ピクシブ百科事典

M320

もでるさんにぜろ

アメリカ軍が採用しているグレネードランチャー。M203の後継で小銃への取り付けのほかに単体で使用することもできる。
目次[非表示]

アメリカ軍が2006年に採用した、小銃取り付け(アンダーバレル)/単体使用(スタンドアロン)兼用のグレネードランチャー
開発はH&K
M320はアメリカ軍内の制式名で、メーカーではGLMと呼ばれている。

概要

元々はH&Kが自社のG36向けに開発した『AG36』グレネードランチャーがベースで、これに改良を加えて、汎用性をもたせた構造としたものである。
アメリカ軍がこれまで使用していたM203グレネードランチャーに代わるもので、弾薬は口径40mmの従来のものがほぼすべて使用できる。
アメリカ軍内では、大きく分けてM16A4用とM4カービン用の2種類が存在し、前者がM320(メーカー社内名:AG-M16A4)、後者がM320A1(同:AG-M4)である。

特色

トリガーメカニズムがM203のシングルアクションからダブルアクションになったため不発時の再撃発が簡単になったほか、銃身を前にスライドさせて装填するM203と違って中折式の銃のように銃身がヒンジで固定されて薬室真後ろから真っ直ぐ装填できるため弾薬の長さに制限がなく、ストックが別に用意されているため銃が無くとも単体で使用できる、といった点が目新しい特色。

照準器は従来型のリーフサイト(アイアンサイト)やレーザーレンジファインダーなどが用意されており、それぞれランチャーの左右いずれかの側面に装着できる。
M203と違って、照準器がランチャー本体の側面に固定されているため脱着による再調整が不要で、また照準器そのものが銃本体の照準線に干渉しない位置であるため、例えばランチャーを使用後直ぐに銃撃といった切り替えが容易となった。

運用

アメリカ軍では、前任のM203とライフルの組み合わせと比べて重量が嵩むなどの理由でライフルには装着せずに単体で使用する例が多い。
これは、ランチャー単体のみならず搭載する銃、例えばM203登場時に主力だったM16が装填状態で3.4~3.5kg程度だったものが、M16A4になると4kgを僅かに下回る程度になる(+光学サイトなどが載る)など銃本体の重量が増加している点や、市街地での戦闘の多発と共に銃の取り回しが重要視されるようになった点など複合的に考える必要があるかもしれない。
とはいえ、M320専用のストックはコンパクトに縮めることができるため、M79と比べると単体で携行する場合の負担が大きく減っている。

派生型

H&K GMLの派生型には、同社のHK416に最適化されたAG-HK416や、スタンドアロン専用のHK169、左右どちらへも銃身がスライドできるように改良されたモデルはHK269が存在する。

エアソフトガン

IronAirsoftやMadbullAirsoft等の複数の海外メーカーからは蓄圧式カートリッジを使用するのものが、東京マルイからは本体に発射機構を持つカート式のモデルが発売されている。

エアソフトガンでは銃本体のレールのみで固定するものが多いが、実銃の場合はレールの他に前方をフロントサイト(ガスブロック)下部のバヨネットラグなどに噛ませるアダプターの2箇所で固定される。
このアダプターはHK416、M4カービン等の機種に応じた専用品で、予め銃に応じた対応するアダプターをM320に装着する必要がある。

関連項目

グレネードランチャー M203

関連記事

親記事

AG36 あーげーさんろく

pixivに投稿された作品 pixivで「M320」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10588

コメント