ピクシブ百科事典

カン・ユー

あんたはにんげんのくずだな

「装甲騎兵ボトムズ」第2部・クメン編の登場人物。その個性的なキャラクターから根強い人気を誇る。
目次[非表示]

CV:広瀬正志

概要

傭兵部隊アッセンブルEX-10の部隊長。元はギルガメス軍の兵士であり、退役後に傭兵になったとみられる。
卑怯な小物で、部隊における人望は皆無。ゴウト曰く「蛭みたいにしつこい男」。とある一件から主人公キリコ・キュービィーを目の敵にし、単独で危険な偵察に当たらせるなどさまざまな嫌がらせを行う。
パイロットとしての技量はそこそこあるが、その一方で指揮官としての能力は著しく欠落しており、致命的なミスを多々しでかしたため、上司のゴン・ヌー将軍からも信頼を失っていく。

クメン編の最終局面まで這々の体で生き延びてキリコに執着するが、その卑劣ぶりに堪忍袋の緒が切れたル・シャッコ「あんたは人間のクズだな!」と罵られながら、縦坑へ投げ落とされるという、呆気ない最期を遂げた。

弁護のしようが無いクズなのだが、一方で広瀬正志氏の熱演によって中間管理職の生々しい悲哀が滲み出ていたり、間抜けで見当違いなポカをやらかすなど、妙に憎めない味のあるキャラクターである。
文字通りのボトムズ(最低野郎)として、一部の最低野郎達から根強い支持を得ている。
後年のOVA作品「ペールゼン・ファイルズ」では、劇中には一切登場していないにも関わらず、彼の戦友ワップ上級曹長の部屋に写真が飾られてあって、交友があった事が仄めかされたり、ED映像の1カットに登場していたりする。

スーパーロボット大戦において

第2次スーパーロボット大戦Zでも前述の流れで死亡……と思いきやなんと生存しており、戦闘メカザブングルのティンプ・シャローン、THEビッグオーのジェイソン・ベックとトリオを組んで登場する。また、顔グラフィックが無駄に豊富、中断メッセージにも登場、立場上は指揮官なのに指揮官スキルを持っていない、エースボーナスが「自分より低いレベルの敵へのダメージが増加」など、スタッフからの愛されようが窺える。
そして、ティンプが煙草を吸おうとしたら、「俺の親友(ワップ曹長)はポリマーリンゲル液の調合ミスによる発火で死んだんだぞ!」と剣幕を見せるが、ベックに「此処はATのハンガーじゃないぞ」と突っ込まれた。

再世篇においては、カレンがバニースーツで戦闘に出るハメになったきっかけも作っている。この経歴がまさか次作にも引き継がれるとは……。

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇でもしぶとく生き延び同じ声のラダァ・ニーバの元についていたが、彼が死亡するとPS専用機のはずのエクルビスを退職金代わりに持ち出し、新たな探しに暴れまわるFB隊員達に拾われ、ゲイツ・ベックの芳忠コンビを拾って度々ふもっふシナリオで襲い掛かって来る事になる。
地上での決戦でも死亡描写が無い為、ゲイツ・ベック共々続編の天獄篇にも出る気マンマンである。

……と思ったら本当に天獄篇にも参戦。
乗機は相変わらずエクルビス。ただし、ゲイツ、ベックとはほとんど別行動状態だった。
マーティアルの神殿を護衛していたが、Z-BLUEの猛攻にまたしても敗れることとなった。

「た、助けてくれぇぇぇぇっ!!」

このセリフは戦闘アニメ時、カン・ユーの機体が撃墜されたときの捨て台詞だが、珍しくマップ上で流れた(しかもキャプションなし)。

余談

本放送当時、タカラ(現・タカラトミー)から発売された1/35ダイビングビートルに付属していたフィギュアがカン・ユーであった。

ボトムズTRPGにてNPCとしてデータが存在するが、指揮官を表すコマンダーというクラスでありながら味方を指揮して戦況を有利にする特殊能力を一切習得しておらずすべて自分”だけ”が生き残る為のもので占められているあたり、どういう扱いか良く判ると言うものである。

関連タグ

装甲騎兵ボトムズ
小悪党

ランバ・ラル:同じ広瀬正志氏が演じる上官キャラ。共通点は、搭乗機体が青い事と担当声優程度で、後は正反対と言っても差し支えない。
ゴステロ:こちらも広瀬氏が演じるキャラ。同じ悪役ながら、小物臭著しいカン・ユーのはるか上を行くイカれた極悪人。しかし同様に斜め上の人気が高い。

関連記事

親記事

装甲騎兵ボトムズ そうこうきへいぼとむず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カン・ユー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86436

コメント