ピクシブ百科事典

お遍路

おへんろ

お遍路とは、四国にある88ヶ所のお寺を巡ること、及び巡る人のことを指す。
目次[非表示]

もしかして:おへんろ。
あるいは:四国八十八箇所

お遍路とは、四国にある寺院を巡る寺院巡礼。および、それを行う人に対する呼称。さらには、それら全てを指す総称である。あえて他地域の巡礼と区別する場合には強いて四国遍路と称する場合もある。

巡礼において訪問する寺を札所と称する。札所において納経(本堂に向かって読経を行う、あるいは写経を行って作った自筆経文を奉納する。一応、経文奉納が本式とされる)と納札の奉納を行い、その証として納経帳に朱印を貰う。これを特定数繰り返して四国を一周することで巡礼の一応の完成となる。(四国一周の後に巡礼を統括する総本山に報告と御礼を行う事や、巡礼を始めた寺に戻って御礼参りをする事で完成と見なす場合もある)

基本的には四国4県にある88の寺院を巡る「四国八十八箇所」の巡礼の事を指すが、四国内には他にも「四国別格二十霊場」や「四国三十三観音霊場」「四国三十六不動尊霊場」などの巡礼も存在するため、それらの巡礼者も遍路として扱われる事がある。
特に「四国別格二十霊場」は「四国八十八箇所」に加えると、参拝霊場数が煩悩の数(あるいは除夜の鐘と同じ)である「百八」になるため、双方を合算して巡る遍路巡礼者もそこそこ存在する。

そもそも遍路とは未開の地の道を表す「辺(遍)地の路」に由来する。古代の中央都市であった都(みやこ。早い話が京都奈良)から海峡を隔て遠く離れた四国の地は、中央政権から見れば辺境の未開地であり、かつては政争に敗れた貴人の流刑地とされた時代もあった。代表的なところで言えば崇徳上皇あたりであろうか。

その辺地に生まれ後に全国に名を轟かせたのが、かの真言宗の開祖、弘法大師空海であった。若き日の空海は自身の修業のため四国の山野を巡り、また成長してのちも自らの節目に対峙する際には再び同様の修業(巡錫あるいは巡杖という)を行ったと言われる。四国遍路とは基本的に、その弘法大師の事跡を巡り再現することで、その後を追い空海と同様の真理を得んとする試みに基づく修業である。

のち江戸時代になると庶民間において現代的に言うところの「パワースポットを巡ってご利益を得る」目的の元、巡礼ブームが巻き起こった。四国遍路もそのひとつとしてムーブメントに乗って発展するようになった。
明治時代以降においては国家神道形成に伴う神仏分離・廃仏毀釈や戦時国体体制によって勢いを失う事もあったが、現代に至るまで、ある程度時代を映して変異しながらも、途絶することなく続いている。

ちなみに、お遍路をスタンプラリーか何かと同じように考えている、いわば勘違いをした人が最近多いらしく、近年、札所となっている寺によっては「納経を行うことなく朱印を貰わないように」とアナウンスされる事がある。
お遍路をどのように捉え行うかは、無論、巡礼者それぞれの裁量ひとつではあるが、だからといってフリーダムにやりすぎると某番組のように、様々な意味でトラブルの元にもなりうる。そういう部分はきちんと心得て、礼儀をわきまえた巡礼を行う必要はあるかもしれない。

永井龍雲の曲について

辛い人生を歩んで死んだ人をお遍路に例えた、永井龍雲の代表曲。
全体通してフォークギターアルペジオで進行している。
コードは比較的簡単で楽譜を見ないでコピーできる強者もいる。
ベスト盤にも度々収録され、アレンジが異なるバージョンが存在する。

関連動画




関連タグ

お寺 四国 弘法大師 札所 おへんろ。

永井龍雲 発熱

菅直人
西条市 - 西条市内の宝寿寺は12‐13時に納経所を閉めるため、注意。

水曜どうでしょう

pixivに投稿された作品 pixivで「お遍路」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22635

コメント