ピクシブ百科事典

軽機関銃

けいきかんじゅう

軽機関銃とは、一人で持ち歩きできるぐらいに軽量化した機関銃のこと。
目次[非表示]

概要

一人で持ち歩きできる程度に軽量化した機関銃のこと。初期の機関銃は非常に重く簡単に持ち運ぶことができない重機関銃であったが、第一次世界大戦中に、連射性能を割り切るかわりに小型軽量化したものが作られ、歩兵による野戦において、援護射撃に用いられた。

第二次世界大戦中に、重機関銃並みの連射性能を持ち、なおかつ軽機関銃としての運用も可能なMG34機関銃が登場し、「汎用機関銃」と呼ばれた。

現代の軽機関銃は、MINIMIなど小口径のアサルトライフルの弾薬を使用する分隊支援火器が主流となっている。

主な軽機関銃


関連タグ

機関銃

pixivに投稿された作品 pixivで「軽機関銃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54000

コメント