ピクシブ百科事典

ショーシャ軽機関銃

ふらんすしきいうこときかんじゅう

ショーシャ軽機関銃とは、おフランスの繊細もといお上品な軽機関銃である。
目次[非表示]

開発

陸軍兵器研究工場で1900年台初頭に開発が始まった軽機関銃
コンセプトは「歩兵一人で取り扱える、持ち歩ける軽い機関銃」。
ちなみに「ショーシャ」とは本プロジェクトの中心人物となったショーシャ中尉から来ている。

仕様

連発機構にはブローニング式の反動利用方式を採用。
使用弾薬は当時のフランス陸軍主力小銃と同じ、8mmルベル弾を用いる。今までの主力銃と同じ弾、使えます。
8mmルベル弾を半円形の弾倉に20発まで装填可能。この弾倉でゲテモノの雰囲気を感じたあなたは色々と正しい。が、それは後ほど。
扱いやすいようにピストルグリップを装備し、また銃身は簡単に交換できるような設計となっている。

さ・ら・に。
当時最先端のプレス加工を多用し生産性アップ!

今までの弾が使える・軽くて持ち運びやすい・一人でも使える・連発可能・持ちやすいグリップ・メンテナンスも簡単・何より作りやすい。
ふはははは。完璧すぎるじゃないか!
戦争は数だよ兄貴!生産性は大事だ!
扱いやすい、これ兵器としては理想なり!

で、実際はどうだったの?

現場での評価は…
ええと…
その…

…。

最悪。
まだ未成熟なプレス加工を多用したのが裏目に出てすぐ壊れる。
プレス加工は当時はまだ発展途上だったため、信頼性も当然ながら発展途上。
当然故障や破損が多発。
特に厄介なのが半円形の弾倉。
何かにぶつけたらすぐに変形して使い物にならなくなる、変形しなくても残弾数確認用の窓から泥などが侵入して動作不良の原因となる。
銃身の冷却機構も不完全。
そのため撃ちまくるとすぐ動作不良となる。尤もオーバーヒートする前に銃自体がぶっ壊れる方が多かったのでそれほど気になる話でもなかったそうだが。
軽すぎて反動がモロに来るとか、連射のレートが遅い(毎分240発)とかも見逃せない。
そのためアメリカ海兵隊(当時の米国は本銃を7000丁近く輸入したとか)のR・リー・アーメイ軍曹は「フランス人はやっぱり料理を作っていたほうがいい」だの「送り返したくなる」だのと酷評。ちなみにリー・アーメイ軍曹はかの「フルメタル・ジャケット」でハートマン軍曹役を演じた人物である
その他の米軍兵も「こんな鉄砲もういやだ!」とばかりにルイス機関銃や、はては鹵獲したドイツの銃を使う始末。
一方のフランス陸軍に於いても3発ずつ撃つなど(あれ?確か日本でもこんな銃があったような…)のあの手この手で故障の確率を下げていたが、さすがに1920年台には後継の銃に置き換えられることとなった。

関連イラスト

ショーシャ mle1915
Mle 1915 CSRG ショーシャ



関連タグ

フランス フランス軍
機関銃 軽機関銃
珍兵器

L85:海を挟んだあの国の似たような銃。
62式機関銃日本で生まれた兄弟(?)。

pixivに投稿された作品 pixivで「ショーシャ軽機関銃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2882

コメント