は…ブレイドイーターだ!」




彼はマンイーターではなく、マルベーニやジークと同じブレイドイーターであることが判明。
このことに関しては、

  • ブレイドの力を抑止するファン・レ・ノルン(かつてのカスミ)の能力の影響を受けなかった。
  • コアクリスタルの色がヨシツネやベンケイのように血が混じった青ではなく、純粋な青色。
  • ラウラやヒカリのイーラ時代の回想で少年姿で登場している(ブレイドならば見た目が老いることは無い)。
等々ストーリー各所で伏線が張られていた。

500年前、古王国イーラで家族を放火で失ったところをシンとラウラに救出され彼らの仲間となるも、聖杯大戦後のアーケディアの襲撃を受けブレイドイーターの人体実験の被検体として連れ去られる。
その後の経緯は不明なものの、処分された被検体の中で唯一生き残ったことでイーラに加入。マルベーニの力に対抗しうる人工ブレイドを造り出し現在に至る。


アーケディアの巨神獣に一撃を喰らわせた際、マルベーニが難民を避難すらさせてないことを知るも「退くわけにはいかない」と攻撃を続行。それでもマルベーニの操る巨神獣達の力に押されるも、レックスとホムラ(ヒカリ)の手により巨神獣は解放される。

企みを阻止され激怒するマルベーニ、アーケディアの巨神獣がレックス達に光線を放つも―――








「……何こんなとこでチンタラしてやがる…ニア!」



マルサネスが盾となり、レックス達への攻撃を防いでいた。

何故そんなことをしたのか、ニアの問いに対し「さぁねぇ、わかんなくなっちまったよ」と返すサタヒコ。



「俺はこの世界が大っきらいだ。特に人間って奴がな」


「けどな……大好きな奴らもいたんだ―――



イーラ唯一の人間として、レックス達にかつての仲間達の姿を重ね、複雑な感情を抱いていたサタヒコ。

レックスの見つけた「答え」に希望を見出し激励の言葉を投げ掛け見送ると、アーケディアへとマルサネスを特攻させ―――








「悪ぃな シン―――


「ラウラと先にいっ―――






ラウラの遺体と共に爆散、アーケディアの巨神獣を道連れに雲海へと沈んでいくのだった。

サタヒコの最後を見届けたレックス達。彼の想いに応えるべく、シンへと自分達の見つけた答えを示す決意を新たにするのだった。

2週目では

2018年のアップデートで、他のイーラの仲間達と共に味方ブレイドとして連れていくことが可能になった。
同調方法は基本的にコアクリスタルからのランダム同調であるが、その中でもサタヒコの入手方法は特殊で、なんと「アーケディアに特攻後、奇跡的に生存していたサタヒコに話しかける」というもの。とある場所に出現し、話しかけることでトラ以外の先頭のドライバーと同調するというシステムになっている。
属性は闇の防御ロールで、武器は扇(アーツはツインリングと同系統)。
ヨシツネとベンケイは記憶がリセットされた状態で同調され、彼らに複雑な気持ちを抱きつつも新しい仲間として前向きな姿勢を見せている。

余談

  • 名前の由来は恐らく、日本神話に登場する天狗の神「猿田彦」から。武器である扇も共通している。
  • 上記の経緯から分かるように、イーラではシンとは一番長い付き合いである。幼い頃に命を救ってもらい、復讐の道へと走る恩人を見てサタヒコは何を思ったのだろうか……
  • 伊達男なだけあり異性にはモテる……というわけでもなく、キズナトークではナンパした女性に不審がられ逃げられている。この時の選択肢によっては、何故ナンパをするかの理由を聞くことができる(しかしどちらの選択肢においても酷い目に遭うオチが付く)。
  • 本編の500年前を描いたDLC「黄金の国イーラ」にも登場。シンとラウラとの出会いがより詳しく描かれる。

関連タグ

シン メツ ヨシツネ ベンケイ ラウラ

pixivに投稿された作品 pixivで「サタヒコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10839

コメント