ピクシブ百科事典

宮坂瑠璃

みやさかるり

「超者ライディーン」に登場する人物。

概要

CV:三浦智子

本編のヒロイン鷲崎飛翔のガールフレンド。15歳、中学3年生。家族は両親のみ。
本編開始前に学校の屋上から転落し昏睡状態になっている。
SF等の話が好きで、日常を退屈に感じており、自分だけの物語がないかと考えていた。「誰か私をこことは違うもっと別の所に連れてってくれないかな」、「翼が欲しい、翼があればここから何処へでも飛んでいける」という言葉を残し、飛翔の目の前で屋上から転落し昏睡状態になってしまう。
幼少期にライディーン・セイラからゴッドライディーンの封印の要となる双子座のオーブを託されている(西条きらりも同様に託されている)。その理由はセイラの魂を受け継ぎ、清らかな心を持つ者であったからである。託された事は忘れてしまうが、超魔に奪われないために常に明るく優しい心でいなければならない使命感や重圧から飛翔以外に心を開けず、学校でも孤立していた。
超魔の首領であるルーシュ・デモンに双子座のオーブを持つ者だと気付かれた上で心の闇を利用され、精神世界で昏睡状態でいるのは現実を受け入れることを拒み心を閉ざしいて逃げ込んでいると指摘され、必死に抗うも、飛翔に裏切られる幻想を見せ付けられた事によりオーブの封印が解かれ奪われてしまう。
直後に駆けつけた飛翔により、ルーシュの手から一旦は助け出されるもののオーブを全て揃えたルーシュにより、ゴッドライディーンの復活が為され、儀式の最中、オーブが輝くと共にその身体は薄紫色に怪しく輝き復活に呼応するかのように、裸体となって宙を舞い、ゴッドライディーンの元に引き寄せられ取込まれる。
ゴッドライディーンのコックピットの中で、姿を現した時には、身体は灰色の彫像のようになっており、上半身は裸のまま晒され、下半身と手はコックピットに埋め込まれていた。セイラ曰く『制御するための部品』(生体ユニット)として利用されており、ルーシュは更に精神を追い詰めマイナスの心を引き出す。
ライディーン戦士と決着を付ける為、ルーシュが離れたことで、ゴッドライディーンは暴走。身体は灰色から黄色く輝きだし、ゴッドライディーンは超魔のいる異次元へ飛び立ち、そのまま連れ去られてしまう。
1年後、ゴッドライディーンが再来するも心は追い詰められたままで、ゴッドライディーンを暗黒に染め上げ、更なる力を引き出すがライディーンSとの激闘の末、飛翔の呼びかけに応えることで覚醒し、もう一人の自分であるきらりと同化することでゴッドライディーンから解放され、昏睡状態からも回復した。

それから後は天使更生組合と共に福祉施設の慰問などに積極的に参加するも、芸能界を生きる飛翔とはスレ違いが続いていた。彼からはきらりの代わりに芸能界入りを勧誘されるも、自身はキッパリとNOと断りを入れた上で医学の道へと進むようである(コミカライズ『外伝』参照)。

関連タグ

超者ライディーン
鷲崎飛翔 
西条きらり

pixivに投稿された作品 pixivで「宮坂瑠璃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2259

コメント