ピクシブ百科事典

AR-10

えーあーるてん

アーマライトが開発、少数製造したアサルトライフル。
目次[非表示]

1950年代にアメリカ航空機メーカー フェアチャイルドエアクラフトの銃器製造部門であるアーマライトよって開発されたアサルトライフル
アメリカ軍の採用審査に提出されたが、M14に敗れて採用されなかった。

概要

後に設計し直されてM16となる銃である。
開発指揮はアーマライトの技術者 ユージン・ストーナー
1956年に発表されたこの銃は、当時、といえばというイメージの中、航空機メーカーでは普遍的な素材である軽合金や樹脂を多用し、材質やデザインで業界に衝撃を与えたエポックメイキングなものであった。
また、これらの新しい素材の積極的な採用によって同じクラスの銃より1kg近く軽かった。
使用する弾薬は7.62×51mm弾。弾倉は20発入りの箱型弾倉。

総合的な性能は悪くなかったものの、不運が重なったため大々的な採用は無かった。

構造・設計

銃身からバットプレートまでが一直線の直銃床でフルオート射撃ではコントロールがしやすく、ダイレクトインピンジメント式(ガス直噴式)の機関部はセミオート射撃で優れたスコアを叩き出した。
直銃床となった事で、リアサイトは頑丈なキャリングハンドルの上に移された。このスタイルは、AR-10(AR-15)シリーズのトレードマークになった。
チャージングハンドルは、当初AK89式小銃と同様にボルトキャリア側面に直接つけられていたが、引っ張り方向のみ作用するものをキャリングハンドル内側に収める形に改められた。
ところが、発射ガスの影響で著しく過熱するために再度位置が変更され、最終的に後のAR-15と同じくキャリングハンドル後方、リアサイト下に引っ張るノブを付けた形となった。
レシーバーは充分な強度の軽合金製で、上下2分割のものがマガジンハウジング前側でヒンジ留めされる構造である。通常分解のときはヒンジを中心にアッパーレシーバーが上に持ち上がる(銃身の銃口側が下がる)ように折れ曲がる。
この設計は、FNFALに影響を受けたのではないかと言われている。

採用審査

アメリカでは、M1ガーランドに替わる新型小銃の採用審査にあたって銃身にアルミ合金とスチールの複合素材を用いた軽量型と一般的なスチール銃身を用いた通常型の二種が提出された。
前述のとおり、フルオート・セミオート共によく当たり、それでいて他のライバルより軽かったため、採用審査では最も優秀な銃として注目された。
しかしながら、軽量型に用いられた軽合金製の銃身は耐久性が低く、試験中に破裂事故が起きたため採用されることはなかった。
軽合金製の銃身の採用は社長の強い指示でストーナーの意思に反したものであったが、この破裂事故が採用に大きく響いたと思われる。
一方で通常型は審査を通過したものの、設計が先進的すぎた為か軍上層部の充分な支持を得られずに落選した。
結局、この採用審査で栄冠を勝ち取ったのは「T44」ことM14であった。

その後

フェアチャイルドはAR-10の利権を売却。オランダで製造されることとなった。(※勿論、銃身は鋼製ですよ)
アメリカを含めて、主力小銃として採用する国は無かったが、FALG3などに隠れがちではあるものの、第三世界の特殊部隊を中心に世界各所で使用された西側アサルトライフルであった。
ただし、それほど多くが製造された訳でもなく、多くの銃は1990年頃には引退したものと思われる。

また、アーマライトは1958年にAR-10を雛形に口径5.56mmとした小口径型の AR-15を開発したが、やはりアメリカ軍には採用されずに利権をコルトに売却してしまった。
ところが、採用審査でAR-10を下したM14がベトナム戦争によってアサルトライフルとしては使いづらい銃であることが露呈してしまい、軍は急遽このAR-15M16として採用。
ところが、件のAR-15の制式採用がよりによってコルトに渡った後であったため、親会社のフェアチャイルドがアーマライトの営業能力の低さに対して激怒。
皮肉にも自社の製品が引き金となってリストラされてしまったと言われている。

リファイン

後にアーマライト社からはAR-15を7.62mm化したAR-10a、M16A2を7.62mm化したAR-10Bが登場し、AR-10Bは他社から登場したAR-10クローンのベースとなっている。
先にストーナーの弟子のリード・ナイツによりKAC社で再設計されたものがSR-25として販売され、アメリカ軍においてSASSとして採用されているが、AR-10BはSR-25をコピーする形でアッパーが設計された。
その後にはロアフレームもSR-25に準ずる形に変更し、マグプル製AR-25向けマガジンを使用可能としたAR-10Aも登場した事で多くのAR-10クローン同様の仕様となった。

余談

戦後、日本では新憲法下の再武装にあたって国産の主力自動小銃の研究開発が始められた。そこで防衛庁と豊和工業はAR-10など複数の小銃を範にガスピストン式や直噴式など作動方式が異なる銃を数種類試作した。
この銃は最初期こそAR-10にビックリするほど酷似した外観であったが、試作を重ねるにつれてあれこれ色々と手が加えられて独自のデザインとなり、最終的に64式小銃となった。

関連項目

AR-15/M16 SR-25

関連記事

親記事

アサルトライフル あさるとらいふる

兄弟記事

  • L85 えるはちご
  • M16 えむじゅうろく
  • AK47 あふたまとからしにこゔぁおぶらすつぁとぃすぃちでゔぃつぉそーろくすぃむでぃもーゔぁごーだ
  • もっと見る

pixivに投稿された作品 pixivで「AR-10」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14500

コメント