ピクシブ百科事典

ゲーツ・キャパ

げーつきゃぱ

TVアニメ「機動戦士Ζガンダム」の登場人物。

CV:矢尾一樹

人物像

ティターンズ所属のモビルスーツパイロット。階級は大尉。
バスク・オム傘下の強化人間部隊の一員であり、自身もまた強化措置を施された強化人間である。
主な搭乗機はバウンド・ドック。その中でもグレーを基調としたカラーリングが施された2号機を任されている。

精神的に不安定な傾向の強い強化人間の中では比較的安定しており、加えて女性の多かったティターンズの強化人間に於いて数少ない男性という事もありロザミア・バダムの「兄」という役割を与えられ、戦場に於いてサイコガンダムMk-Ⅱに搭乗した彼女を監視・制御を担った。
しかし、度重なる強化で精神的に不安定になっていたロザミアを御する事は出来ず、またバスクの乗るドゴス・ギアの撃沈とロザミアの撃墜を受け、ロザミアとサイコミュを用いて同調していたゲーツはその余波を受けて錯乱してしまう。
その後の行方は知られていないが、戦死したとするのが通説となっている。

劇場版には登場しないが、劇場版準拠の「デイ・アフタートゥモロー -カイ・シデンのレポートより-」では、序盤にカイ・シデンの乗った民間機を拿捕する役割で登場。乗機はアッシマーであり、ジオン残党の襲撃のさいあえてカイを悠然とした態度で見逃す。
後半のキリマンジャロ編で再登場するが、サイコガンダム搭乗のための再強化の影響で、たち振る舞いに当初の面影はないほどにやつれ切っており、薬物を常時投与し続けなければ正気を保つこともままならないまでに心身を蝕まれていた。(同じエピソードにはロザミアと似た「空が落ちて…」との台詞がある強化人間が登場するが、劇場版終盤と併せて考えた場合、ロザミア本人であるかは不明。)最期にキリマンジャロに残されていたサイコガンダムでカラバ部隊に特攻をかけ、戦死したと思われる。

関連項目

機動戦士Ζガンダム
ティターンズ 強化人間
ロザミア・バダム

バウンド・ドック

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲーツ・キャパ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2648

コメント