ピクシブ百科事典

RPD

るしのいぶれめっとでぐちゃろゔぁ

RPDとは、ソ連で開発された軽機関銃。
目次[非表示]

概要

SKSカービンの弾薬を使用する分隊支援火器として、ソ連ヴァシリ・A・デグチャレフが設計した軽機関銃RPD(デグチャレフ軽機関銃)である。1950年代にソ連軍で使用され、東欧諸国や中国北朝鮮エジプトなどでライセンス生産され、ベトナム戦争においても北ベトナム軍や南ベトナム解放民族戦線が大量に使用していた。
しかし、弾薬を非分離式の金属製リンクに装着してそれを専用のドラムマガジンを使用するため、前線では歩兵が持つAK47と弾薬を即座に使いまわすことが出来なかった。そのため、それを改善するために1960年代にRPKと交代した。

現在では、紛争地域などで使用されている。

データ

全長1037mm
銃身長521mm
重量7500g
口径7.62mm
装弾数100発


関連イラスト

火器っこA15
民兵



関連タグ

マシンガン RPK

pixivに投稿された作品 pixivで「RPD」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64125

コメント