ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

CV:日野由利加

概要

バイオハザードシリーズのCG映画『Biohazard_4D-Executer』で登場したキーパーソン。


アンブレラの女性科学者であり、ラクーンシティの倉庫で新種のウイルスの研究を行なっていたが、ある日突然姿を消してしまう。

IDカードの顔写真から判断すると、セミショートヘアである模様。


キャメロン博士救出のためにアンブレラから派遣された主人公率いる捜索隊がIDカードの発信器を頼りに目的地の倉庫に到着した際には謎のクリーチャーが徘徊していた。

隊員1人が犠牲になりながらも主人公達は謎のクリーチャーを撃破し、キャメロン博士がいる研究室へと向かう事に…。




※以下、ネタバレ注意































「私は人間に戻る研究を続ける。そのためには何度でも生き返る。アンブレラにこのデータは渡さない…」


倉庫内のいた謎のクリーチャーはキャメロン博士が研究中のウイルスに感染して変異した姿であった。

序盤で登場してすぐに捜索隊の反撃で爆散したが、散らばった肉片の一部が小動物に寄生して復活し、様々な動物に乗り移って元の姿へと復元していた。

更には化け物じみた姿になりながらも人間としての自我を保っており、クライマックスで主人公を殺害する際に上記の台詞を口にしていた。


実はアンブレラ側がキャメロン博士の研究に目を付けており、研究データ回収の口実として捜索隊を送り込んでいたが、当のキャメロン博士はそれを予測していた上に自身を人間に戻す研究のための被験者を得るためにあえて囮になっていたのである。


そして、擬似的に不死身と化したキャメロン博士は捜索隊のジープでどこかへと走り去った。

その後の消息は不明である。


関連タグ

バイオハザードシリーズ Biohazard_4D-Executer アンブレラ


女王ヒル四貴族:バイオハザードシリーズでは、ある意味後輩。


遊星からの物体X:変異したキャメロン博士に近い能力を持つクリーチャーが登場する映画。

関連記事

親記事

Biohazard_4D-Executer ばいおはざーどふぉーでぃえぐぜくたー

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました