ピクシブ百科事典

変異ピアーズ

へんいぴあーず

変異ピアーズとは、ゲーム『バイオハザード6』に登場するキャラクターである。同作のネタバレを含む記事につき閲覧注意。
目次[非表示]

※バイオハザード6の深刻なネタバレ






































バイオハザード6における、クリス編の最終局面。
汚いエイダの死によって動き出した、ネオアンブレラの海底研究所に眠っていた巨大B.O.W.ハオス』を止めるべく、クリス・レッドフィールドピアーズ・ニヴァンスは激闘を繰り広げる。
しかし、戦いの中でクリスはハオスに捕まり、ピアーズは右腕を失う重傷を負ってしまう。
その時、ピアーズは死んだエイダ(?)から奪ったジェイク・ミューラーの血によって改良されたC-ウィルスのサンプルを見つけ、それを自身に注入。失った右腕から帯電能力を持ったジュアヴォに似た腕が生え、ピアーズは強靱な意志でこれをコントロールし、電撃攻撃でクリスを救出する。
救出後、ピアーズはその半B.O.W.化した状態でクリスと共にハオスとの最終決戦に挑み、見事に撃退に成功する。その後二人は脱出に向かうが、クリスを救いハオスを倒して脱出も目前となったことからピアーズの気が緩み、ウィルスの侵食が進み始め、もう長くは正気を保てないことを悟ったピアーズは、クリスだけを脱出ポッドに押し込んで脱出させ、自身は崩壊する研究所と運命を共にした。
その時、脱出したクリスをまだ生きていたハオスが強襲、しかしピアーズのものと思われる巨大な電撃によって遂に絶命し、ハオスは完全に消滅した。
クリスは無事に海面に上がり脱出に成功。彼の手にはピアーズのものと思われる、血がにじんだBSAAのワッペンが握られていた。

ゲーム内での性能

クリス編シナリオ終盤と、条件を満たすことでレイドモードでの使用が可能。
独自の固定武器として変異した右腕から放電を行う「ピアーズキャノン」と体力自動回復を備えている反面、ピアーズキャノン装備中はコンバットゲージが常にゼロとなり回復しなくなる。
ピアーズキャノンはノーマルショットとチャージショットが可能で、ノーマルショットは弾薬の代わりに体力を消耗して放たれるため、体力自動回復があるとはいえ無駄撃ちは禁物。
チャージショットは威力・範囲共に優秀だが、撃つまで照準が激しくブレるため、遠距離への精密射撃は至難。

関連タグ

バイオハザードシリーズ
バイオハザード6

pixivに投稿された作品 pixivで「変異ピアーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8071

コメント