ピクシブ百科事典

クランシー・ジャービス

くらんしーじゃーびす

クランシー・ジャービスとは、ゲーム「バイオハザード7 レジデント・イービル」に登場するキャラクター

注意:この記事は本編及びDLC「Banned Footage」のネタバレを含みます




















概要(ネタバレ含む)


日本語CV:関雄

本編にて入手出来るビデオテープ「廃屋取材」「バースデイ」、VR専用体験版「KITCHEN」、Banned Footage「ベッドルーム」「ナイトメア」「21」のプレイアブルキャラクター。ネット配信番組「スーワ・ゲーターズ」の取材の為、同番組のプロデューサーのアンドレ・スティックランドと、MCの「ピート」ことピーター・ウォーケンと共にカメラマンとしてルイジアナ州・ダルヴェイのベイカー農場を訪れる。本業はネット動画の配信者で、その界隈では結構な名のある人物のようであるが、ピートからは「こいつ大丈夫か?」等と少しばかり邪険に扱われていた感がある。本編では殆ど描写されないが、上のメイン画像のように豊かに蓄えた口髭・顎髭とポニーテールが特徴的。また、「廃屋取材」「KITCHEN」では殆ど喋るコトが無く悲鳴をあげる程度だったが、「ベッドルーム」以降ではかなり饒舌になっている。

取材のリハーサルと繋ぎの映像の撮影も兼ねて、廃屋同然となっているベイカー邸の旧館を探索している途中、アンドレが何時の間にかいなくなっているコトに気付き、ピートと共にアンドレの姿を捜している折、ピートが隠し通路の扉のスイッチを発見し、その通路を辿って行くと、地下へと繋がる梯子を発見。ピートの提言で、先に梯子を降りて地下へと降りたったクランシーは、降り立った先でアンドレの姿を発見し、彼の肩を叩く......が、既にアンドレは何者かの手によって、喉元に鋭利に尖ったパイプの先端を突き刺されて絶命していた。それを見たクランシーは、悲鳴をあげてその場にへたり込むが、そこにやってきたジャック・ベイカーによって暴行を加えられ、ピート共々旧館のキッチンへと連れ去られる。

キッチンにて目を覚ました彼は、ピートと共に拘束されているコトに気が付く。目の前に立て掛けられていた三脚を倒し、その衝撃で気絶していたピートを起こして、彼が発見したナイフで拘束を解かれている最中、ピートの背後からやってきたミア・ウィンターズにより、ピートはナイフで刺殺される。その後、ミアがクランシーの目の前ににじり寄り、彼女の顔面がアップになってクランシーが悲鳴をあげると同時に映像が乱れて終了する。

ミアの襲撃後、気を失っていた彼はベイカー邸新館の寝室にて目を覚ます。が、彼の身体はベッドに拘束され、身動きが取れなくなっていた。そこへマーガレット・ベイカーが彼の目の前へと現れ、彼女が腕によりを掛けて作った、見るもおぞましい「料理」を差し出し、その料理を食べ終わるまでここから出さないと告げる。彼女の目を盗みつつ、脱出する為に部屋を探索するクランシーは、その過程で小さなナイフを発見。そのナイフで様子を確認する為に部屋へとやってきたマーガレットを刺し、その隙に地下への隠し扉を通って脱出に成功する。

これ以降は、邸内を徘徊するジャックやモールデッド達の追撃をかわしつつ、邸から脱出する為に奔走するものの、その過程でクランシーに目を付けたルーカス・ベイカーによって拉致され、彼の手掛ける「ゲーム」に強制参加させられる。最初に参加させられた、変則ブラックジャック「21」を何とか切り抜けるものの、その次に参加させられた脱出ゲームにて、ルーカスが仕組んだ罠に嵌められ、焼き殺されるという壮絶な末路を遂げる。

その後、彼と思わしきメモを貼り付けられた焼死体が、イーサン・ウィンターズによって発見される。また、彼が最後に参加させられた脱出ゲームにおいて、彼の末路も含めた頻末が収められたビデオテープは、同様のゲームに参加させられたイーサンの大きな助けとなった。

関連タグ


バイオハザード7
バイオハザード

どうあがいても絶望

pixivに投稿された作品 pixivで「クランシー・ジャービス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17201

コメント