ピクシブ百科事典

20式小銃

にいまるしきしょうじゅう

防衛省が89式小銃の後継として採用した自動小銃。
目次[非表示]

20式5.56mm小銃は、防衛省89式5.56mm小銃の後継として令和元年に採用を発表したアサルトライフル
開発・製造は64式小銃、89式小銃を手掛けた豊和工業

概要

陸上自衛隊海上自衛隊の一部部隊の主力小銃であった89式小銃は、登場時こそ要求仕様を出来る限り実現させた優秀な銃であった。しかしながら、冷戦の終結とともにその後の戦争は対テロ戦争が主流となり、技術の進歩と相まって個人用装備の更新サイクルが従来では考えられないほど早くなるなど、それまでの「ソ連軍の襲来」を見据えた89式小銃では不都合が生じる場面も現れた。

そこで、多様な任務に対応し、諸外国製の小銃と同等の拡張性を備えた小銃として本銃が採用された。

89式小銃と比較すると、ピカティニーレールの採用で光学照準器などの拡張性が大きく向上し、切り替え軸(セレクター)、マガジンキャッチなどが左右両方から操作できるようになったほか、槓杆(チャージングハンドル)が左右いずれかの選択式に、銃床は長さとチークパッドの高さがそれぞれ調整可能になるなど、操作性が改善されている。
スライド止め(ボルトリリースレバー)は左右両方から操作可能で、AR-15同様に再装填時に後退位置で停止したスライド(ボルト)を簡単に前進させることができる。89式小銃はAK同様に弾倉の再装填後は再度槓桿を引く必要があったが、これも時流に乗った改良と言える。

アイアンサイトは不使用時に折り畳める脱着式で、通常は上部レールに装着される。
全長は89式小銃の920mm→854mm(銃床最短時783mm)となり、閉所での取り回しが良好になった。

沿革

2015年頃から、89式小銃の後継の本格的な選定を匂わせる情報が見られるようになった。
それまでの主力小銃の製造元である豊和工業が開発する国産小銃か、輸入小銃(或いはライセンス生産)か、などと様々な情報が飛び交っていたが、防衛省は令和元年(2019年)12月に公式ホームページ上で本銃『HOWA 5.56(※注:この時点での仮称)』の採用する発表。翌年5月に『20式5.56mm小銃』として実銃(試験用小銃)が報道陣に公開された。

  • 同時に9mm拳銃ことSIG P220の後継にH&K SFP9の採用を発表している。
  • これより前の2018年頃に公開された秘密意匠登録に出願された豊和工業のスケッチは、ベルギー FNH製のSCARによく似た、調節可能と見られる銃床や上下面と左右面にピカティニーレールを備えるデザインのもので、同時に空薬莢受けや二脚といった付属品の情報も確認されている。
    • 意匠登録は、商品の意匠(デザイン)の権利を専有する(他者に使われない)ために特許庁に出願・登録しておくこと。秘密意匠登録は、新製品など出願時にはデザインを第三者に知られたくない場合に、最長3年の期限を定めてデザインを公開しない条件で意匠登録することを指す。

また、平成26年度の防衛装備庁 契約情報よれば、H&KG36 HK416、ステアー・AUGFNHSCARSIG・516/716等々と見られる銃が輸入されており、比較審査か、或いは国産小銃の開発のための参考に輸入されたと予想される。

関連項目

64式小銃 89式小銃 豊和工業

関連記事

親記事

アサルトライフル あさるとらいふる

兄弟記事

  • L85 えるはちご
  • M16 えむじゅうろく
  • AK47 あふたまとからしにこゔぁおぶらすつぁとぃすぃちでゔぃつぉそーろくすぃむでぃもーゔぁごーだ
  • もっと見る

pixivに投稿された作品 pixivで「20式小銃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5763

コメント